1. トップ
  2. 恋愛
  3. 実はしたくない男性が53%!彼女とのベッドでのアノ行為【恋占ニュース】

実はしたくない男性が53%!彼女とのベッドでのアノ行為【恋占ニュース】

  • 2015.5.25
  • 11561 views

突然ですが、みなさんは“腕枕”をされるのって好きですか?

眠りに落ちる前の一時、愛する人の腕に頭を預け、まるごと包まれるような安らぎを感じながらまどろんだら、さぞ幸せなのだろうな…と思うのですが、

「枕にしちゃ高い!そして硬い!」

「頭のポジションが定まらない!」

などの心の叫びを口に出せずにいる女性、そして

「重い!痺れる!動けない!」

と苦痛を我慢している男性…意外と多いようで…。

≪半数が我慢して腕枕≫

マイナビウーマンが実施した「腕枕は好きですか?」というアンケートの結果を見てみると

◆女性への質問

「男性に腕枕をされるのは好き?」

好き…42.2%

嫌い…57.8%

◆男性への質問

「彼女に腕枕するのは好き?」

好き…47.0%

嫌い…53.0%

と、男女とも半数以上の人が「嫌い」って。

主に「重い」「痛い」という身体的な理由が大半で、中には「そういうロマンティックな雰囲気が苦手」という人も。

まあ、どれも気持ちはわかります。

≪彼の体臭に心地良さを感じる?≫

その一方で、「好き」という男女も決して少なくはありません。

・ 密着感がいい(男女とも)

・ 守られてるようで落ち着く(女性)

・ 頼られてると思える(男性)

お互いのぬくもりを感じられるほどよい密着感や、守り守られている、という満足感・安心感はまさに『至福』。

特に女性は、男性の体臭から様々な情報を嗅ぎ取っているため、好きな男性の脇から発せられる匂いに「心地よさ」を感じ、気持ちが明るくなるのだとか。

腕枕は、幸福感を得るためには非常に理にかなっているそうです。

でも心は満たされても、腕枕って実は結構、危険という噂も…。その理由は?

≪長時間の腕枕はアブナイ!?≫

女性の頭部の重さは、一般に4~6kgと言われています。

これが男性の腕を長時間圧迫するとなると、結構な負担になるはずです。

ちょっと痺れた、筋肉痛になった、くらいならかわいいものですが、無理な体勢による肩こりや、手指の感覚が薄れ一時的に動かなくなってしまう「橈(とう)骨神経麻痺」を引き起こし、翌日の仕事に支障が出たり、悪くすれば数ヶ月にわたって麻痺が続くことも…。

≪寝起きがブサイクになる可能性も≫

女性側も同じで、硬くて高すぎる腕枕は首や肩の一点に大きな負担がかかり、肩こりや寝違えのような状態になりがち。

また、そのまま寝てしまうといびきの原因にも。腕枕で高いびきって全然かわいくない…。

「彼の腕は細いから大丈夫」という人も、低い枕は顔のむくみの原因になりますから、目覚めの顔がパンパンのブサイクに。いずれにしてもかわいくありませんね。

というわけで、至福の腕枕も、長時間は身体に影響があるので…せいぜい30分~1時間程度で切り上げるのが、彼のためにも自分のためにも良さそうです。

まあ、腕って本来が枕として使うものじゃないし、寝心地を追求するなら1人で寝るのが一番。

それでも腕枕を「いいな」と思えてしまうのは、スキンシップと愛情表現であり、男女の幸せの象徴的な行為だからなんでしょうね。きっと。

(文=石村佐和子)