1. トップ
  2. 神尾楓珠、“即興芝居”の合間にワチャワチャおしゃべり「撮ってる期間が僕らの青春だった」

神尾楓珠、“即興芝居”の合間にワチャワチャおしゃべり「撮ってる期間が僕らの青春だった」

  • 2020.11.7
  • 269 views

11月6日、映画「ビューティフルドリーマー」の初日舞台あいさつが東京・テアトル新宿で行われ、本広克行監督、主演の小川紗良、共演の藤谷理子、神尾楓珠、内田倭史、ヒロシエリ、森田甘路、池田純矢が登壇。池田はイベントの司会進行役も務めた。

【写真を見る】息ピッタリ! 舞台あいさつでもワチャワチャなキャスト陣

同作は、「踊る大捜査線 THE MOVIE2」などを手掛けた本広監督が、押井守原案のストーリー「夢みる人」を映画化した作品で、映画実験レーベル“Cinema Lab(シネマラボ)”の第1弾。

映画を撮ったことのない先勝美術大学の映画研究会の部員たちが、映研に伝わる“いわくつきの台本”の映画化に挑むことに。「撮ろうとすると必ず何か恐ろしいことが起こる台本」と言われている通り、部員たちは次々と予期せぬ困難やトラブルに見舞われてしまう。

映画を作るために集い、協力し、すべてをかける姿を描いた青春ストーリーとなっている。

登壇した小川は、満席の場内を見渡して「この時期に来てくださって、本当にうれしい気持ちでいっぱいです!」と感謝の気持ちを言葉にした。

この作品は即興芝居(エチュード)で撮影された実験的な作品で、撮影なのか現実なのか分からなくなるぐらいキャストたちの間の距離は近くなったという。

「現場で仲良くなり過ぎて、撮影の合間にトランプとかワードウルフとかでメチャクチャ盛り上がりました。その時間が意外と即興芝居の稽古になっていたんじゃないかなって後で思いました」と小川が振り返る。

内田が「監督がムチャぶりしてくるので冷や汗をかきながら右往左往してました」と本広監督にクレームを。それを聞いた本広監督は「台本通りにやればいいという時代は終わった」と制しながらも、「それに応えられる素晴らしいメンバーたちです」とキャストたちを絶賛。

小川が「私たちの仲の良さを見て分かると思うんですけど、(撮影)当時はコロナもなくて、みんなとの距離が近くて、すごくギュッとしてました。その時のワチャワチャ感がそのまま映ってると思いますので、それを素直に楽しんでいただけたらいいいなと思います」と話し、神尾も「撮ってる期間が僕らの青春だったので、これを見て“青春”を感じてもらえたらうれしいです。それで仲良くなって、みんなでワードウルフとかやったらいいんじゃないかなって思います(笑)」と楽しかった撮影を回顧した。

トーク中も誰かが話していると他の誰かがツッコミを入れるなど、終始仲の良さが伝わってきた。

本広監督は「映画もこういう感じです。ずっとワチャワチャしていて、クロストークでうるさい映画です」と笑顔を見せ、「ここからきっとたくさんのスターが、楓珠はもうスターだけどね(笑)。きっと羽ばたいていくと思います。僕の作品は全作品でスターが生まれているので、ここから誰が出てくるのか楽しみですし、皆さんはその目撃者。この映画を応援してくださるとパート2ができる予定になっていて、そこから次のスターも生まれてくる感じです」とアピールした。

最後に小川が「数々のスターを生み出してきた本広監督の力に私たちもあやかって、この初日がめでたい日になればいいなと思います。思う存分楽しんでいただきたいと思います。ありがとうございました!」と観客にメッセージを伝えて、舞台あいさつを締めくくった。

映画「ビューティフルドリーマー」は11月6日よりテアトル新宿、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開。

◆取材・文・撮影=田中隆信

元記事で読む