1. トップ
  2. ダイエット
  3. 意外!?コーヒーは美白にもダイエットにも役立つ飲み物だった

意外!?コーヒーは美白にもダイエットにも役立つ飲み物だった

  • 2015.5.25
  • 13515 views

美容に良いとも悪いとも言われるコーヒー。どんな物にも良い面悪い面があるのですが、適量を守って飲めばコーヒーはダイエットにも美白にも役立つ飲み物。なんと、腸内環境まで改善してしまうのだとか! コーヒーには、どんな効果があるの? 適量は? そんな、コーヒーの疑問についてご紹介します。

■コーヒーのビューティー効果3つ

(1)美白に

コーヒーに含まれるポリフェノール「クロロゲン酸」には、メラニンの生成を抑える働きがあることがわかっています。お茶の水大学の近藤教授の研究によれば、クロロゲン酸には、約30%メラニンの生成を抑える働きがあるそうですから、飲む日焼け止めとも言えますね。

(2)ダイエットに

クロロゲン酸は、脂肪分解酵素「リパーゼ」の働きを抑えて、脂肪の分解吸収をブロック。また、エネルギーを生産する「ミトコンドリア」への脂肪の取り込みを高めて、脂肪をエネルギーとして燃焼させやすくする働きもあり、食べた脂肪にも、既に蓄積された脂肪にも効果を発揮します。

(3)腸内環境も改善!?

クロロゲン酸には、腸内環境を改善する働きもあるそう!英レディング大学の研究では、コーヒーを飲むことで腸内のビフィズス菌が増える、とのこと。 食べたビフィズス菌は、腸内に住み着くことはできませんから、既に住み着いているビフィズス菌を増やす働きのあるコーヒーは、腸内環境美化の強い味方!

■美容健康に役立つコーヒーの飲み方 3つ

(1)1日4杯が適量!?

習慣的にコーヒーを飲む人の中でも1日4杯飲むグループが、一番健康効果が高いそう。1日4杯を目安に飲みましょう。

(2)食事やお出かけの1時間前に

オリザ油化の研究によれば、クロロゲン酸は、飲んだ1時間後に血液中に一番多く吸収されているそうですから、日光に当たる1時間前、食事や運動の1時間前に飲むとより効果を発揮してくれそう!

(3)ドリップコーヒーがベスト

クロロゲン酸は、コーヒー豆に含まれるポリフェノールですから、コーヒー飲料ではなくドリップコーヒーをチョイスしましょう!

美容健康に役立つとはいえ、飲み過ぎは厳禁。適量を守って、ダイエットや美白に役立てたいですね。

(岩田 麻奈未)