1. トップ
  2. ダイエット
  3. ジムに必ずいる、イライラさせられる人物 7タイプ!

ジムに必ずいる、イライラさせられる人物 7タイプ!

  • 2015.5.20
  • 3462 views

これから露出の多くなる時期に向けてジムに通い始めたという方、もしくは健康維持のためにジム通いを続けているという人も少なくはないでしょう。たくさんの人々が集まってくるジムには、体を鍛えるという目的以外の人や非常識な人もちらほら……。

今回はそんなジムに必ずいる、イライラさせられる人物7タイプをご紹介します。

1.ジムを出会いの場として活用している

ジムはエクササイズを行う場というのが名目であり、出会いの場なわけではないのですが、鍛えられた体フェチの人やいい男を探しにやってきている女子がいるのも事実。スーパーフルメイクで友達と一緒にやってきて、エクササイズに集中するわけでもなくおしゃべりしながらジムで時間を過ごしている人達には退去をお願いしたいところ。

2. ニオイがきつすぎる

運動をする場所なので汗をかいてしまうのは仕方のないことなのですが、その汗臭さが周りを不快な気分にさせているということをぜひ知ってもらいたいもの。香水が嫌いとかそういう問題ではなく、ニオイをおさえるためのスプレーをふるのはマナーの1つなのでは?

3.人のエクササイズの様子をじーっと見ている

感心してみているのかもしれないけど、何も話しかけずにじっと見られるとちょっと気持ち悪いと思ってしまうのが普通。

4.器具にべったりと汗を残していく

使いたかったエクササイズマシーンが空いたので使おうとしたら、前の人の汗がべったり……。そうなると仕方ないとは分かっていても「拭けよ!」と思ってしまうのが本音のはず。自分のタオルで人の汗をぬぐう気にもなれず、せっかく待っていたエクササイズマシーンを諦める羽目に。

5.仲良しグループ

友達同士で来ていたり、ジムで知り合った仲間同士なのかもしれないけれど、つるんでいて面倒臭い。別に仲間に入りたいわけではないけど、楽しそうにおしゃべりしている様子を見るとひとり仲間はずれにされたような気分になったりもしてしまいます。

6.マシーンを譲ってくれない

1つのマシーンを何分間使っていいかという決まりはジムによってあるはず。それにも関わらず、自分の肉体を見せびらかすように1時間も使い続けている筋肉マニアを見るとせっかくストレス解消に来たはずのジムでイライラマックス。

7.使っているマシーンの横で待ち伏せ

規定時間以上使っている人がようやくマシーンから去って使い始めたにも関わらず、次に使いたいという雰囲気を醸し出しながら横で待ち伏せされたときの居心地の悪さ。ちらちらと時計を見ながらまわりでうろうろされるもんなら集中もできやしない状況に。

ジムに通っている人なら確実に見たことのあるこれらの光景。しかしどれもジムサイドが関与できる問題ではなく、強靭な精神を持って自分でこの状況と戦うほかなさそうです。