1. トップ
  2. 三吉彩花、黒木瞳監督は「母や姉のよう」!伊藤健太郎主演の『十二単衣を着た悪魔』が公開

三吉彩花、黒木瞳監督は「母や姉のよう」!伊藤健太郎主演の『十二単衣を着た悪魔』が公開

  • 2020.11.7
  • 807 views
笑顔の三吉彩花と黒木瞳監督
笑顔の三吉彩花と黒木瞳監督

【写真を見る】フリルいっぱいの個性派ドレスで登壇した三吉彩花の全身ショット

11月6日より公開された伊藤健太郎主演の映画『十二単衣を着た悪魔』の公開記念舞台挨拶が、11月7日に新宿ピカデリーで開催され、三吉彩花、村井良大、笹野高史、黒木瞳監督が舞台挨拶に登壇。伊藤のひき逃げ事件報道後の公開となった本作について、最初にMCの笠井信輔から、配給会社のキノフィルムズによる公開の経緯と釈明が読み上げられたあと、黒木監督が登場。笠井アナから本作に共感したことを伝えられると「本当にありがとうございます」と笑顔を見せた。

本作は脚本家、小説家の内館牧子が「源氏物語」を題材に書いた小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」の実写化映画作品。タイムスリップした主人公の伊藤雷(伊藤健太郎)が、妥協や忖度を一切しない弘徽殿女御(三吉)や周りの人々との出会いによって、成長していく姿を描く。

メガホンをとった黒木瞳監督
メガホンをとった黒木瞳監督

『嫌な女』(16)に続く長編監督2作目となった黒木監督は「私ごとですが、1985年に宝塚を卒業し、1986年に映画『化身』で出会った東陽一監督から『映画というのは僕1人で作り上げるものじゃないんだよ。皆の力で作る総合芸術なんだ』ということを教わりました。今回スタッフの皆さんや出演者の皆さんに支えられて作品を完成することができました」と感慨深い表情で挨拶をした。

弘徽殿女御役を演じた三吉は、黒木監督について「本当にすばらしい監督です。私はマンツーマンで、ずっと指導していただきました。とても柔らかくて温かい方で、迎え入れてくれましたし、撮影の合間にも他愛のない話をしてくださった。お母さんやお姉さんのような感覚で、ずっと一緒にいさせてもらいました」と感謝した。

全員でフォトセッション
全員でフォトセッション

村井は「黒木監督がいると、現場がすごく明るくなるし、男性スタッフのやる気がすごい。エネルギッシュな監督で、僕たちもエネルギーをもらいました」と言うと、笹野も「私、女性監督のところでしか仕事をしないようにしようかと。私でもよけいなフェロモンみたいなものが醸し出され、良い芝居につながるのかなと」と言って笑いを取った。

黒木監督は、女優業と監督業について「見える景色は全然違いますが、感謝しかありません。私はエンタテインメントの世界に40年居続けていますが、多くの方に支えられて、いまここにいるんだなと思います」と、感謝の言葉で締めくくった。

取材・文/山崎伸子

元記事で読む