1. トップ
  2. スキンケア
  3. なんとかしたい! 気になる目元の小じわ対策、3つのステップ

なんとかしたい! 気になる目元の小じわ対策、3つのステップ

  • 2015.5.22
  • 2641 views

疲れているときに発生しがちな目元の小じわ。夕方頃になってくるとその小じわにしっかりとファンデーションが入り込み、より悲壮感の漂う顔を演出してしまいますよね。この小じわ、しっかりと普段から対策をしておかないと、ちょっとやそっとクリームを塗ったからといって次の日にはふっくら元通り! なんて具合にはいかなくなるんです……。

そうならなる前に、目元の小じわを普段から作らないようにするための小じわ対策、3つのステップをご紹介します。

ステップ1 保湿する

皮膚の薄い目元は他の部分よりも乾燥に敏感! 乾燥しやすい冬の時期はもちろんのこと、クーラーなどで室内が乾燥している夏にもたっぷりと顔全体を保湿しておくことが大切です。目元は特にクリームを2度塗りするくらいが◎。目元専用のアイクリームを使ってもOKですし、顔用のクリームを少し多めに塗るという方法でも効果があるようです。

ただ、目元をしっかりと保湿していると、下まつげのマスカラが落ちやすくなってパンダ目になってしまうことも。目元の集中ケアを行っている場合は、下まつげのマスカラを避けるかトップコートを塗るなどの対策を行った方がよいでしょう。

ステップ2 水分をしっかりとる

保湿クリームをしっかり塗っていても、顔以外からどんどん水分は抜けていきます。一日のうちにしっかりと水分をとっていないと、顔に回される水分量が減ってしまい小じわが発生することに。日中に水分を定期的にとることはもちろんですが、夜寝ている間にもたくさんの水分が体から出ていってしまっています。そのため、朝起きたときにもコップ1杯分の水分補給が必要! この水分補給を行うか行わないかで化粧のりも変わってきます。

ステップ3 目元を温める

目元に小じわやクマができる原因の1つにあげられるのが血行不良。パソコンを見続けたりした目はかなり疲れていて、目の周りも疲労困憊状態なんです。そこで温かいお風呂に入って、肩こりをほぐすような感覚で目元を温めるケアをしてみましょう。お風呂に入りながらかたく絞ったタオルを目の上にのせてじっとするのもよし、電子レンジで温めた濡れタオルを使うのもいいでしょう。でも一番簡単なのはドラッグストアなどで販売されている『蒸気でホットアイマスク』(http://www.kao.co.jp/megrhythm/eye/products/)です。スキンケアを完璧に終えた後、ベッドに入りながらこのマスクを着けてそのまま眠りについてしまってもいいし、目を温めた後に再度クリームを塗って寝ても◎!

目元の小じわは普段からケアしておかないとどんどん深く刻まれてしまい、実年齢よりも5歳ほど年をとっているように思われたりすることも。この3つのステップでふんわり目元をキープしましょう。