1. トップ
  2. <エール>山崎育三郎“久志”、「栄冠は君に輝く」歌唱シーンは「裕一(窪田正孝)への感謝の気持ちを込めて」

<エール>山崎育三郎“久志”、「栄冠は君に輝く」歌唱シーンは「裕一(窪田正孝)への感謝の気持ちを込めて」

  • 2020.10.30
  • 4324 views
「エール」で佐藤久志を演じる山崎育三郎 撮影=阿部岳人
「エール」で佐藤久志を演じる山崎育三郎 撮影=阿部岳人

【写真を見る】“プリンス久志”としてウインクをきめた山崎育三郎

窪田正孝主演、二階堂ふみがヒロインを務める連続テレビ小説「エール」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか※土曜は月~金曜の振り返り)で、主人公・裕一(窪田)の幼なじみで歌手の佐藤久志を演じる山崎育三郎に、WEBザテレビジョンでは、インタビューを実施。“福島三羽ガラス”裕一、鉄男(中村蒼)への思いや、第20週「栄冠は君に輝く」の撮影エピソードなどを聞いた。

同ドラマは、「栄冠は君に輝く~全国高等学校野球大会の歌~」など数々の名曲を生み出してきた昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽と共に生きた夫婦の姿を描く物語。

複雑な家庭環境で育ち辛い思いもした幼少期の久志は、藤堂(森山直太朗)から「やっぱり君、いい声してるよ」と歌の才能を見出され、歌手を目指すように。音楽学校時代は、“プリンス久志”とも呼ばれ、「椿姫」の恋人役に抜擢されるなど活躍した。

しかし、卒業後4年経っても歌手としてデビューできなかったため、新人歌手オーディションに応募をし、研究生という形でコロンブスレコードと契約。その後、物語は戦争へと進み、裕一が作曲した戦時歌謡「露営の歌」や、“福島三羽ガラス”としての初の作品「暁に祈る」の歌唱を担当し、大ヒット。人気歌手の仲間入りを果たした。

第20週(10月26日~10月30日)ストーリー

「栄冠は君に輝く」を歌う久志(山崎育三郎)<第100回場面写真> (C)NHK
「栄冠は君に輝く」を歌う久志(山崎育三郎)<第100回場面写真> (C)NHK

戦争中のことを周りの人に陰口をたたかれてどう生きていいのかわからず、久志は自暴自棄の生活を続けていた。そんな中裕一は、自身が作曲した全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」を、立ち直るきっかけにしてほしいと久志に歌唱を依頼。「こんな希望にあふれた曲を歌う自分が想像できない」と吐露する久志だったが、裕一の熱い思いを受け取り、涙を流しながら甲子園のグラウンドで歌唱した。

【写真を見る】“プリンス久志”としてウインクをきめた山崎育三郎 撮影=阿部岳人
【写真を見る】“プリンス久志”としてウインクをきめた山崎育三郎 撮影=阿部岳人

山崎育三郎インタビュー

――これまで久志を演じられてきて、久志の好きなところや共感するところはどこですか?

久志はいつも女性にウインクをしているようなキャラクターですが、幼少時代、母親との辛い別れもあり、実は寂しがりやで繊細な部分もあると思っています。

藤堂先生との出会いで音楽が好きになり、歌手となる目標をもって生きることができました。僕自身幼いころは人前が苦手で、母親が心配して近所の音楽教室に連れて行ってくれたのがきっかけで音楽と出会えたので、音楽に支えられてきたという面では共通しています。

また、新型コロナウイルスの影響で舞台に立てていない現在の自分と、第20週で歌が歌えなくなってしまった久志と重なる部分があるなと演じていて思いました。

――福島三羽ガラスの友情についてお聞かせください。

久志は明るく振る舞うことで自分を保つ部分がありますが、裕一と鉄男は本来の自分を受け入れてくれる、ありのままの自分でいられる場所であると思いますし、また、作曲家・作詞家としての尊敬もあり、とても良い関係だと思います。

撮影の間も窪田くん、蒼くんと3人でいる時間が多いんですけど、普段は、蒼くんが、大人しくて柔らかい裕一っぽくて、窪田くんが男らしい鉄男っぽいんですよね。撮影が始まった途端に逆になるのが、見ていて面白いです。

――第20週でも裕一と鉄男に救われますよね。

二人がここまで久志のことを思ってくれていたのだと実感しました。ここまで本気で怒ってくれる親友はなかなかいないです。熱い思いでぶつかってきてくれました。それでも久志はなかなか心を開けず申し訳ない気持ちがありましたね。それでも「久志目を覚ませ」と何度も訪ねてきたくれたのは、涙が出るほどうれしかったはずです。

――第20週では「栄冠は君に輝く」を歌う場面が印象的でしたが、撮影エピソードなどありますか?

僕自身野球をやっていて、伊藤久男さんの歌で「栄冠は君に輝く」を聴いていたのでその役を演じられると聞いた時はうれしかったです。

作品で久志として歌う時は、裕一に対しての感謝の歌だったのではないかなと思いました。球場で目の前いる裕一に対し、今まで久志のために動いてくれていたことに対しての感謝の気持ちを歌に込めたと思います。

高校野球で流れる時は、球児たちを応援する歌として定着している「栄冠は君に輝く」ですが、もともとは、作詞された方が足を怪我して、野球の道が途絶えてしまい、自分の思いを託すために作った曲で。そのため、劇中でアカペラで歌うときは、切ないバラードのように感じました。

――久志に密かに思いを抱く藤丸(井上希美)ですが、出会った当初と現在で印象は変わりましたか?

1番苦しい時期にそばにいてくれました。始めはけむたがっていたんですけど、それでも諦めずにそばにいてくれて。彼女の優しさ、母性に居心地の良さを感じました。ダメなところも全部受け入れてくれた藤丸の前では、素の自分でいられると思います。

“プリンス”久志(山崎育三郎)と“スター”御手洗(古川雄大)の対決も<第63回場面写真> (C)NHK
“プリンス”久志(山崎育三郎)と“スター”御手洗(古川雄大)の対決も<第63回場面写真> (C)NHK

山崎育三郎「音楽は、言葉を超えて伝わる」

――第13週では、事務所の後輩の古川雄大さんとの共演もありましたが、いかがでしたか?

とても安心感がありました。そのため、第13週「スター発掘オーディション!」の撮影の際も、台本にないアドリブを交えた演技ができました。

――これまで、おでん屋、割烹着といったさまざまな衣装の久志も楽しめました。

もう何でもこい!という感じで、何が来てもすっとその世界に入っていけるのが久志です。逆にこの衣装はちょっと、、って思う衣装にも挑戦してみたいですね(笑)

――12月には、森山直太朗さんが書き下ろした新曲を出されますが、その経緯を教えてください

撮影現場で音楽の話をする機会があり、直太朗さんが「育三郎くんの曲のイメージ湧くんだよね」と言ってくださったところから始まりました。直太朗さんは、青春時代からの憧れの方なので「改めて、楽曲を書いてください」とお願いをしました。

実は9曲くらい書いてくださっていて、聞かせていただく中で「これだ!」と思った曲があり、そちらを選ばせていただきました。

その曲を聴いていると、劇中の久志と亡くなった藤堂先生が重なる部分があって。自分にとって大切な誰かを失ってしまって、前に進めない自分がいるけれど、それでも別れを受け入れて前に進んでいく。そういったところで、今回の新曲とドラマの描写が重なりました。

――最後に読者の方へのメッセージをお願いします

この作品の中で、音楽が言葉を超えて伝わるシーンがいくつもあると思います。「栄冠は君に輝く」を歌唱したシーンでは、「ありがとう」「ごめんね」という久志の気持ちが、裕一に伝わっていたと思います。

僕自身、「エール」を通じて、改めて音楽の持つ力というものを感じられました。この素晴らしさが皆さんにも届いていたらうれしいです。

●撮り下ろし写真:ヘアメイク=高橋幸一(Nestation)、スタイリング=阿部一輝

元記事で読む
の記事をもっとみる