1. トップ
  2. グルメ
  3. 小籠包専門店・京鼎樓の新業態「ディンズアンド」目黒に、”ちょうどいい”大人のチャイニーズダイニング

小籠包専門店・京鼎樓の新業態「ディンズアンド」目黒に、”ちょうどいい”大人のチャイニーズダイニング

  • 2020.10.28
  • 1965 views

小籠包専門店・京鼎樓の新業態「ディンズアンド」目黒に、”ちょうどいい”大人のチャイニーズダイニング

京鼎樓(ジンディンロウ)の新業態「ディンズアンド(Din's &)」が、東京・目黒駅前にオープン。

undefined
www.fashion-press.net

小籠包専門店「京鼎樓」の新業態オープン

「京鼎樓(ジンディンロウ)」は、台湾で行列のできる名店として知られる、小籠包専門店「京鼎樓」を発祥とする小籠包専門店。恵比寿に1号店をオープンすると、本格的な中華料理をおしゃれな空間で楽しめると話題になり、現在13店舗を展開するほどの人気ぶりだ。

そんな京鼎樓が姉妹ブランドとして、新業態「ディンズアンド」をスタート。“小龍包をもっと気軽に!”をキーワードに、ハイクオリティなメニューをカジュアルに提供する、大人のための"ちょうどいい”チャイニーズダイニングを目指す。

名物点心&ボリューム満点ランチ

店頭では、「定番!蒸し小籠包」「鉄板!焼き小籠包」といった、京鼎樓の流れを受け継ぐこだわりの点心をはじめ、担々麺、炒飯など、台湾や香港のエッセンスを加えたメニューを展開。

ランチは1,000円+税~で、麺+小籠包3つ付きなど、ボリューム満点なメニューが揃う。

”香港のまかない飯”「肉餅飯」

「ディンズアンド」の目玉となるのは、”香港のまかない飯”として地元で愛される「肉餅飯(よっぴんはん)」。ハンバーグと卵をのせて蒸したごはんメニューで、香りの良いたれとハンバーグの肉汁のコンビネーションが抜群だ。

ディナータイムには、北京ダックや海老のチリソースなどをアルコールと合わせて楽しむことも。食事の後のデザートにもぴったりな「マンゴープリン パイナップルケーキ付き」などのスイーツメニューも揃えている。

【詳細】

ディンズアンド 目黒店
オープン日:2020年10月26日(月)
住所:東京都品川区上大崎3-1-1 目黒セントラルスクエア1F
TEL:03-5422-6625
営業時間:ランチ 11:00〜15:30、ディナー 17:30〜23:00(L.O. FOOD 22:00/DRINK 22:30)
※金曜日のみ 23:30close。土日祝 11:30〜22:00。
<メニュー例>
■ランチ
・麺+小籠包ランチ(蒸しor焼き)1,000円+税
・麺+肉餅飯ランチ(蒸しor焼き)1,000円+税
■ディナー
・定番!蒸し小籠包 490円+税
・鉄板!焼き小籠包 490円+税
・北京ダック 2,200円+税
・海老のチリソース 780円+税
・マンゴープリン パイナップルケーキ付き 600円+税

元記事で読む
の記事をもっとみる