1. トップ
  2. 恋愛
  3. 相槌ひとつでこんなに印象が変わる! あの人から好かれる相槌って?

相槌ひとつでこんなに印象が変わる! あの人から好かれる相槌って?

  • 2015.5.23
  • 4470 views

会話でコミュニケーションをとる上で大切なことはいろいろありますが、相槌もその中のひとつ。相手が話しているときに相槌を打ちますが、もしかしたら、あなたがしている相槌は、相手に悪いイメージを与えてしまっているかもしれません。

これから紹介する正しく、好印象を与えられる相槌をマスターして、友達や憧れの彼、職場仲間などとの関係を上手に築いていきましょう!

■下手な相槌って?

相槌の仕方は十人十色。オウム返しのように繰り返したり、共感を示したり、うなづいたりと、いろいろな方法がありますが、相槌がうまくできていない人の特徴としては、次のような点があげられます。

・興味がないように感じる言葉(「へえ」・「ふーん」・「あぁ」)など)で相手の会話する意欲を失わせてしまう

・相槌の回数が多すぎて、逆に話を聞いていないように感じる

・同じ相槌を繰り返して、話に興味がないような印象を与える

1つでも当てはまる節があるなら、相槌の仕方をいま一度考え直してみましょう。

■相槌のタイミングを見極めて

相槌でまず大切なのは、相槌を打つタイミングを見極めることです。人それぞれ、会話のクセがあります。そのクセを理解し、相手の話の区切りが良いときや、こちらに目線を向けたときなどに相槌を打つようにしましょう。

特に、相手が目線を向けたときは、同調してほしい、理解してもらいたいという心理が働いているもの。このタイミングで「そうなんだ」「凄いね」「それでどうなったの?」などと相槌を入れたり、目を合わせてうなずくことで、相手を「もっと話したい」という気持ちにさせられます。

■相槌のレパートリーを増やそう

どれだけベストなタイミングで相槌を入れても、同じ相槌が続くと単調になってしまい、せっかくの相槌の効果を最大限に発揮できません。

相槌のレパートリーを増やし、同調するときの言葉を変えることを意識してみてください。

たとえば、「そうなんですね」という言葉なら、「なるほど」「すごく勉強になります」「初耳です」「興味深いですね」といった言葉に置き換えることができますよね。

さまざまな相槌を組み合わせること、そして相槌を入れるタイミングに重点を置くことで、相手に与える印象をガラリと変えることも可能。

初対面の人にもとても有効なので、この機会に相槌の仕方を考えてみては?

(RUREI)