1. トップ
  2. おでかけ
  3. 【名画になった猫たち】石ノ森萬画館「CAT ART展」が期待以上に楽しかった♪

【名画になった猫たち】石ノ森萬画館「CAT ART展」が期待以上に楽しかった♪

  • 2020.11.1
  • 3785 views

はじめまして。地域特派員の もふり です。 読んでいただいた皆さんに「行ってみたいなぁ」って思っていただけるレポートをお届けしていきたいと思っています。

初レポートは石巻市にある石ノ森萬画館の企画展「CAT ART展 ~シュー・ヤマモトの世界~」

石ノ森萬画館といえば、宮城県出身の漫画家・石ノ森章太郎さんの記念館(マンガミュージアム)で、『仮面ライダー』『がんばれ‼ロボコン』『サイボーグ009』といった石ノ森作品の原画などが展示されていますが、現在企画展示室では【名画になった猫たち】と題して、猫ちゃんたちのかわいらしくて面白そうな絵の展示をやっています。

しかも館内にあるカフェでは、限定コラボメニューが食べられるということで、わたくし15年ぶり?!に石ノ森萬画館へ出かけてきました。

IMG_5732
出典:リビング仙台Web
駐車場は、かわまち立体駐車場が便利!

石ノ森萬画館へは仙台からだと車で1時間くらい。駐車場は、石巻市街地の指定駐車場に停めるか「石巻市かわまち立体駐車場」に停めるように案内されます。

IMG_5722
出典:リビング仙台Web

かわまち立体駐車場は石ノ森萬画館の対岸、「いしのまき元気いちば」の目の前にあります。結構大きな駐車場で215台収容可。2時間まで無料だそうですし、萬画館まで徒歩3分ほどで行けるのでここがおすすめです。 萬画館への行き帰りに、元気いちばや周辺の石巻の観光スポットへ寄るにも便利そうです♪

IMG_5734
出典:リビング仙台Web

石ノ森萬画館に到着です! 独特な外観ですが、デザインは石ノ森先生の原案をもとに建設されたそうで「宇宙船」をイメージしているのだそう。

IMG_5741
出典:リビング仙台Web

入口前には「トライドロン」が! 竹内涼真さん主演の『仮面ライダードライブ』に登場する車が展示されていました。実際に撮影で使われていたものだそうです。これだけでもテンション上がる人、多いんじゃないかなぁ。

でも今回の目的は、猫ちゃんなんです!!(もちろん、石ノ森先生関連の展示も観覧し、とっても面白かったです!!)

ランチは「CAT ART展」限定コラボメニュー

さっそく猫ちゃんたちのかわいい絵を観たいところでしたが、13時を過ぎてたこともあり、まずは腹ごしらえをしに3階へ

IMG_5754
出典:リビング仙台Web

展望喫茶「BLUE ZONE」です。先に食券を買うシステムです。 入口で歴代の仮面ライダーたちがお出迎えしてくれてました(笑)

メニューはたくさんありましたが、今日は行く前から食べるものを決めてました!

IMG_5773
出典:リビング仙台Web

私は ボロニャ~ゼ ¥980

IMG_5774
出典:リビング仙台Web

ディニャボロ風メロンソーダ ¥550

IMG_5766
出典:リビング仙台Web

旦那さんは いにゃり寿司&温かいそばセット ¥850

そう。旦那さんも巻き込んで、有無を言わせず「展覧会限定コラボメニュー」です(笑) でもインスタ映えのためだけのかわいいだけのメニューかと思いきや、これがどちらもおいしかったんです!!

パスタのボロネーゼ(ボロニャ~ゼ)ソースは濃厚でなかなか本格的な味だし、お蕎麦も熱々で身体が温まりました。お稲荷さんが猫の顔になってるのもかわいすぎます♡

IMG_5769
出典:リビング仙台Web

しかもこちらの3つのコラボメニュ―には、こーんなかわいいCAT ART ブロマイドが付いてきます。もちろん NOT FOR SALE(非売品)です。こういうのも嬉しいですよね。

IMG_5759
出典:リビング仙台Web

展望喫茶というだけあって、窓からは石巻の日和山公園方面や北上川、海側の大きな橋が見えるし、とっても眺めが良いです。

私たちが食べていると続々とお客さんが来て、あっという間に満席になりました。

メニューは、他にも食べてみたい楽しそうなものがいっぱい。「サイボーグ009ソフト」や「キレンジャーの大好物 カレーライス」なんてのもありました。ゴレンジャーの中のカレー大好きなキレンジャー・・・。私世代には懐かしすぎます。「石ノ森先生の思い出の味 チキラーセット」ってのも興味深かったなぁ。

石ノ森萬画館にまた行くことがあったら、その時もここで食べるのも良いなと思いました。

あの世界の名画が猫の絵に?!

ではでは「CAT ART展 ~シュー・ヤマモトの世界~」いよいよ鑑賞してまいりましょう。

IMG_5795
出典:リビング仙台Web

展示室に一歩入った瞬間から楽しそうな猫の絵がいっぱい見えてきて、くすっと笑えます。

IMG_5805
出典:リビング仙台Web

絵画なんて全然詳しくない私でも一度はどこかで観たことがある名画の数々が、ぜーーーんぶ猫バージョンで描かれていて、どれもこれも面白くてじっくり見入ってしまいました。 私、普段美術館に行ってもこんなに時間をかけて鑑賞したことありません(笑)

「古代・中世」「ニャネッサンス」「バロック」「ニャオクラシック/ロマン主義」「写実主義」「印象派」「日本の美術」に分かれて展示してあります。ところどころ、猫語になってるのも面白くて、こういうの大好きです。

IMG_5802
出典:リビング仙台Web

『モニャ・リザ』 レオナルド・ニャ・ヴィンチ

IMG_5815
出典:リビング仙台Web

『またたび拾い』 ジャン=フランソワ・ファミー

IMG_5827
出典:リビング仙台Web

『叫び』 エドワード・ニャンク

IMG_5834
出典:リビング仙台Web

『麗子猫像』猫田 劉生

IMG_5842
出典:リビング仙台Web

『猫街道三拾三次』歌川猫重

私が特に気に入った作品を載せてみました。

にゃんこたちの画を観るだけで笑顔になれるんですけど、解説を読むともっと面白くて。 ちなみにこれらの解説は「猫美術評論家」によるものなんだそうです。(とにかく全部がちょこっとふざけてて、いちいちツッコミを入れたくなる楽し~い解説なのです)

IMG_5918
出典:リビング仙台Web

鑑賞後、解説をもっとちゃんと読みたいと思い、1階のショップで本まで買ってしまいました。ついでに、石ノ森萬画館会場限定書き下ろしの『サイボーグゼロゼロニャイン』のクリアファイルと、やはりここの限定販売だというサイボーグ009印のお醤油などを買い、大満足で帰ってきました。

「CAT ART展 ~シュー・ヤマモトの世界~」 期待していた以上に楽しかったし、猫ちゃんたちの絵がかわいらしくてとにかく癒やされました。観たら笑顔になれること間違いなし! 太鼓判です。

こちらの企画展は11月29日(日)までだそうですので、ぜひぜひ行ってみてくださいね。

■石ノ森萬画館 住所:〒986-0823 宮城県石巻市中瀬2-7 電話番号:0225-96-5055 開館時間:9:00-18:00 (チケット販売は17:30まで) 定休日:第3火曜日 URL:https://www.mangattan.jp/manga/ 最寄り駅:JR石巻駅 駐車場:市営駐車場「石巻市かわまち立体駐車場」他、指定駐車場を利用 観覧料:大人840円、中・高校生520円、小学生210円 団体利用割引・年間パスポートあり

■展望喫茶 BLUE ZONE(ブルーゾーン) 営業時間: 10:00-17:30 (L.O.17:15)

元記事で読む