1. トップ
  2. スキンケア
  3. 大人ニキビは身体からのSOSかも? 原因には●●が大きく影響していた!

大人ニキビは身体からのSOSかも? 原因には●●が大きく影響していた!

  • 2015.5.25
  • 3550 views

大人になってもニキビに悩まされている皆さん、10代の思春期ニキビとは違い、一度できたら治りにくい……同じ場所に繰り返しできる……何より跡に残りやすい……など、大人ニキビにさまざまな不満を抱えている方も多いのではないでしょうか? 大人ニキビの背景には「生活習慣」が大きく関係しています。その生活習慣から原因を見直せば、大人ニキビを怖がらずに自分の肌もコントロールできるのです。

大人ニキビの原因は生活習慣だった!

普段、ニキビ体質ではないのに生理前になるとポツポツと現れはじめ、生理前に決まってできるという方は多いです。生理前である黄体期に増加するプロゲステロン(通称:ブスホルモン)が大きく関係しています。生理前~生理中は無理にスキンケアなどコスメを変えたりせず、ストレスを溜めないようにしたり甘いものの食べ過ぎに注意し、ゆっくり過ごすようにしましょう。

月経周期


精神的なストレス大人になってから急にニキビができるようになった……、そんな人は日頃の職場やプライベートで何かストレスや悩みがあるのかも? 過激なストレスや小さなストレスが続くことによって自律神経が乱れると、皮脂分泌が過剰になったり、肌の生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)が乱れ、角質が肥厚して毛穴が詰まりやすくなり、ニキビの原因に。美肌のためにもストレスを溜めないことが大切。


ホルモンバランスの乱れ肌や体を美しく保つのに重要な女性ホルモンですが、その中の一種プロゲステロンは、排卵してから生理が来るまでの黄体期に増加し、生理後から排卵までの卵胞期に減少します。そのため、生理前の黄体期にニキビなど肌荒れを起こしやすく、生理後の卵胞期に肌がキレイになる方が多いのです。このメカニズムを知れば、黄体期にはストレスや過労に気を付け、できてしまったニキビは卵胞期に治すようにケアするなど適切な対応が取れ、ニキビの悪化や長引くのを防ぐことができます。


食生活の乱れ食べたものが肌に現れるといっても過言ではないほど、毎日の食は美肌にとって重要です。揚げ物やスナック菓子、スイーツが好きな方はそれが肌に現れます。油分が多いものを食べれば当然、皮脂分泌も盛んになり大人ニキビの原因に。肌を作るたんぱく質やビタミン・ミネラルを意識した食事をしていきましょう。油ものや、お菓子がどうしてもやめられないという方は、まずは一日一食だけにそれを取り入れるなどのマイルールを作ることからはじめてみて。


睡眠不足夜遅くまで起きてテレビを見たり、部屋の明るい照明を浴びたり、SNSなど深夜まで利用したりして寝不足になりがちなのも現代人の特徴。しかし、睡眠中に多く分泌される成長ホルモンは肌の修復や再生に必要不可欠。睡眠不足はこれらがきちんと行われなくなるため、角質が肥厚し毛穴も詰まりやすくなり、他の肌荒れまでも引き起こします。まずは毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きる……など規則正しい生活を「習慣化」することからはじめましょう。

いかがでしたか? 多くの大人女性が悩む大人ニキビは、日々の生活習慣が大きく影響しています。なぜできるのか? の原因を知ることで正しい対処ができ、ニキビなしの肌へコントロールしていきましょう。