1. トップ
  2. 大竹しのぶ“言葉の力”を使って人を操れる事務員に!「世にも奇妙な物語」11年ぶり3度目の主演

大竹しのぶ“言葉の力”を使って人を操れる事務員に!「世にも奇妙な物語」11年ぶり3度目の主演

  • 2020.11.3
  • 484 views
【写真を見る】「世にも奇妙な物語」初出演の成海璃子が大竹しのぶと共演 (C)フジテレビ
【写真を見る】「世にも奇妙な物語」初出演の成海璃子が大竹しのぶと共演 (C)フジテレビ

【写真を見る】「世にも奇妙な物語」初出演の成海璃子が大竹しのぶと共演

「世にも奇妙な物語 '20秋の特別編」(11月14日[土]夜9:00-11:10、フジテレビ系)で、3度目の主演を務める大竹しのぶが、“言葉の力”を使って人を操ることができる能力の持ち主を演じる。

広瀬すず、濱田岳、高橋克実、大竹の4人が主演を務め、4つのオムニバスストーリーで構成される秋の特別編。

「タテモトマサコ」で大竹が演じるのは、主人公・館本雅子。シンワ文具の総務部で働く、一見ごく普通の事務員だが、“言葉の力”を使って人を操ることができる不思議な能力を持っている。

しかし、その力を私利私欲を満たすために使ってしまうという、さながら現代版の魔女のような、怖くて少し悲しい女性。大竹は、そんな雅子を個性的かつ恐ろしく演じる。

そして、大竹の脇を固めるメンバーは、雅子の同僚部員・志倉楓を「世にも奇妙な物語」初出演の成海璃子、総務部の部長・飯田を小松和重、楓の恋人で同じ会社の営業部につとめる近藤雅也を佐伯大地、そして近藤の後輩・笠原紗英を森高愛が演じる。

楓は交際している近藤からプロポーズされるが、その翌日、近藤がビルから飛び降りてしまう。そんな驚きの展開で物語はスタート。自殺だとうわさされるが、前日にプロポーズされたばかりの楓は到底信じることができない。

一人涙にあけくれていると、そこに近藤の後輩の紗英がやってくる。紗英も“近藤は自殺だと思わない”と言い、近藤が飛び降りた日の夕方、総務部員の雅子ともめているのを見たという。

その夜、仕事終わりの雅子を待ち伏せした楓は、近藤と何があったのか詰め寄るが、雅子は一言も話さず無言で立ち去ろうとする――。

「世にも奇妙な物語」でも扱われることが多い、「人の欲」がテーマとなっている本作。その欲が奇妙な出来事と掛け合わされた時、予想を越えた恐怖の終末を迎えることとなる。

「タテモトマサコ」に出演する大竹しのぶ (C)フジテレビ
「タテモトマサコ」に出演する大竹しのぶ (C)フジテレビ

大竹しのぶコメント

――今回「世にも奇妙な物語」への出演が決まった感想は?

前回出演してから11年たっていたことに、まずは驚きました。独特の世界観のあるドラマに出演できてうれしいです。

――脚本を読まれた時の感想は?

まず、この奇妙な力を持つ雅子に心引かれ、演じたいと思いました。

――タテモトマサコのような女性をどう思いますか?

人に理解できない「力」を持つということは、とても孤独でかわいそうだなと思いました。

――現代の科学では説明できない現象などは信じますか?

はい、信じます。でも、もしかしたら全てのことが、科学的に実証されるのではないかなとも思います。

――読者へメッセージをお願いします。

この不思議で少々恐いストーリーですが、ドキドキしながら見てもらえたらうれしいです。

編成企画・渡辺恒也氏(フジテレビ編成部)コメント

“言葉の力”を使って人を思うままに操ることができるという、ある意味「世にも奇妙な物語」30年の歴史の中でも最強の超能力系主人公・タテモトマサコ。

大竹しのぶさんの真骨頂とも言える迫力やすごみと怪しさが同居した、非常にインパクトのあるキャラクターとなりました。力を持つがゆえに孤独に生きざるを得ない魔女を、余人を持って代えがたい演技力で演じ切っていただきました。

そして、その“強敵”タテモトマサコに立ち向かうことになる、成海璃子さん演じる志倉楓。楓が自分の人生を懸けて、タテモトマサコに仕掛けた大勝負とは!? ラストには余韻の残る展開が待ち構えています。お楽しみに!

元記事で読む