1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『つきあう前に「リモートデート」で相手を見抜く4つのコツ』婚活アドバイザー、植草美幸(第114回)

『つきあう前に「リモートデート」で相手を見抜く4つのコツ』婚活アドバイザー、植草美幸(第114回)

  • 2020.10.29
  • 1973 views

リアルデートなしでも出会える! 見極められる!


こんにちは、結婚相談所マリーミー代表で婚活アドバイザーの植草美幸です。

これまで独身男女の出会いの場やデート先といえば、合コンやレストランでの食事デートが中心でした。しかし、新しい生活様式となり、親しい仲ならまだしも、出会いの場面でわいわい外食をするのも気が引ける……という方も多いのではないでしょうか? 職場結婚も合コンも無理、アプリでマッチングしてもリアルに会うのは、こちらも気が引ける。

そこで取り入れたいのが、自宅でオンライン通話などを通して「リモートデート」で恋愛成就する戦略です。

結婚相談所では、オンライン通話をデート代わりにしてスピード成婚している方々が少なくありません。実際にデートするよりも短いスパンで相手と向き合えますし、自宅の様子を見せ合うこともできるので、取り繕うことのない相手自身を知ることができるの。むしろ、これまで合コンに行ってもいつも上手く話せない、次のデートにつながった試しがない、お酒や食事の場が苦手という人こそ取り入れたい戦略でもあるのよ。

物理的に外部から閉ざされた2人きりの世界を作れる「リモートデート」は、婚活に様々なメリットをもたらしてくれます。周囲を遮断して向き合えたことがプラスの結果につながった実例をご紹介しましょう。

CASE
女性32歳・会社員 ♡ 男性33歳・会社員

遠距離でなかなかデートできず、毎日のようにWEB会議ツールでコンタクトを取っていたお二人。リモートデートは週1回から、2~3日に1回、ついには毎日に! 最初は緊張していたそうですが、だんだん日常になり、つなぎっぱなしで食事をしたり、お茶を飲んだりと、毎日2人きりでおしゃべりするのが当たり前になっていったのだとか。当然、仲も深まっていき、あっという間にゴールインを果たしました。

成婚後、彼に決め手をインタビューしたところ、「心が通じあっていると感じられて話しやすかった。相談内容にも共感してくれたのがうれしかった」と。彼女にも聞いてみると「転職の相談をされたときかな? 収入が少し下がるかもしれないけれど、将来性やスキルアップを考えると転職したい。それでもいい? と結婚前なのに私に相談をしてくれて。そのまま自然と結婚したらどうする? という話になった」と嬉しそうに話されました。

実際、2人は出会って1ヵ月とは思えないくらいお互いの話をしていました。彼女自身がもともと聞き上手という印象はなかったのですが、彼と過去も未来も話し合っていくうちに相手を理解し、味方になるパートナーシップというものに目覚めていったようです。

会話以外で「リモートデート」で本質を見抜く4つのコツ

さて、ひとくちに「相手と向き合う」といってもコツがあります。

自分や相手の現在から過去まで逆時系列で遡って会話をし、どんな未来を築いていきたいか、結婚したら2人でどんな暮らしをして、仕事や家事分担をどうしていくかということをあくまで楽しく向き合って話していくことが重要です。自分が話して、相手にも聞く、AND YOUの法則で話すと良いでしょう。

ちょっと話をするのに疲れてしまったときには、イベント感覚でお互いのおうちを見せ合いっこしたりするのも楽しいものですよ。実際にリモートデートをする際、どんなポイントをチェックすると相手の本質が分かるのでしょうか。

1 冷蔵庫チェックで「家事スキル」と「食の価値観」

食に関する価値観は結婚相手を選ぶ上で重要なポイント。野菜やお肉の買い置きがあれば、自炊習慣があることが分かりますし、調味料や調理器具に凝っていたら食にこだわるタイプかも。スカスカの冷蔵庫に缶ビールがあるだけ、干からびたソースやからしが転がっているような場合、料理のスキルや栄養管理は期待できません。「作ってあげる」とアピールしてもいいですし、「結婚したら一緒に料理しよう」と促してもいいでしょう。結婚してみたらガッカリ……とならないように、まずは知ることが大事。そして、相手にどんな家事スキルを求めるかを今一度考えてみましょう。

2 水まわりチェックで「清潔度」

水まわりは放っておくとヌルヌルしてカビが生えやすく、掃除の習慣がモロに出てしまいがちな場所。ずぼらタイプの一人暮らし男性は、掃除し忘れていることが多いかも。自分の中での許容範囲はどれくらいか知る機会になるかもしれません。また、想像以上にピカピカでキレイだった場合、超がつく潔癖タイプで、結婚相手にそれを求めないかどうかもチェックしたいところ。もちろん、あなたの洗面所の掃除はしっかり終わらせてから見せてもらいましょうね。

3 靴やクローゼットチェックで「お金の価値観」

クローゼットはおしゃれ度に加えて、買い物欲や浪費家度合いのバランスをうかがい知ることができる場所。女性から見ると同じような黒い服ばかり……と思っても、本人には意外なこだわりがあったりして面白いものです。男性の場合、靴を見ると分かりやすいですね。スニーカーを山ほどコレクションしていたり、臭そうな汚い運動靴が1足だけだったり、いろいろなタイプがいらっしゃいます。おすすめなのは、革靴をピカピカに磨いているタイプの質より量の倹約家。いずれにしてもお金の価値観が見え隠れする場所と言えるでしょう。

4 オンライン通話中の態度で「脈あり度」

自分が話しているとき、真剣に聞いてくれなかったら悲しいですよね。数回の会話を経て、緊張感がなくなったら早々にNGな態度をとってくる男性は、脈ナシの合図やモラハラ男かもしれません。例えば、スマホを見ている、あくびやぼんやりした表情、話の途中に話題を変えてくる……など。実際の例では、相手男性からオンライン通話中に「洗濯物を畳んでいい?」「今日はアイロンしながらでいい?」と何度も「ながら」アピールをされたことに腹を立てて、お断りした女性もいました。

タイミングや時間も重要! リモートデートの心得

最後に、オンライン通話やリモートデート中の時間やタイミングについてアドバイス。初回の通話は1時間以内で手短にが基本です。

初回が盛り上がって気が合えば、お互い「早く続きを話したい!」となり、翌日や数日後などにもっと長めに話そう、となるでしょう。逆に、会話が途切れてしまった、多忙だと言われたにもかかわらず何度も連絡しようとするのはがっついた印象を持たれてしまいます。なかなか次回の誘いが出なければ、翌週くらいに「そういえば……」と思い出したように様子をうかがってみましょう。

要件や目的をはっきりさせて誘うのも有効で、男性の仕事内容や趣味を絡めて「○○を教えてほしい」「○○を見せてほしいから」などと言ってみるのも手。「今週末」「今夜」などの急な誘いもOKですが、断られても明るく「ごめん、急だったよね! 来週はどう?」と次の予定の提案を。これはデートのお誘いと同じ作法よね。

あなたの幸せな結婚につながる、リモートデートをお祈りしています。


*個人情報保護のため、一部アレンジしています。

元記事で読む
の記事をもっとみる