1. トップ
  2. ファッション
  3. モトナリ オノ 2015-16年秋冬コレクション - 挑発的なユニフォームルック

モトナリ オノ 2015-16年秋冬コレクション - 挑発的なユニフォームルック

  • 2015.5.23
  • 1700 views

モトナリ オノ(motonari ono)の2015-16年秋冬コレクションが発表された。猫耳ハットと真っ赤なリップ。そんな挑発的な女の子が纏うのは、制服から着想を得た個性的なワードローブの数々だ。ブランドの原点にある、コスプレの要素をふんだんに織り込み、都会になじむカジュアルウェアを提案していく。

ユニフォームの定番、シャツとスカートの組み合わせは、無限に広がる可能性を提示。ベルベットのプリーツスカートや異素材を組み合わせたタイトスカートなどに、デコラティブなホワイトブラウスをオン。大きなリボンをあしらったもの、半袖シャツやベストをレイヤードしているように見えるものなど、ブラウスもバリエーション豊かに取り揃える。また、ミニドレスもキーアイテムで、スパンコール入りの半袖タイプやフリル付きのノースリーブタイプなどが展開。

クラシックなタータンチェックやグレンチェックを用いて、スクールガールチックな一面を見せたかと思うと、パキッとしたイエローやレオパード柄で攻撃的な一面を見せていく。また、シルクオーガンジーなど、透け感のある素材をセレクトし、クリアな表情もあわせ持つ。

そこらかしこに、センシュアルな魅力が転がっているのは、ちらりと見せた肌のせいだろう。バックスタイルに施した大胆なカッティング、スカートの前面だけを短くしたサイジング、またランジェリーライクなレースのキャミソールも揃い、様々な観点からセクシーさへのアプローチを続ける。

今季に関して「ポップでこんなユニフォームあったらいいなと思うものをデザインしました。」とデザイナーの小野原誠は語る。どのアイテムもキャッチーでユーモラス、女の子の願いを叶えてくれような夢のあるシーズンだった。