1. トップ
  2. ファッション
  3. ペドロ・アルモドバル製作映画『人生スイッチ』不運続きの男女6人を描く、史上最高のブラック・コメディ

ペドロ・アルモドバル製作映画『人生スイッチ』不運続きの男女6人を描く、史上最高のブラック・コメディ

  • 2015.5.19
  • 455 views

ペドロ・アルモドバル製作映画『人生スイッチ』が2015年7月25日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマライズ他にて全国順次公開される。

『オール・アバウト・マイ・マザー』などで知られる名匠ペドロ・アルモドバルが、鬼才ダミアン・ジフロン監督とタッグを組み、全編プロデュースした本作。その斬新さで、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたほか、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にも正式出品。本国アルゼンチンでは『アナと雪の女王』の2倍以上の興行収入を記録したという、アルゼンチン史上最高の話題作だ。

そんな傑作との呼び声高い物語の主人公は、不運の連鎖に巻き込まれる6人の男女。人生において、決して押してはならないスイッチを押してしまったがために、不幸になっていくその落ち様を、新しい手法でユーモアたっぷりに描いた、痛快なブラック・コメディとなる。

【作品情報】
『人生スイッチ』
公開日:2015年7月25日(土)から全国順次公開
場所:ヒューマントラスト有楽町、シネマライズ他
製作:ペドロ・アルモドバル
監督:ダミアン・ジフロン
出演:
リカルド・ダリン『瞳の奥の秘密』
リタ・コルテセ『オリンダのリストランテ』
ダリオ・グランディネッティ『トーク・トゥー・ハー』
原題:Relatos Salvajes/英題:Wild Tales
配給:ギャガ

(C)2014Kramer & Sigman Films / El Deseo