1. トップ
  2. ファッション
  3. 秘湯として知られる青森・蔦温泉で「星浴」と「乗馬」の旅

秘湯として知られる青森・蔦温泉で「星浴」と「乗馬」の旅

  • 2020.11.1
  • 5631 views

まるで南国のような、神秘的な夜空を浴びる「秘湯 蔦温泉」|青森

きっかけは一枚の写真でした。

森の樹々がフレームのように影となり、暗い、いえ、この場合は昏いと書くのがぴったり来る夜空。そして、おびただしい星。ところどころに白い絵の具を垂らしたかのような天の川もはっきりと見えています。

絶景_1,国内旅行_1,旅行
青森 蔦温泉で撮影された、満天の星空と天の川。

「これどこ?ハワイ?」

私は星がきれいに見えるのはどこか南国の島だと思い込んでいたのでしょうか。この写真を撮影した旧知のフォトグラファーに尋ねてみますと、意外な答えが返ってきました。

「青森だよ。蔦温泉。今度一緒に行かない?」

こんな神秘的な夜空を日本で見上げることができるとは。楽しいこと、未知なこと、おいしいものに目のない私、すぐに蔦温泉へ向かいました。

蔦温泉ってどんなところ?

ツタオンセン……ご存知でしょうか? 青森県にあり、十和田湖、奥入瀬渓流や、八甲田山を近くに臨む、谷あいの小さな温泉宿です。私はこどものころ、父の仕事の都合で弘前に住んでいたことがあり、酸ヶ湯(男女混浴で有名な温泉)や奥入瀬には馴染み深いのですが、この蔦温泉は初めて。

聞けば平安時代にはすでに湯治小屋があったという、由緒深い温泉なのだそうです。

国内旅行_2,旅行,温泉_1,温泉
「蔦温泉旅館」が建ったのは1909年。ということは今年で創業111年! いやはや、歴史ある旅館です。
星浴と闇歩きがいよいよスタート!

冒頭の夜空が見えるのは、この「蔦温泉旅館」が集合場所となっている「星浴と闇歩き」のツアー。夜8時、ネイチャーガイドのシュウヘイさんとチュウヘイさんがお迎えにきてくれてツアーがスタート……するはずだったのですが、あれ、星が出てない⁉

「今夜は曇りだから星が出てないなぁ」

ズコッ(死語)。ここまで来て星がひとつも見えないとは……ショックでしたが、気を取り直して歩き始めます。歩きやすいスニーカーと防寒のためダウンやニットキャップ、懐中電灯やヘッドライトで「武装」して、目指すは夜の森。

国内旅行_3,旅行
ブナと楢が繁る森を懐中電灯を頼りに進みます。

最初は足元を照らしながら歩いていましたが、そのうちにガイドのシュウヘイさんが「灯り、消してみましょうか」と提案。イチニのサンで消灯しました。

……闇。

国内旅行_4,旅行
夜は鳥も休むのか、生き物の気配がしない静かな森。

いま私はどこにいるんだろう。自分の手すら見えません。

上下左右の感覚も失われ、闇の中にぽっかりと浮いているような気分。東京に暮らしているとこんな闇は経験することができないから、無性にワクワクしてきました。

暗闇で私の五感も拡張されるのか、いままで気づかなかったことにも気づきます。例えば、樹々の香り。

ブナ林はちょっと甘い香り、ナラの林はスパイシーな香りがしますが、これはそれぞれの樹液のおかげなのかしら。カサリカサリ……前を行くガイドのチュウヘイさんの落ち葉を踏む音を手がかりに、私も一歩一歩進んでいきます。

国内旅行_5,旅行
発光するツキヨタケ。毒キノコです。

「あ、ツキヨタケ」

シュウヘイさんが指さす(見えてませんが)先には、ぼんやりと光を放つキノコが生えていました。キノコのなかにはこのように発光成分をもつものがあるのだそうです。まるでジブリの世界。

国内旅行_6,旅行
ホコリタケの胞子を吸い込むと肺にキノコが生えるのだとか。ホント?

ほかにもユニークだったのは、このホコリタケ。アタマの穴から胞子を噴出する仕組みをもっています。キノコの世界、奥深いわぁ。

と、闇の森を堪能しながら歩いていたら、この日の目的地に到着しました。紅葉の名所としても名高い「蔦沼」が星浴の場所なのでした。

国内旅行_7,旅行,絶景_2
野鳥保護地域に指定され、バードウォッチングも楽しめる蔦沼。

ああ、でも残念。星はひとつも出ていません。文字通りの闇夜です。せっかくなので持参してもらったヨガマットに横たわり、空を見上げてみます。

目を閉じても開けてもさほど変わりないほどの闇。

木の葉がカサリともいわない静寂。

ゆっくり息を吐きだしていたら、体がすっと地面に沈んでいくような感覚を得ました。ヨガやスピリチュアルの世界でいうグラウンディングってこんな感じなのかなぁ。

ちなみに、この日、星が見えていたらこんな感じだったそうです。

国内旅行_8,旅行,絶景_3
ある日の蔦沼。

もちろん満天の星が見えていたら感激したことでしょう。でも私は何も見えない漆黒の空も好きでした。負け惜しみじゃないですよ。

「星浴と闇歩き」詳細
  • 星浴と闇歩き
  • 集合・解散場所/蔦温泉旅館
  • 開催期間/2020年10月1日(木)〜11月22日(日)※2021年もGW前より開催予定。
  • 開催時間/20:00〜21:00
  • 定員/最小1名〜最大10名程度 ※先着順
  • 料金/¥4,500、プライベートツアー¥12,500~(税抜)※保険込、ホットドリンク付き
  • ※天体望遠鏡、双眼鏡、ブランケット、トーチ、ヘッドランプ等は用意されています。
  • ※新型コロナウィルス感染予防対策を実施しますが、状況に応じてマスクの着用をお願いします。
  • 企画/Deneb株式会社
  • TEL:0176-74-2311

この日はさほど寒くなかったものの、長時間外にいたらやはり体が冷えました。温泉でしっかり身体をあたため、翌日にそなえましょう。

青森の秘湯として知られる蔦温泉は、源泉の上に浴槽が設えられているので、かけ流しというより「湧き流し」。水風呂と温泉を往来して、体がすっかり「整い」ました。

国内旅行_9,旅行,温泉_2,温泉
源泉の上に浴槽があり、温泉が湧き出る蔦温泉。
問い合わせ先
  • 蔦温泉旅館 TEL:0176-74-2311(7:00〜22:00)
馬でポコポコ、八甲田を行く

翌朝。宿でおいしい朝食をいただいたら、今回の旅のもうひとつのお楽しみのため八甲田山へ出かけました。

ここでTIPS(プチネタ)なのですが、八甲田山とはどこかひとつの山の名前ではなく、青森南部にそびえるいくつもの火山系の総称なのだとか。

私にとっては高倉健が雪まみれになりながら行軍する(年齢がバレますね)コワい山のイメージでしたが、実際はなだらかな丘や山が連なるおだやかな様子の山々なのでした。

国内旅行_10,旅行
八甲田山ホースレジャーランドで月子ちゃん(左)

こちら、「八甲田山ホースレジャーランド」は初心者でもホーストレッキングが楽しめる場所。馬場で簡単なレクチャーを受けたのち、ブナ林やススキの野原をのんびりお散歩することができます。

私が乗せていただいたのは月毛(淡い黄色~クリーム色の毛)和種の馬、月子ちゃん。おだやかで従順なよい子でした。ありがとう、月子ちゃん。

国内旅行_11,旅行
馬で林の中を駆ける(気分だけ。実際はポコポコ歩く)のは最高!
問い合わせ先
  • 八甲田山ホースレジャーランド
  • ※オーダートラベルのご相談はDeneb株式会社まで。

コロナ禍にあり、なかなか海外へ出かけられない状況が続いていますが、日本にもまだまだ魅力が隠されています。Precious.jpでは、これから私のSomething Preciousをお伝えできたらと思っています。

元記事で読む