1. トップ
  2. スキンケア
  3. 水だけでは不十分? 美容にも悪影響! 脱水症状にならないようにするためには

水だけでは不十分? 美容にも悪影響! 脱水症状にならないようにするためには

  • 2015.5.26
  • 651 views

すでに夏日が続く日々が続き、水分補給が大事になってくるこの時期。

あまり意識していないと水分をとることさえ忘れがちな季節なので、脱水症状にならないよう十分に注意するよう心掛けなければなりませんね。しかし、脱水症状などの症状は、水だけをとっただけでは改善されないようです。突然やってくる脱水症状を和らげる方法や、回避する方法は知っておいた方が良く、さらに美容にも悪影響を及ぼすので、水分不足にならないよう気をつけなければいけませんね。

脱水症状の症状とは?

脱水症状になったことがないと、どのような症状なのかあまり知らない人も多いかもしれません。脱水症状というと、めまいや頭痛、吐き気などが一般的で、実際になってみるとただの身体の不調と勘違いしがちです。

この時点ではまだ軽い症状といってもよく、早めに対策をとっておけば脱水症状が進行しにくくなります。熱い時期にめまいや頭痛、吐き気を感じたらすぐに対策をとっておきたいところ。放っておくと脱力感や食欲減退といった、生命維持に欠かせない行動がとれなくなります。また、この暑い時期だけでなく、運動により大量に汗をかいたり筋肉を動かしたりすることで、脱水症状や熱中症のような症状もでてくるので気をつけましょう。

水分をとっているのに症状が……

暑さや汗の出ぐあいに、運動時など気をつけて水分をとっているのに脱水症状のような症状が出てきている場合、水分だけでは不十分なことが原因のようです。場合によっては余計に症状を悪化させてしまうことも。汗がでることで体内の水分は奪われますが、同時に塩分も体外に排出されてしまいます。体内では塩分濃度により水分を調節する働きがあるので、水分ばかりとっていても体内にとって必要な塩分がない状態だと、どんどん水分を体外に排出しようとしてしまうため、症状の悪化につながる恐れがあるようです。

美容にも悪影響が!?

汗をかくことでビタミンやミネラルは一緒に流れでてしまいます。水を飲んでいるだけでは栄養を補うことが難しく、美容にも悪影響が出てきます。髪の毛が乾燥してきたり、お肌もミネラル不足でボロボロになりやすいため、夏場の肌荒れはとても厄介です。特に紫外線対策が難しい髪の毛は、潤いが抜け落ちやすいのでパサパサになります。健康だけでなく美容にも悪影響があるので、脱水症状にならないように気をつけたいところです。

万能なのはスポーツドリンク?

脱水症状のような症状がでてしまった場合は、スポーツドリンクがとても万能な働きをしてくれます。スポーツドリンクは水分と塩分、そして糖分が含まれています。甘味の強い糖分が含まれたスポーツドリンクですが、この糖分が体内に水分と塩分を浸透させる役目をしてくれています。水分をとるだけでなく、塩分も必要になってきますが、それを上手に吸収させる為には糖分も必要となってくるので、スポーツドリンクはまさに万能といってもよいようです。

夏の飲み物に甘酒は最適!

できれば身体に良さそうなものが飲みたい! と思うあなたには、ぜひ夏にとりいれたい飲み物、甘酒を飲むと良いかも。脱水症状や熱中症にならないようにするための予防策としてお勧めです。甘酒にはミネラルが豊富に含まれているので、美容に嬉しい成分もとれて汗をかきやすい時期に最適です。甘酒を飲むときはレモンや塩を少々入れて飲むと、より夏の間を快適に過ごせそうです。

暑さを感じているなら、お水だけでなくしっかりと栄養のある物を食べることも必要なんですよ。でも、夏場の食欲のないときは甘酒やスポーツドリンクなどで、脱水症状にならないよう予防線を張っておきましょう。