1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「PlayStation5」降臨 振動機能をコントローラーに搭載

「PlayStation5」降臨 振動機能をコントローラーに搭載

  • 2020.11.12
  • 194 views
新時代のエンタメ体験がはじまる

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、ゲーム機「PlayStation(プレイステーション) 5」を2020年11月12日に発売する。

光学ドライブ非搭載モデル「PS5 Digital Edition」も用意

4K HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)、フレームレート120Hz、8K出力にも対応。物体への光の当たり方を個別にシミュレートし、現実世界のような陰影や反射を再現できる「レイトレーシング」を実装。

超高速のSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)によりゲームの読み込み速度が向上。「3Dオーディオ」対応ヘッドホンを使用すれば濃密な没入感が得られる。

付属の「DualSense ワイヤレスコントローラー」は、従来のゲームコントローラーの振動機能を刷新し、「ハプティック(触覚)技術」を採用したフィードバック機能を搭載。レース中に車が壁にぶつかる感覚や、フットボールで相手にタックルする際の感覚、また草原を駆け抜け泥の中を這(は)う感覚など、多彩な反応が手で感じられるようになる。

また「L2」「R2」ボタンには「アダプティブトリガー」を備え、プレイヤーが行うアクションに合わせてトリガーの抵抗力が変化し、ハプティック技術との組み合わせにより、弓を引き絞る感覚や岩場の地形でオフロード車を加速させる感覚など、物理的な衝撃をよりリアルに再現できるという。

4Kブルーレイディスク「Ultra HD Blu-ray」に対応。「PS5」対応アプリで、4Kコンテンツをストリーミング視聴できる。「PS4」「PS VR」の後方互換をサポートし、対応タイトルでは、より高速でスムーズなフレームレートでプレイ可能になる。

価格は4万9980円(税別)。

また、光学ディスクドライブ非搭載で、ダウンロード版タイトルのみ対応の「PS5 Digital Edition(デジタル・エディション)」も同時発売する。

価格は3万9980円(同)。

このほか、「DualSense ワイヤレスコントローラー」単体、「DualSense充電スタンド」、「PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット」、「メディアリモコン」、「HDカメラ」各周辺機器も同時発売する。

元記事で読む