1. トップ
  2. 豚汁もしょうが焼きも変身!「またこれ?」と家族に言わせないアレンジレシピ5選

豚汁もしょうが焼きも変身!「またこれ?」と家族に言わせないアレンジレシピ5選

  • 2020.10.27
  • 1218 views
「豚汁つけうどん」 料理:脇雅世 撮影:野口健志
「豚汁つけうどん」 料理:脇雅世 撮影:野口健志

【画像を見る】余ったそうめんをあったかアレンジ。いつものみそ汁がメイン料理に!「みそ汁にゅうめん」

毎日台所に立っていると、同じような献立になりがちですよね。家族から「またこれ~?」と不満の声が上がり、「だったら食べなくていい!」なんてやりとりもよくあることです。いつもと違う料理で家族を喜ばせたいけどそんな気力も時間もない…。そんな時はちょっと発想を変えるだけでいつもの料理が新しい一品になるアレンジレシピがおすすめ。新たな料理に挑戦しなくても、レパートリーが広がる裏ワザです。

豚汁つけうどん

【材料・3~4人分】

ゆでうどん…3〜4玉、豚バラかたまり肉…約150g、大根…3cm、にんじん…1/3本、長ねぎ…1本、里いも…4個、糸こんにゃく…1/3袋、しょうがの薄切り…1かけ分、だし汁…4カップ、サラダ油、しょうゆ、みそ

【作り方】

1.豚肉は5mm厚さに、大根とにんじんは5mm厚さのいちょう切りに、ねぎは半分を1cm幅に、残りは薄い小口切りにする。里いもは四つ割りにする。糸こんにゃくは食べやすく切って熱湯でさっとゆで、水にとって水けをきる。

2.鍋に油大さじ1としょうがを入れて火にかけ、香りが立ったら豚肉を炒め、色が変わったら、小口切りのねぎを除く残りの1を炒める。

3.だし汁を入れて煮立て、アクを除いて約15分、弱火で煮る。しょうゆ小さじ1、みそ大さじ3を溶き入れて火を止める。

4.うどんは袋の表示時間どおりにゆで、流水でしっかり洗って水けをきり、器に盛る。碗に3を盛り、小口切りのねぎをのせ、好みで七味とうがらしをふって。

(477kcal、塩分2.4g)

定番の豚汁をうどんのつけ汁にしたユニークな一品。豚汁が余った時のアレンジレシピとしても使えそうですね。

塩肉じゃが

しょうゆを塩に変えるだけで、いつもと色味も風味も異なる肉じゃがに。あっさり味で素材のうまみがシンプルに楽しめますよ♪

【画像を見る】素材の旨みが引き立つ「塩肉じゃが」 料理:重信初江 撮影:邑口京一郎
【画像を見る】素材の旨みが引き立つ「塩肉じゃが」 料理:重信初江 撮影:邑口京一郎

チーズポークジンジャー

いつものしょうが焼きにチーズをのせれば洋風に。とろ~りとろけるチーズは子どもも喜びそうです。

「チーズポークジンジャー」 料理:新谷友里江 撮影:邑口京一郎
「チーズポークジンジャー」 料理:新谷友里江 撮影:邑口京一郎

きんぴらご飯のオムライス

市販の惣菜をごはんに混ぜて、卵で包むだけで和風オムライスの完成! 卵をとろとろに仕上げれば、ごちそう感がアップします。

「きんぴらご飯のオムライス」 料理:飛田和緒 撮影:岡本真直
「きんぴらご飯のオムライス」 料理:飛田和緒 撮影:岡本真直

牛丼風ドリア

牛丼にチーズをのせてドリア風に仕上げたアレンジレシピ。こんがり焼いたチーズが食欲をそそります。

「牛丼風ドリア」 料理:つむぎや(金子健一・マツーラユタカ) 撮影:キッチンミノル
「牛丼風ドリア」 料理:つむぎや(金子健一・マツーラユタカ) 撮影:キッチンミノル

手間をかけずにいつもと違う一皿に見せることができるアレンジレシピはヘトヘト主婦の味方! 同じような献立に飽きてきたらぜひ作ってみて下さいね。

文=齋藤久美子

元記事で読む