1. トップ
  2. 節約の強い味方!平日ごはんが手早くおいしく作れる「もやし×豆腐のおかず」5選

節約の強い味方!平日ごはんが手早くおいしく作れる「もやし×豆腐のおかず」5選

  • 2020.11.9
  • 748 views
「もやしチャンプルー」 料理:村田裕子 撮影:福岡拓
「もやしチャンプルー」 料理:村田裕子 撮影:福岡拓

【画像を見る】食費を抑えたいときはこちらもおススメ!もやし×卵の「もやしと卵のチリソース」

今日は買い物に行く余裕がなくて、できれば冷蔵庫にあるものだけで作りたい…!そんな時に頼れる、もやしと豆腐を使ったおかず5選をご紹介。シンプルな食材でも味つけや調理方法次第でバリエーションは無限大! パパッと作って、億劫になりがちな毎日のごはん作りを気楽に乗り切りたいですね。

もやしチャンプルー

【材料・2人分】

もやし 1/2袋、豚こま切れ肉 150g、もめん豆腐 1/2丁、万能ねぎ 3本、削りがつお 1袋(約3g)、とりガラスープの素 小さじ1、ごま油、しょうゆ、塩、こしょう

【作り方】

1. 万能ねぎは3~4cm長さに切る。

2. フライパンにごま油大さじ1を強火で熱し、豆腐を手で大きくくずして加え、水けをとばしながら2~3分炒める。豆腐は水きりをしなくてよいので手軽。水分をとばしながら少し色づくまで炒めて。

3. 豆腐がうすく色づいたら中火にして豚肉を加え、ほぐしながら炒める。肉の色が変わったらもやし、万能ねぎを加え、全体に油がまわるくらいにさっと炒め合わせる。

4. スープの素、削りがつお、しょうゆ小さじ2を加えて炒め合わせ、塩、こしょう各少々で調味する。

(1人分320Kcal、塩分1.4g)

豆腐の炒めものといえば“チャンプルー”。ゴーヤを利用したゴーヤチャンプルーがよく知られていますが、もやしを使ったものは「マーミナーチャンプルー」と呼ばれています。もやしはさっと炒める程度にとどめて、みずみずしさを残してくださいね。

もやしと豆腐のとろとろ煮

だしをきかせて上品な煮物に。水溶き片栗粉でとろみをつけると、汁が具材にからみやすくなります。

1人分が90Kcal以下の「もやしと豆腐のとろとろ煮」 料理:外処佳絵 撮影:木村拓
1人分が90Kcal以下の「もやしと豆腐のとろとろ煮」 料理:外処佳絵 撮影:木村拓

豆腐チャンプルー

にらの香りが食欲をそそります。豆腐は表面に焼き色がつくまで炒めて、弾力のある食感に仕上げましょう。

「豆腐チャンプルー」 料理:小林まさみ 撮影:木村拓
「豆腐チャンプルー」 料理:小林まさみ 撮影:木村拓

高菜の豆腐ステーキ

高菜漬けのうまみが豆腐のやさしい味わいにマッチします。豚ひき肉や薬味もプラスして、飽きのこない豆腐ステーキに。

「高菜の豆腐ステーキ」 料理:植松良枝 撮影:野口健志
「高菜の豆腐ステーキ」 料理:植松良枝 撮影:野口健志

豚もやし豆腐

豆板醤のピリッとした辛みがアクセント。おかずはもちろん、おつまみとしても活用できます。

「豚もやし豆腐」 料理:吉田勝彦 撮影:木村拓
「豚もやし豆腐」 料理:吉田勝彦 撮影:木村拓

コスパ抜群のもやしと豆腐。安くてボリュームのあるおかずを作りたい!という時にがおすすめですよ。

文=河野あすみ

元記事で読む