1. トップ
  2. ファッション
  3. 「控え目に言って最高!」UNIQLO細見えプリーツスカート

「控え目に言って最高!」UNIQLO細見えプリーツスカート

  • 2020.10.31
  • 15500 views

ハリのある素材を使用し洗濯をしてもプリーツが取れにくい事から、お手入れが簡単!と話題を集めているのが、UNIQLOの「アコーディオンプリーツロングスカート」です。

ウエスト周辺のプリーツは細く、裾のプリーツは広めに取られている事から、ウエストはスッキリ、裾は動きとボリュームを演出する事が出来ます。

こうした工夫により、税抜2,990円という価格以上に高見えする「アコーディオンプリーツロングスカート」は大人女子必見です。

ブラックほど重くないダークグレーの「アコーディオンプリーツロングスカート」

ベージュのコットンツイルピンタックストライプシャツ、ダークグレーのアコーディオンプリーツロングスカートの上下UNIQLOコーディネート。

ポイント:赤のベルトを差し色に使ったスタイリングは、メッシュソックス×黒のバレエシューズの組み合わせがスカートからグラデーションを描くような色使いでオシャレ♡

白のラウンドヘムブラウス、ダークグレーのアコーディオンプリーツロングスカート、黒のクラッチバッグ、くすみグレーのショートブーツによるモノトーンコーディネート。

ポイント:ラウンドヘムブラウスをインせずにあえてラフさを演出した着こなしは、スカートとブーツの間から適度に肌見せする事で抜け感が高まります。

メンズのボルドーのVネックセーターにダークグレーのアコーディオンプリーツロングスカート、黒のソックス&ローファーを合わせた大人の秋コーディネート。

ポイント:Vネックだけでなく袖をまくって手首を見せる事で、シックな装いの重さを軽減してみて。

秋らしいこっくりとしたワインの「アコーディオンプリーツロングスカート」

パープルのボーダートップスにブラウンのサイドスリットベストをレイヤードし、ワインのアコーディオンプリーツロングスカートを合わせたフェミニンカジュアルコーディネート。

ポイント:バッグ&スニーカーといったカジュアルな小物は、白系でまとめて軽快さを足し算。

ブラウンのトップスにニットベストをレイヤードし、ワインのアコーディオンプリーツロングスカート、黒のバッグ&チェルシーブーツを合わせたハンサムコーディネート。

ポイント:トレンドのチェルシーブーツを取り入れたコーディネートは、オーバーサイズのトップスのレイヤードによってリラックスムード満点に仕上がります♪

オレンジのロングストライプシャツにグリーンのサイドスリットベストをレイヤードし、ワインのアコーディオンプリーツロングスカート&ショートブーツを合わせた遊び心溢れるカラフルなコーディネート。

ポイント:スカートとブーツの隙間から覗くタイツもイエローをチョイスし、たくさんの色を使ってカラフルに仕上げる事でオシャレ上級者の着こなしに。

優しく軽やかな色味のベージュの「アコーディオンプリーツロングスカート」

白のロンT&オーバーサイズVネックベスト、ベージュのアコーディオンプリーツロングスカート&スニーカー、グレーのソックスによるスポーティーMIXコーディネート。

ポイント:ロンTの袖をまくって華奢な手首を見せたレディなスタイルは、パイソン柄のバッグをアクセントに使って大人っぽく。

カットソー&アコーディオンプリーツロングスカート&ロングアウターを同系色でまとめ、ピンクのストールを差し色に使ったフェミニンコーディネート。

ポイント:黒のショートブーツで甘さを抑えつつ、黒のポンポンが付いた白のファーバッグで大人可愛く♡

黒のハイネックトップスをベージュのアコーディオンプリーツロングスカートにインし、ベージュのケーブルコクーンカーディガンを羽織ったきれいめカジュアルコーディネート。

ポイント:ハイブランドのチェーンショルダーバッグでワンランク上の着こなしに仕上げつつ、ブーツを同じ黒でリンクさせる事で全体の統一感も忘れずに。

綺麗なAラインシルエットがレディライクな「アコーディオンプリーツロングスカート」

ウエスト総ゴム仕様で、きれいめな印象ながらラクに穿く事が出来る「アコーディオンプリーツロングスカート」はいかがでしたか?

標準の着丈は78cm~82cmとなっていますが、オンラインストア限定で短めの73cm~77cmも販売されているので、身長に応じた丈感が選べるのが嬉しいですね♡

カラーによっては既にサイズ欠けが起きているので、欲しいカラー&サイズが決まったら早めにGetしましょう!

■UNIQLO「アコーディオンプリーツロングスカート」税抜2,990円

元記事で読む