1. トップ
  2. 恋愛
  3. ケンカ防止!ほかの男性とご飯に行くときの報告の仕方

ケンカ防止!ほかの男性とご飯に行くときの報告の仕方

  • 2020.11.6
  • 1968 views

女性は彼氏がいる場合、ほかの男性とご飯に行く機会があると、ケンカのきっかけになりやすいです。お互いの性格が温厚なタイプでも衝突することがあり、対処が難しい問題となっています。
今回の記事では、「ケンカ防止!ほかの男性とご飯に行くときの報告の仕方」をご紹介いたします。できるだけ衝突を避けれるようなテクニックを多くご紹介いたしますので、ぜひ、ご参考ください。
 

必ず連絡することを約束して、報告をする

彼氏側は、彼女側がほかの男性とご飯に行ったりすることを快く思いません。もし、その機会が生まれた場合は、彼女側はきちんと家に帰る際などに、彼氏側に連絡することを約束しましょう。
もし彼女側がほかの男性とご飯に行って、何も連絡をしていないと、彼氏側は不安に思うでしょう。その後の付き合いにも響いてきます。なので、ほかの男性とご飯に行くときは、必ず連絡することを約束すべきなのです。

あくまでも相談を受けることを伝える

彼氏以外のほかの男性とご飯に行く際は、遊びではなく、あくまでも相談を受ける機会だと彼氏側に伝えましょう。遊びに行くのではないことを彼氏側に伝えれば、きちんと分かってもらえるかもしれません。
その場合は、彼氏側にできるだけ具体的に伝えるようにしましょう。どんな相談を受けるのか、どこで会うのかなど、伝えることは多くなってきます。きちんとそれを踏まえた上で彼氏に報告するようにしましょう。
 

ご飯に行く男性とはまったく恋愛感情がないことをアピール

彼氏側は、彼女のことを大切に思っている場合が多いです。そこで、彼女側は、彼氏以外の男性とご飯に行くときは、その男性には恋愛感情がないことを伝えましょう。
あくまでも、彼氏のことをいちばん大切に思っているということをアピールできれば、彼氏側も理解してくれるかもしれません。このように、ストレートに伝えるのもテクニックのひとつになってきます。
 

ふだんあまり会えない友達であることを伝える

ご飯に行く男性とは、あくまでも友達でふだんあまり会えないことをアピールして報告するのもいいでしょう。ふだんあまり会えないことをアピールすれば、彼氏側も了承してくれることがあるかもしれません。
ほかの男性とご飯に行く際にはこういった理由付けが必須です。人は根拠や理由があって、初めて物事を了承するようになるので、くれぐれも忘れないようにしましょう。
 

まとめ

彼氏がいてその上でほかの男性とご飯に行くと、ケンカになりやすくなります。その際には、必ず理由や条件を付けて、報告するようにしましょう。そうすれば、彼氏側も納得してくれやすくなります。
ほかの男性とご飯に行く場合は、ケンカにならないようにきちんと報告をして、彼氏を納得させてからにしましょう。その後の付き合いも考えて、慎重に行動すべきです。
(ハウコレ編集部)
 

元記事で読む