1. トップ
  2. ファッション
  3. ジル・サンダー ネイビー 2015-16年秋冬コレクション - クラシカルな音色、スポーティな感性

ジル・サンダー ネイビー 2015-16年秋冬コレクション - クラシカルな音色、スポーティな感性

  • 2015.5.23
  • 1371 views

ジル・サンダー ネイビー(JIL SANDER NAVY)の2015-16年秋冬コレクションが発表された。快活なムードを運んできたのは、スポーティなエッセンス。フリース加工したセーターや立体的なシルエットのジャケット、取り外しのできるフードなどの装飾が、フレッシュな香りを振りまいていく。

また、パキッとしたイエローやレッド、グリーンなどを用いた、ユニークな色遊びも特徴的。タートルネックトップスに採り入れ、ウールのAラインコートやジャカードドレスの首元から覗かせたり、パテント・ブーツで足元に彩りを添えたり、アイキャッチな仕掛けを繰り返していく。

そんなアクティブな雰囲気が広がる一方で、クラシックなウェアも登場。テーラードジャケットやマニッシュなショートパンツ、テーパードパンツなどが揃う。特にショートパンツは、ワンピースの裾から覗かせたり、ミニスカートに合わせたり、独自の着こなしが展開された。

コレクション全体をポップでリズミカルに進めていくのは、ボタニカルモチーフや手書き風格子柄、チェック柄などの模様。ナイロンやビニール、ネオプレンといった素材を選び、洗練されたフィリングを与えていく。また、トップスや丸型バッグに隠れたワニのイラストは、ほっこりとした優しさをプレゼントしてくれた。

今季は、ドレスアップシーンやフォーマルなスタイリングに、スポーティな感覚をミックスできる折衷主義の女性が描かれているよう。終始流れていくるクラシカルなメロディと遊び心のある感性が合わさり、モダンで力強いワードローブを届けてくれた。