1. トップ
  2. EXIT・兼近大樹が強盗犯の逮捕に挑む!「再現ドラマのレベルを超えてしまったかも(笑)」<THE突破ファイル>

EXIT・兼近大樹が強盗犯の逮捕に挑む!「再現ドラマのレベルを超えてしまったかも(笑)」<THE突破ファイル>

  • 2020.11.11
  • 1089 views
11月12日(木)放送のTHE突破ファイル」では、EXIT・兼近、木下彩音らが再現ドラマ「狂気の銀行立てこもり犯」に登場 (C)NTV
11月12日(木)放送のTHE突破ファイル」では、EXIT・兼近、木下彩音らが再現ドラマ「狂気の銀行立てこもり犯」に登場 (C)NTV

【写真を見る】犯人に凶器を突き付けられ、顔を歪める女性銀行員役の高田秋

11月12日(木)放送の「THE突破ファイル」(夜7:00-8:54、日本テレビ系)は、「アメリカンポリス&突破交番、全部命がけ大救出2時間SP」。再現ドラマ「突破交番」の新作「狂気の銀行立てこもり犯」を放送する。

今回の「突破交番」のロケ終了直後、交番メンバーのEXIT・兼近大樹、ハナコ・岡部大、木下彩音と、銀行員役のハナコ・菊田竜大、秋山寛貴の5人が撮影の裏話や、今作の見どころなどを語った。

今回の新作では、兼近巡査(兼近)、岡部巡査(岡部)、美希巡査(木下)の交番メンバーが、とある銀行に大勢の行員を人質にして立てこもった強盗犯の逮捕に挑む“突破劇”を紹介する。

銀行員になりすまし、丸腰で銀行内に潜入した兼近巡査が、凶器を突き付けてくる犯人を見事制圧した“突破方法”を公開。ラストは、衝撃の展開が描かれる。

また、菊田、秋山が銀行員に扮するほか、高田秋が女性行員役で“突破ドラマ”に初登場。物語の序盤では、高田が上司役の菊田と2人で、軽快なやりとりを繰り広げる。

11月12日(木)放送の「THE突破ファイル」より (C)NTV
11月12日(木)放送の「THE突破ファイル」より (C)NTV

兼近巡査は、男から見てもやっぱりカッコいい

――今回の「突破交番」の収録はいかがでしたか?

兼近:もちろん本日も楽しかったです!

木下:“突破交番”の撮影は、本当にいつも楽しくて。今日も、早朝にロケバスに乗った瞬間から、岡部さんのトークで盛り上がって、終始和気あいあいとした雰囲気で順調に進みました。休憩時間は、岡部さんとぬか漬けの話や最近見たドラマの話で盛り上がりました(笑)。

菊田:僕も、仲の良い人たちばかりの収録だったので、すごく楽しかったです。

秋山:僕は、最初の出番から次の出番まで10時間楽屋で待ち続けるっていう、びっくりスケジュールでしたけど…(笑)。

兼近:俺が銀行に潜入するシーンは、ちょっと演技の熱が入りすぎて、再現ドラマのレベルを超えてしまったかもしれないです(笑)。

岡部:物語の設定上、僕は、電話越しでしか銀行の中の様子が分からなかったんですよね。だから、兼近がどんな活躍をしているのか、オンエアを見るのが楽しみです。

――今回の見どころを教えてください。

秋山:やっぱり、兼近が銀行に潜入するシーンじゃないですか?

木下:そうですね。特に、犯人の身柄を確保するときのアクションは注目です!

菊田:兼近が犯人を投げ飛ばすところね。兼近巡査は、男から見てもやっぱりカッコいいなと改めて思ったな。僕もいつか、巡査役をやってみたいです。

岡部:いや、正確に言うと、兼近の見事なアクションからの、岡部の“ごっつぁん確保”が、今回の見どころです!

兼近:(笑)。俺としては、気合で突破しようとしたんですけど、結局また岡部さんに確保を横取りされちゃいました。

【写真を見る】犯人に凶器を突き付けられ、顔を歪める女性銀行員役の高田秋 (C)NTV
【写真を見る】犯人に凶器を突き付けられ、顔を歪める女性銀行員役の高田秋 (C)NTV

内村さんが褒めてくれたら、絶対いいことが起こる!(笑)

――女性銀行員役で高田秋さんが出演されましたが、いかがでしたか?

兼近:俺と同い年で、しかも地元も一緒で、ブチ上がりでした! お誕生日おめでとう!(※ロケ当日は高田の誕生日)

岡部:高田さん、菊田の顔芸でやたら笑ってくれたんですよ。菊田もだいぶノリノリになってて…。

菊田:いやもう、高田さんは、とにかくかわいかった! 気さくに話してくれて、とってもいい人でした。

岡部:あの顔芸のくだり、オンエアでカットされていないことを祈ります(笑)。

――他に印象に残っている出来事はありますか?

岡部:今回、衣装が1年ぶりに冬用の制服だったんです。ずいぶん長い間“突破交番”をやらせていただいているんだなと実感できて、うれしくなりましたね。

兼近:衣装といえば、俺はいつも兼近巡査のカツラがキモいなと思ってて。で、今回、新しいのを用意するって言われて、楽しみに待ってたんですよ。そしたら、ただ新しくなっただけで…。

菊田:前のカツラとなんにも変わってなかった(笑)。あれは面白かったな~。

――ところで、岡部さんは最近、NHKの朝ドラ「エール」に出演するなど、俳優としても大活躍をされていますが、相方のお二人は、“役者・岡部大”をどんなふうに見ているのでしょうか。

秋山:いや、すごいと思いますよ。「エール」でも、とても良い役で出ていて、感動しちゃいました。めちゃくちゃ楽しんで見ています。

菊田:岡部は、役者として出ているとき、顔面力が上がるんですよ。これからも、その顔面力で頑張ってほしいと思います。

――そんな岡部さんから、“突破ドラマ”の常連俳優である秋山さんと菊田さんに、アドバイスをお願いします。

岡部:そうですね~、やっぱり、(番組MCの)内村(光良)さんが褒めてくれるような芝居をすることですね。内村さんが褒めてくれたら、絶対何かいいことが起こるから!(笑)

元記事で読む