1. トップ
  2. スキンケア
  3. 日に焼けてしまった手のひらのおうちケア方法【ハンドケア/ネイルケア】

日に焼けてしまった手のひらのおうちケア方法【ハンドケア/ネイルケア】

  • 2015.5.21
  • 1293 views

「なんだか私の手の甲、黒い?」洋服で隠れない場所のため、洗濯物を干したり、運転や通勤電車などで、知らぬ間に貯まってしまう手の甲の日焼け具合。

美しい手をキープするために!

【イットネイル】「なんだか私の手の甲、黒い?」

洋服で隠れない場所のため、洗濯物を干したり、運転や通勤電車などで、知らぬ間に貯まってしまう手の甲の日焼け具合。

日に焼けてしまった後、少しでもリカバリーできるようにアフターケアをして、黒さがシミなどになってしまう前にレスキューしましょう。

まず、日に焼けてしまったあとは、ヒリヒリ感がなければ一番即効性が高いのがスクラブケア。

ハンドケア専用じゃなくても、洗い流すタイプのフェイス用スクラブパックや洗顔料を使ってもOK。これで表面のくすみを取り除きます。

顔に使う規定の量の半量程度を指先にとり、痛みを感じない程度でくるくると円を描くように、手の甲全体にスクラブパックをなじませます。

その後、ぬるま湯でしっかり洗い流します。手を乾燥させないように熱いお湯は避けてくださいね。

その後は、市販のコットンに美白効果のある化粧水を浸し、片手で2枚使ってコットンパックします。

コットンではなく100円ショップなどで売っているフェイスパック用のシート(美容成分などが入っていないシート本体)を使って、手のひら全体をくるんでもいいでしょう。

5~10分程度放置したらコットンを外し、両手を合わせるように化粧水をなじませます。

次に、10円玉程度の量の乳液を手に取り、さらに両手になじませます。ここでくすみ取りと保湿は完了です。

最後に、美白成分の入った油分の含まれたクリームで手のひら全体を塗りこみます。

この油分が肌全体をコーティングしてくれるので、油分の入ったものを使うのがお勧めです。

ただ、ケア後すぐに手を使った作業をするなど、ベタつきが気になるときは、油分が入ってないサラッとしたタイプでも大丈夫です。

さらにしっかりケアしたい場合は…

さらにしっかりケアしたい場合は、クリームを多めに塗って綿の白手袋(作業用としてホームセンターやバラエティショップで売っています)をはめて1時間程度放置すると、成分がしっかり行き渡るので1回のケアの効果が高まります。

日焼けしてしまっても早めにケアすることで色素の沈着などを回避することができます。普段の予防ケアと、アフターケアで美しい手をキープしましょう♪

Itnail編集部