1. トップ
  2. 恋愛
  3. ジュード・ロウが、パオロ・ソレンティーノ監督が手掛けるTVシリーズでローマ教皇を演じる!

ジュード・ロウが、パオロ・ソレンティーノ監督が手掛けるTVシリーズでローマ教皇を演じる!

  • 2015.5.21
  • 815 views

アカデミー賞外国語映画賞をはじめ数々の賞に輝いた映画『グレート・ビューティー/追憶のローマ』などで知られる、イタリア人監督パオロ・ソレンティーノ初のTVシリーズで、ジュード・ロウ(『コールド マウンテン』)が主人公のローマ教皇を演じることがわかった。

undefined

【関連記事】おイタがすぎるローマ教皇?『The Borgias』はスリルとロマンス、陰謀とエロに満ち満ちた、あぶない欧米版大河ドラマ!

英Digital Spyによると、このドラマのタイトルは『The Young Pope』。ジュードは、レニー・ベナルドという架空の司教で、後にカトリック教会の長い歴史上初となるイタリア系アメリカ人教皇を演じるという。

レニーは、弱者や貧困に苦しむ人々に常に思いやりの精神を持つ司教。彼は世の中に無関心で腐敗しながらも強硬な権力を持つバチカン市国で、孤軍奮闘し改革の風を吹き込む。その後、ローマ教皇ピウス13世となり、神に見放されたような恐怖に直面しつつも、カトリック教の世界感を守りぬく試練と運命を受け入れる、というストーリーだ。

『The Young Pope』 は、伊Sky局と仏Canal+局、そして米HBO局により、3ヶ国共同で制作され、全8エピソードすべてソレンティーノ監督がメガホンを取る。今夏よりイタリアで撮影が開始、2016年の初旬まで、アメリカやアフリカ、プエルトリコなどで撮影を行うという。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジュード・ロウ
(C)Richard Buxo/www.HollywoodNewsWire.net