1. トップ
  2. ファッション
  3. トリコ・コム デ ギャルソン 2015-16年秋冬コレクション - 装いに乙女の表情を持たせて

トリコ・コム デ ギャルソン 2015-16年秋冬コレクション - 装いに乙女の表情を持たせて

  • 2015.5.24
  • 2306 views

トリコ・コム デ ギャルソン(tricot COMME des GARÇONS)の2015-16年秋冬コレクションが発表された。デニムやナイロンなどのカジュアルな素材を、上品で可愛らしいワードローブへと昇華させたシーズン。

ディテールに目を向ける。生地を何層にも生地を重ねた袖、ライン状にフリルを配した裾。スカート部分には、縦と横のフリルをドッキングさせ、ドラマティックに仕上げている。また、胸元にレースをあしらったネルシャツやギャザーをたっぷりと寄せたスカート、立体的な花形アップリケを添えたワンピースなど、フェミニニティを感じさせるアイテムが揃った。

着こなしの面でも、愛らしさへのアプローチは継続。ロングコートからワンピースを覗かせたり、ケープにフリルスカートを合わせたり。内側に模様を忍ばせるのがムードのようで、裾や袖など至るところからドット柄が顔を出していた。

裏起毛のデニムやウールガーゼなど、温かみのあるファブリックを採り入れたウェアが並んだ。そこに、三角形型のケープや大きなボタン付きのダウンコート、丸襟のナイロンコートなどのアウターが加わり、秋冬のオシャレをますます待ち遠しくさせる。

今季は、日常生活に寄り添った生地や豊かな表情を生み出すディテールを選択することで、クラシックなアイテムに強い個性を与えていた。そういったテクニックやアイテムの組み合わせを慎重に行うことで、少女のような可憐な表情を装いに持たせたコレクションに仕上がった。