1. トップ
  2. 映画版「ヴィレヴァン!」超売れっ子バイプレイヤー滝藤賢一からの唯一の強い要望とは?

映画版「ヴィレヴァン!」超売れっ子バイプレイヤー滝藤賢一からの唯一の強い要望とは?

  • 2020.10.26
  • 405 views
「ヴィレヴァン!」の舞台・名古屋市出身の滝藤賢一が話す、なめらかな名古屋弁にも注目してほしい
(c)2020メ~テレ

【写真を見る】滝藤賢一演じる店長・川上の変化を追うのも、作品の楽しみ方の一つ

2019年に好評を博したドラマ「ヴィレヴァン!」の映画版「リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜」が10月23日(金)に公開、そしてテレビドラマ第2弾「ヴィレヴァン!2 〜七人のお侍編〜」(毎週月曜0:53‐1:23、メ~テレ)の放送が10月26日(月)よりスタートするなど、盛り上がりを見せている「ヴィレヴァン!」シリーズ。

「ヴィレヴァン!」は、名古屋が生んだ“遊べる本屋”「ヴィレッジヴァンガード」を舞台に、自称「空っぽ」の大学生・杉下啓三(岡山天音)とその仲間たちが過ごしたハチャメチャな日々を描く青春ドラマ。2019年5~6月にドラマ第1弾が放送されると、深夜ドラマにも関わらずサブカル通たちの間で評判を呼び、カルト的な人気を獲得した。

この映画版の中で特に強烈な個性を放っている俳優が、今ドラマ・映画に引っ張りだこの滝藤賢一だ。そんな超売れっ子の滝藤の驚きの現場エピソードが明らかになった。

ドラマに引き続き、映画版でもサブカルの申し子とでもいうべき店長・川上役を演じている滝藤だが、本作の撮影に際して一つだけ監督に強い要望があったという。それは、“全シーン、カツラかサングラスを着用したい”というものだった。

確かに意識して見返すと、なぜかギャルショップでギャル姿の店員役に挑戦しているシーンでは金髪のカツラを被り、ヴィレヴァンスタッフとの集合写真シーンではサングラスをかけている。そのほかもすべてのシーンでこの滝藤のお願いが果たされているので、どんな姿になっているか注目してほしい。

 【写真を見る】滝藤賢一演じる店長・川上の変化を追うのも、作品の楽しみ方の一つ
(c)2020メ~テレ

また、アドリブシーンもかなり多く、予告編にも登場する浮き輪をしながら「武田鉄矢〜♪」とラップをしているシーンは、ヴィレヴァンではおなじみの徹夜作業をスタッフたちにお願いする際に「徹夜徹夜」と滝藤がアドリブでラップを始めた流れで出たワードだという。

ほかにも、予告の最後のシーンに使われている、金髪ギャル姿で「でら怖え〜!」と叫ぶシーンは、すでに前のテイクで監督はO Kを出していたにもかかわらず、滝藤から「もっと大げさにやりたい」と直訴を受け撮り直したそう。

出来上がった映画には、ほかにも滝藤の無数のアドリブやこだわりが込められている。ぜひそんなことにも注目して作品を楽しんでいただきたい。(ザテレビジョン)

元記事で読む