1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【アニオタ白書】衝撃の恋愛事情が発覚…「恋人はいらない」と答えたのはなんと○%。さらに「交際経験がない」と答えたのは○%!

【アニオタ白書】衝撃の恋愛事情が発覚…「恋人はいらない」と答えたのはなんと○%。さらに「交際経験がない」と答えたのは○%!

  • 2015.5.25
  • 713 views

アニメオタク、通称「アニオタ」(「アニヲタ」と表記される場合もあります)。

それは、深夜アニメ(もしくは日曜の朝あたりにやっているアニメ)を好み、場合によってはそこから派生するさまざまなものを、それぞれの形で愛する人々のこと!

★【アニオタ白書】一覧はコチラ

Woman Insight編集部では、アニメを愛する鈴木梢が、アニオタたちの実態を調査。10代~50代の男女125名(男性44名、女性81名)にアンケートを実施しました。

 

前回に引き続き今回のテーマも、アニオタたちの「恋愛」。

前回は交際相手・配偶者が「いる」と答えた方々の実態をご紹介しましたが、今回は「いない」と答えた方々の実態です。これまでに交際相手がいたか、今後ほしいかどうかなどについて調査しました。

◆いままで恋人がいたことがないのは37.7%

ある……42人(61.8%)

ない……26人(38.2%)

前回「交際相手・配偶者がいない」と答えたのは68人で全体の54.4%でしたが、そのなかで、いま現在だけでなくこれまでもずっといないという方は約4割……意外と多い気がします。

しかしながら、いま現在恋人がいないにしても、将来的にはほしいのでは……と思い、今後恋人がほしいかどうかについて聞いてみました。

 

◆恋人がほしいと思いますか?

ほしいと思う……47人(69%)

ほしいと思わない……12人(18%)

無回答……9人(13%)

恋人が「ほしいと思う」と答えた人が圧倒的で、約7割。しかしながら、約2割が「ほしいと思わない」と回答。一体なぜ「ほしいと思わない」のか、詳しく聞いてみました。

◆自分のことで手一杯

「自分のことで手一杯で、相手のことを考える余裕がない」(フリーター・23歳 女性)
「趣味が多く、自分の時間を追うので手一杯」(フリーター・22歳 男性)

この意見がいちばん多く出ました。自分の趣味ややりたいことが多く、それ以外に時間を割きたいと思えないというケース。アニオタだけに限ったことではありませんが、何かに没頭していると、やはり恋人という存在の価値が薄れるのでしょうか。

 

◆経験者は語る

「結婚を経験したことで『一人でいられる自由』の価値がどれほど自分にとって高いか気づいた」(販売員・33歳 女性)

「現在は交際相手・配偶者はいない」という方のなかからの意見だったので、こういったお話も。特定の相手がいた経験があることで、あらためて一人の時間の価値を感じることもあるようです。

 

◆不便がない

「いままで恋人なしで生活をしてきて不便がない。他人に使う時間があったら自分のために使いたい」(学生・20歳 女性)

最初の「自分のことで手一杯」は、自分の夢中になることが落ち着いてきたら、恋人がほしくなる可能性もあります。ですがこちらはそもそも、余裕がないわけでなく、単に不便を感じていないため、「今後もいらない」という様子。

 

アニオタとはいえ、たまたまアニメが趣味の人というだけであり、もちろん普通に恋愛をし、結婚をするもの。それはどんなものに夢中になっている人でも同じです。

しかしながらやはり、なにか自分が好きで、没頭していることがあると、自分の時間をある程度割かなくてはならなくなる「恋愛」というのは、少し難しい状況なのかもしれません。

★【アニオタ白書】一覧はコチラ

さて次回も「恋愛」がテーマなのですが、アニオタ白書らしく「二次元と三次元、どちらが好きか」「本気で恋をした二次元キャラクターは誰か」などについて調査します!(鈴木 梢)