1. トップ
  2. 「トッカイ〜不良債権特別回収部〜」新キャストに仲村トオル、桜井ユキ、中村ゆりら決定 ポスタービジュアルも公開

「トッカイ〜不良債権特別回収部〜」新キャストに仲村トオル、桜井ユキ、中村ゆりら決定 ポスタービジュアルも公開

  • 2020.11.3
  • 928 views

2021年1月17日(日)よりスタートする「連続ドラマW トッカイ 〜不良債権特別回収部〜」(WOWOWプライム)。ノンフィクション作家・清武英利による原作小説をドラマ化した社会派大作である本作の、ポスタービジュアルと新たなキャスト陣が発表された。

【写真を見る】伊藤英明演じる柴崎を明るく支え続ける妻・麻子役の中村ゆりら、実力派キャストが勢ぞろい!

2021年1月17日(日)スタート「連続ドラマW トッカイ 〜不良債権特別回収部〜」のポスタービジュアルが公開!
2021年1月17日(日)スタート「連続ドラマW トッカイ 〜不良債権特別回収部〜」のポスタービジュアルが公開!

「連続ドラマW しんがり〜山一證券最後の聖戦〜」(2015年)、「連続ドラマW 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」(2017年)に続いて、清武によるノンフィクション作品の映像化第3弾となる本作。

経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権取り立てを目的に、バブル経済崩壊後の1996年に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構(のちの整理回収機構)」を舞台に、悪質債務者への取り立てを任務とする不良債権特別回収部(通称:トッカイ)の面々が、6兆7800億円という巨額の不良債権を回収するため奮闘する姿を描いていく。

トッカイの精鋭たちには、熱い理想と怒りを持ってチームの指揮を執る主人公・柴崎朗の伊藤英明はじめ多彩な顔ぶれが集結。最若手ながら明るく前向きに回収に取り組む葉山将人役に中山優馬、チームの紅一点であり、女性が働きにくい時代に仕事に情熱を注ぐ多村玲に広末涼子。

大手銀行マン出身ゆえのプライドの高さで柴崎たちと対立する塚野智彦役を萩原聖人、チームにおける銀行出向組と旧住専組の潤滑油的存在の岩永寿志を矢島健一、社会的弱者のために常に権力と闘ってきたカリスマ弁護士でもある住宅金融債権管理機構の社長・東坊平蔵役を橋爪功が演じる。

そして今回、トッカイの精鋭たちが長きにわたる闘いを繰り広げる悪質債務者たちと、物語を彩るキーマンを演じる豪華キャストが明らかになった。

悪質債務者演じる豪華キャストとのスリリングなバトルに期待!

【写真を見る】伊藤英明演じる柴崎を明るく支え続ける妻・麻子役の中村ゆりら、実力派キャストが勢ぞろい!
【写真を見る】伊藤英明演じる柴崎を明るく支え続ける妻・麻子役の中村ゆりら、実力派キャストが勢ぞろい!

狡猾な“京都の怪商”とも言われ、権力者との頭脳戦に勝つことに快感を覚える仁科真喜生役に仲村トオル。金と女に強欲で、関西の花街を買い占めてピーク時には1兆円の融資を受けていた“ナニワの不動産王”の金丸岳雄役にはイッセー尾形が決定。トッカイの面々と闘いを繰り広げていく。

また、柴崎が憧れる大学の先輩で、紀州銀行副頭取・古賀幸秀役に緒形直人、時代の変遷を客観視しながら問いかけるニュース番組のアンカーウーマン・高坂幹恵役に桜井ユキ、重責を担う柴崎をそっと見守りながら明るく支え続ける妻・麻子役に中村ゆり、金融業界を操る大蔵省銀行局長・二階堂頼明役に佐野史郎が豪華競演。

さらに、金丸の腹心・安藤隆弘役に三浦誠己、いわく付きの悪質債務者との対峙に協力する刑事・武内昇役に松角洋平、預金保険機構にいる弁護士で、財産調査などトッカイチームと連携する西岡淳二に吉沢悠、仁科のビジネスパートナーであるミステリアスな女性に太田莉菜。

住管機構の常務の周藤涼平役に篠井英介、柴崎の出向元であおば銀行の頭取・袴田敏夫役に渡辺裕之、柴崎に出向を言い渡すあおば銀行の人事部専務に田中健、内閣官房長官の不破誠三役に団時朗といった、実力派キャストが一挙に発表。彼らが物語にどう関わっていくのか注目だ。

併せて公開となった本作のポスタービジュアルは、伊藤英明演じる柴崎らトッカイチームの精鋭たちが前を見据えながら歩く躍動感あるデザインに。これから待ち受ける巨悪に挑む“名もなき精鋭たち”の雄姿をぜひ見届けよう。また、特設サイトでは特報映像の第2弾も公開中。社会不安に包まれた今こそ響くメッセージは一見の価値ありだ。

元記事で読む