1. トップ
  2. 恋愛
  3. あなたは大丈夫?スマホ依存者を襲う恐ろしい症状に注意!

あなたは大丈夫?スマホ依存者を襲う恐ろしい症状に注意!

  • 2015.5.20
  • 21346 views

「スマホを忘れた日はなんだかそわそわしちゃう」「スマホが鳴っていないのに、鳴った気がしちゃう」……そんな経験をしたことはありませんか?

それって実は「スマホ依存」かも。スマホを持っている15歳~59歳の男女に調査したところ、なんとスマホ依存を自覚している人は約8割。特に20代は4割の人が「かなり依存している」と答えていることが判明。なかにはスマホ依存から発症する恐ろしい症状に悩んでいる人もいるとか!

そこで今回はあなたのスマホ依存度をチェック! スマホ依存がもたらす症状についても調べてみました。

まずはあなたのスマホ依存度をチェックしてみましょう!

【スマホ依存度チェック】

当てはまる項目はいくつありますか?

□ 朝起きてから夜寝るまでスマホを手放さない□ スマホを忘れると気になって仕方ない□ 仕事中、デート中……どんなときでもスマホチェックは欠かさない□ 返信は早いほうだ□ 便利なアプリを5つ以上使っている□ LINE、Facebook、TwitterなどのSNSの更新をスマホでしている□ 1日3回以上、SNSをチェックしている□ 気になったことはなんでもすぐに検索をする□ スマホを使いすぎて目が疲れたり、肩がこったことがある□ 空き時間があると必ずスマホチェックをしてしまう□ 朝フル充電しても1日充電がもたない□ 充電器やバッテリーの予備を持ち歩いている

★当てはまる項目が0~2個 → スマホ依存度10%以下★当てはまる項目が3~5個 → スマホ依存度30%★当てはまる項目が6~8個 → スマホ依存度50%★当てはまる項目が9~10個 → スマホ依存度80%★当てはまる項目が11~12個 → スマホ依存度95%以上

ちなみに朝起きてから夜ベッドの中にまでスマホを持ち込む重度のスマホ依存の私、見事に「スマホ依存度は95%以上」でした。ではみんなの依存度はどうなのでしょう?

MMD研究所がスマホを所有する15歳~59歳の男女562人を対象に調査した結果、「かなり依存している」という人は28.5%、「やや依存している」の52.0%と合わせると80.5%の人がスマホに依存していると回答。年代別で見てみると「かなり依存している」「やや依存している」を合わせた割合が、50代未満はすべて8割以上という結果に。特に20代はかなり依存している人が多いことがわかりました。

続いて1日の利用頻度について調べてみると、もっとも多かった項目が「帰宅してからベッドに入る前まで」で、「よく利用する」「たまに利用する」を合わせると9割以上という結果に。ついで「ベッドに入ってから寝るまで」が半数以上、こちらも「たまに利用する」人を合わせると約8割もいることがわかりました。

 

◆スマートフォンを「よく利用する」時間帯ランキング◆

※( )内は「たまに利用する」を足した割合

1位 帰宅してからベッドに入る前まで 70.8%(91.1%)

2位 ベッドに入ってから寝るまで51.2%(76.3%)

3位 朝起きてから家を出るまで38.3%(65.9%)

4位 職場もしくは学校の休憩時間33.8%(68.3%)

5位 終業後もしくは放課後帰宅まで 28.3%(55.2%)

いまやスマホは連絡手段としてだけでなく、調べもの、買い物、SNSなどなんでもできる時代。使いこなせばより充実した毎日が送れるものです。

でも一方でちょっとした「目の疲れ」「肩こり」「指の痛み」などさまざまな症状に悩む人が増加しているのも事実。

最近では「テキストサム損傷」というスマホ独自の症状を訴える人も増えてきているようです。長時間スマホを支え続けることで指が変形してしまう「テキストサム損傷」、一度なるとなかなか治らないことから、とっても恐ろしい症状なのだとか。

ちなみに今回の調査では、ふたりにひとりがこの症状を知っていて、実際になったことがある人は5%でした。

とても便利なスマホですが、体調を崩しては意味がありませんよね。依存しているな~と感じている人は、たまにはデジタル機器から離れて「デジタルデトックス」をするといいかもしれません。

私も視力低下、肩こりの悪化が気になってきたので、そろそろデトックスしなくちゃ!(いしかわちえ)

情報提供元:MMD研究所