1. トップ
  2. レシピ
  3. 頭痛、不眠などなど…よくあるトラブルに、“ヒーリング効果”のある食材で立ち向かおう!!

頭痛、不眠などなど…よくあるトラブルに、“ヒーリング効果”のある食材で立ち向かおう!!

  • 2015.5.19
  • 4782 views

毎日元気で健やかに過ごしたいのに、不調に見舞われることがしばしば。なるべくなら薬などに頼らず、自分の力で回復させたいですよね。そこで役立つのがさまざまな体のトラブルに対し“ヒーリング”効果のある食材たち。昔から“医食同源”という言葉もあるほど、食べもの自体には、体を癒し、回復させる大きな力があるのです。今回はそんな効果的な食材たちについて、まとめてみました。

なんだか憂鬱…ブルーな気分を吹き飛ばしたいとき→アボカド

気分が落ち込んで、元気が出ない……。そんなときはまずアボカドを試してみて。アボカドに含まれる必須アミノ酸のひとつトリプトファンが幸福ホルモンのセロトニンの分泌を促し、気分を明るく、前向きなものにしてくれます。この効果をさらに高めるには、オメガ3脂肪酸の豊富なサーモン(鮭)と一緒に食べるのがベスト。サンドイッチでもお寿司でもこのコンビは美味しいし、ぜったい外せません!

なかなかすぐに寝付けない→クルミ

夜ちゃんと寝たいのに、なかなか寝付けない……。そんなときはクルミをスナック代わりに食べてみましょう。クルミには私たちの睡眠をコントロールするホルモン、メラトニンが多く含まれ、深い眠りへといざなってくれます。またほかにも、ホットミルクやカモミールティーといった飲み物も不眠対策として効果的です。

生理痛がとにかくつらい…→チェリー

女性ならではの生理痛のつらさ、薬もいろいろありますが副作用などが気になるところです。そこでおすすめなのがチェリー。このフルーツにはアントシアニンという抗酸化物質が豊富に含まれており、非ステロイド系の鎮痛剤と似たような痛みどめ効果を発揮することが知られています。

頭痛をなんとかしたい→スイカ

女性にとりわけ多いと言われている日常的な頭痛、でもじつは体内での水分不足が原因ということも多いようです。そこで頭痛対策として効果的なのがスイカ、水分が豊富なだけでなく、水分不足で失われがちなマグネシウムなどのミネラルも含んでいて、頭痛の症状を緩和してくれます。ただし片頭痛気味の人には、頭痛の発作を引き起こしてしまうこともあるので注意してください。

花粉症の症状を抑えたい→パセリ

毎年ひどい花粉症でお悩みの人もかなりいるのではないでしょうか。そんな症状を改善するのには……なんとパセリ! パセリは天然のアンチヒスタミンと言えるほどで、ケルセチンという抗酸化物質がアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの活性化を防いでくれます。パスタ、サラダ、スープ、あらゆるものにパセリを振りかけて摂取してみましょう。なおパセリは、シミ消し、肌のアンチエイジングなどの美肌効果にも優れており、女子としては毎日食べたいくらいの優秀食材です。

筋肉痛を和らげたい→オリーブオイル

大人になって久しぶりに体を動かしたら、すぐに筋肉痛……なんてことも……。そんなときはオリーブオイルが効きます。数々のヘルシー効果に優れたオリーブオイルですが、なかでもオレオカンタールという成分が筋肉の修復力アップに大きく役立つと言います。質のよいエキストラバージンオイルを普段からお料理やサラダにふんだんに使って、筋肉痛対策だけでなく、健康そのものを守る習慣をつけましょう。