1. トップ
  2. <竹内涼真の撮休>竹内涼真インタビュー(後編) 「撮休の日に一日がかりでカレーを作ることもあります!」

<竹内涼真の撮休>竹内涼真インタビュー(後編) 「撮休の日に一日がかりでカレーを作ることもあります!」

  • 2020.11.6
  • 199 views

11月6日(金)よりスタートする、WOWOWオリジナルドラマ「竹内涼真の撮休」(WOWOWプライム)。俳優の知られざる“オフの姿”にフォーカスしたドラマシリーズの第2弾となる本作では、竹内涼真の“架空の休日”を描いた8つのエピソードが展開。同じシェアハウスで暮らす仲間との会話劇や、「俳優・竹内涼真」の重大な秘密にまつわる話など、それぞれ豪華なクリエーター陣による妄想がさく裂したストーリーとなっている。

【写真を見る】竹内涼真が「最高の撮休の過ごし方」のスケジュールを公開!

今回、本作で主演を務める竹内涼真にインタビューを敢行。後編では、毎回登場する豪華なゲスト陣との共演や、本作のテーマにちなんで「自分にとっての最高の撮休の過ごし方」などについて語ってもらった。

WOWOWオリジナルドラマ「竹内涼真の撮休」で、8つのパラレルな物語を演じた竹内涼真
WOWOWオリジナルドラマ「竹内涼真の撮休」で、8つのパラレルな物語を演じた竹内涼真

本人役を演じると共演者と距離が縮まりやすい?

――今回各話でさまざまなゲストの皆さんと共演されましたが、皆さんとの“セッション”の中で印象的だったことを教えてください。

竹内涼真:今回の撮影日数は、だいたい一話2日くらいだったんです。いつもより短い期間でしたが、素に近い感覚でやっていたせいか、共演した方との距離間が縮まるスピードが早かったんです。だから、皆さんとのエピソードがありすぎてどのエピソードを話したらいいか悩みます(笑)。

例えば「シェアハウス」(第4話)では、台本が26ページあって、それを長回しで撮影したんです。そういったことは僕も初めての経験だったんですけど、読み合わせとリハーサルをしていく中で意気投合してどんどんテンポが良くなって、本当にシェアハウスで暮らしているような雰囲気になりました。

――「竹内涼真と竹内涼真と」(第6話)で共演された山本浩司さんとの関係性は、他のエピソードと比べてもなかなか特殊でしたが、この回を振り返っていかがでしたか。

竹内:のびのびとやらせていただきましたね。どの回も楽しかったんですけど、いろんなことをドラマの中に詰め込めたという点ではいい意味で一番「遊べた」というか。それから、この物語の中で変身マシンが出てくるんですけど、これだけをテーマにしたドラマを全10話とかでやりたいくらいですね(笑)。きっと面白くなると思います。

「『自分はどういう人物なのか』を演じながら再認識できた」

――今回さまざまな「竹内涼真」を演じられて、ご自身のパーソナルな部分で何か発見したことなどはありましたか。

竹内:撮影の前は、作品を通して新たな自分を発見できたらいいなという気持ちもあったんですが、撮影を終えた今考えてみると「自分はどういう人物なんだろうか?」ということを演じながら再認識できたように思います。

よく取材の際に「どういう性格ですか?」って聞かれるんですけど、だんだんわからなくなってくるんですよ(笑)。その時やっているドラマや映画によって(素の自分も)ちょっとずつ雰囲気が変わりますし。

だけど今回は弟や妹が出てきたり、逆に初対面のおばあさんとか、いろんな人と接していくんですが、それぞれの自分ってどうなんだろう?って考えた時に、「あ、こういう感じだったよな」と再認識できた印象があります。

あとは全8話を通して演じてみて、改めて撮影や演技をすること自体が好きなんだなと思いました。監督さんやキャストの皆さんとすごくうまくいったという感覚がありました。

――では、今のタイミングで「どういう性格ですか?」と尋ねられたら、どんなお答えになるでしょうか。

竹内:細かいことなんですけど、「この人といる時はこうだよな」と状況によって違うので一言では言えないです。例えば「同級生」(最終話)だと全員同い年の設定なんですけど、周りが同い年だけで一つの作品を作るって意外とこれまで少なくて。実際に同級生と会う機会もなかなか無いですし。

なので「自分ってどういう立ち位置だったかな?」とかそういうことを思い返しました。結構寂しがりやなんだなって改めて思ったり。その中でも「世界で一番めんどい奴ら」(第3話)では弟との掛け合いがありますが、実際の弟といる時もあんな感じです。そういう部分が各話の中で垣間見えると思います。

佐野勇斗演じる弟との掛け合いはリアルなものに!
佐野勇斗演じる弟との掛け合いはリアルなものに!

竹内涼真のカレー愛が止まらない!?

――今回の脚本では、過去の出演作についての言及というか、ネタにされるシーンもありました。そうした脚本における遊び心はいかがでしたか?

竹内:すごく楽しかったですし、僕も台本を読んでいて笑いました。せりふに愛があって、「このせりふをどう面白く言おうかな」と考えていました。ただ、それを考えすぎてしまうと、監督から「もうちょっと抑えて」と言われることもありましたね。でも演じていてすごく楽しかったですよ。

――それぞれテイストも異なる作品ですが、唯一「薫るスパイスカレー」(第1話)と「『人生』」(第2話)では共通して「カレー」がキーアイテムとして出てきました。竹内さんは実際にカレーがお好きなんでしょうか? また、作られる際のこだわりなどはありますか?

竹内:自分で料理する時、ちゃんとこだわって作るのはカレーくらいです。ドラマの冒頭でも僕がスパイスのうんちくを語るシーンがあるんですけど、自分流のレシピの完成形は一つ持ってます。

実際にスパイスも何種類か入れたり、フォン(だし)を取るところからやるので時間がかかるんです。なので作るのは自分の気が向いた時だけですけど、撮休の日に一日がかりでやっちゃうこともよくあります。

「いかにドラマチックに見せずに共感してもらえるかを意識」

――「役を通してさまざまな人間性、お仕事などを演じることができる」というのは、演じる上での一つの醍醐味かと思いますが、本作で竹内さんご自身として「いろんな自分」を演じたことは、普段のお仕事とはまた違うものでしたでしょうか?

竹内:言葉で言い表すのが難しいんですが、やっぱり違うと言えば違っていて。自分の中で「こういう風にやりたいな」って部分を、全8話を通して少しずつ出せたことは大きかったなと思います。

ドラマのタイトルがポップなので、「どういう感じなんだろう?」と皆さん思われるんじゃないかと思うんですが、結構人の内面を丁寧に描いている物語が多いんです。

そこにコメディーやホラーの要素が入ったりするので「こういう作品ならこう演じる」という決まり事にとらわれるのではなく、「この作品はどうやったら面白いか」を考えていました。

「いかに予定調和を崩すか」、それでいて「いかにドラマチックに見せないように、見てもらっている皆さんに共感してもらえるか」を意識してやっていました。

【写真を見る】竹内涼真が「最高の撮休の過ごし方」のスケジュールを公開!
【写真を見る】竹内涼真が「最高の撮休の過ごし方」のスケジュールを公開!

竹内涼真の考える「最高の撮休」とは?

――本作の撮影に入られる前は、コロナウイルスの影響により多くの作品の撮影も止まってしまっていたと思いますが、自粛期間中はどのように過ごされていましたか?

竹内:「連続ドラマW 太陽は動かない−THE ECLIPSE−」のオンエアを見てました(笑)。とは言え、「竹内涼真の撮休」の台本も手元に届いたので、それを読んだりしながらだんだん仕事モードに入っていきました。

――自粛期間中、ご自身の中で改めて「気づき」というか、再認識されたことはありましたか?

竹内:お芝居のことというよりは、「ちゃんと食事に気をつけないと太るな」ってことですかね(笑)。これまでだったら一日仕事で出掛けているだけでも運動して消費していましたから。

――最後に、ドラマのように「明日は撮休」と急に言われたら、竹内さんはどのような過ごし方をされますか? ご自身の考える「最高の撮休の過ごし方」を教えてください。

竹内:前日にちゃんとご飯を炊いておいて、朝7:00前くらいには起きて、そのまま卵かけご飯を食べますね。その後ジムに行って2時間くらい体を動かしてから、市場に行って夕食用の魚を買って、カフェで台本などを読みながら、夕方帰ってきてご飯食べて。

その後は家でテレビや配信ドラマや映画を見たり、意外と地味です(笑)。インプットのためというか「これは勉強として見よう」っていう日もあるんですが、基本は自分の好きなものを見ていますね。

楽しみながらも「今のシーン良いな」と思って巻き戻して見たり、結果的にインプットになっているのかもしれないです。

WOWOWオリジナルドラマ「竹内涼真の撮休」は、11月6日(金)よりWOWOWプライムにてスタート
WOWOWオリジナルドラマ「竹内涼真の撮休」は、11月6日(金)よりWOWOWプライムにてスタート
元記事で読む
の記事をもっとみる