1. トップ
  2. スキンケア
  3. プレゼント付き★女性の9割は「水毒」!? おっぱい番長・朝井麗華先生が教える簡単デトックス法

プレゼント付き★女性の9割は「水毒」!? おっぱい番長・朝井麗華先生が教える簡単デトックス法

  • 2015.5.19
  • 3500 views

美容や健康のために、毎日たくさん水分を摂っているのに、「むくみがヒドイ」「体が冷える」「元気が出ない…」そんな不調を抱えているあなた、その原因は「水毒」かもしれません。メディアで「おっぱい番長」として大活躍の人気整体師・朝井麗華先生に「水毒」について聞きました!

●女性の9割が水毒を溜めている!?

――水毒について教えてください。

「水毒とは、私たちが飲み物や食事から摂取した水分が、汗や尿などから排出されず体内に残留してしまうこと。むくみや冷え、肥満、肌荒れなど、体にさまざまな悪影響を引き起こします。女性の9割に、多かれ少なかれ水毒が溜まっていると言われています。

水分をとったほうが美容にいいと思いこんでいる人は多いですが、自分の排泄力が追いついてないと余分な水毒を溜めることになってしまいます。また、中医学でいう『腎』の働きが弱っている場合も水毒が溜まりやすく、この経絡に関連する慢性疲労や背中の凝り・痛みが起きたり、白髪などの老化につながることもあります。

筋肉量が少ない人も体液が冷えて循環が悪くなり、さらに体も冷えてしまうという悪循環に陥り、水毒が溜まってしまいがちです」

――自分で水毒を溜めているかを診断する方法はありますか。

「『私も水毒かもしれない!』という心当たりのある方は、次のチェックテストを行ってみてください。自分がどんな水毒が溜まりやすい体質かわかります」

【次の項目のうち当てはまるものをチェック!】

1.顔のむくみが気になる

2.まぶたが重く、顔が厚ぼったい

3.フェイスラインをもっとスッキリさせたい

4.胃腸が弱い

5.冷たい水を一気に飲む

6.口が渇く

7.疲れやすく、元気が出ない

8.活力がわかない

9.髪にもっと元気が欲しい

10.実年齢より年上に見られがち

11.足や腰がだるい

12.痩せにくい

13.冷えが気になる

14.体は細いのに足が太い

15.お風呂に入って汗をかくまでに10分以上かかる

16.生理痛・生理不順がある

●あなたはどのタイプ? 気になる水毒診断結果

では、結果を見てみましょう。

◆1~5に一番多くチェックがついた人… 水分のとりすぎタイプ

胃腸などの内臓機能が弱いのに、体や美容のために1日に何リットルも水を飲んでいるタイプ。自分で排出できる許容量を超えると「水毒」になって体内に停滞することに。単純に、体内の水分量が多いだけなので、ちょっとした刺激で解消できるのが特徴。

◆6~11に一番多くチェックがついた人… お疲れ腎臓タイプ

中医学でいう「腎」の機能が悪い、慢性的な水毒タイプ。「腎」の経絡の機能は水の流れや膀胱・腎臓を司っているので、ここが衰えると、たくさん水毒が溜まってしまいます。そのため、ほかの内臓の働きにも悪影響が…。疲れやすく元気が出ない、年齢よりも老けてみられてしまうのが特徴。

◆12~16に一番多くチェックがついた人… 体の冷えタイプ

皮下に溜まった水分のせいで、体が冷えているのに排出できないタイプ。筋肉量が低く代謝が落ちていて、「痩せない」「下半身が太い」といったダイエットに関する悩みを抱えてるのが特徴。

●今すぐできる水毒排出方法でスッキリ!

――水毒を簡単に排出できる方法があったら教えてください。

「水毒診断でたくさんチェックがついてしまった方も安心してください。人間の体は60~65%くらいは水分でできているので、すぐに流れが悪くなり水毒が溜まってしまいますが、大量にある水分はその分だけ動かしやすいので、水毒を排出しやすいんです。今日から簡単に始められるデトックス方法をご紹介しましょう」

◇シワ予防やリフトアップで美肌力UP「眉毛もみ」

たくさんのツボが集まっている眉毛周辺を揉みほぐすと、刺激されてすぐに水が動き出します。水の流れが良いと、気になる額や眉間のシワ予防、リフトアップにも◎。朝、鏡を見て顔がぼんやりむくんでいたら、眉毛もみで1日をスタートしましょう!

1. 人さし指、中指、薬指でスリーピースを作る。

2. 中指が眉毛の中央にくるように、指を眉毛に当てる。

3. 当てたら位置をずらさず、そのまま円を描くように、押しながらグルグルと回す。

少し痛いと感じるくらい強めに押します。回数や時間は気にせず、気持ちいいと感じるだけ行いましょう。

◇オフィスでもできる「1分背骨刺激」

背中のツボは水毒出しには欠かせないスポット。手が届かない背中も、床の上に座って歩く「お尻歩き」をすれば、お尻を上げるときに肩が動き、背中にある「脊柱紀立筋」を効率よく動かせます。背中や腰の詰まりが解消されて、体の流れも良くなり温まります。オフィスで、椅子の上で行ってもOK。1分間の背骨刺激をすれば、仕事後の疲れ具合も断然違います。

1. 床に足を投げ出して座る。

2. お尻を使って歩く。右のお尻を上げるときに右肩を上げ、左のお尻を上げるときに左肩を上げるように意識すること。

3. そのまま前に進んでも、後ろに下がってもOK。

「世の中の健康に良いと言われる情報は、すべてが全員に当てはまるわけではありません。モデルさんが美容のために1日3リットルの水を飲むのは、その水分をきちんと許容できる体質づくりを行っているから成立するのであって、デスクワークの方や、運動をしない一般の社会生活を送っている方がそのまままねしても、ただの水分のとりすぎになってしまう恐れがあり、それが水毒の原因にもなってしまいます。

『やってみよう!』という前向きな意欲は大事にしつつ、自分の生活習慣や体質などを振り返り、体の状態と相談することを忘れずに。自分に合ったものを取り入れて、快適な健康美人をめざしてくださいね」

プロフィール/朝井麗華(あさいれいか)

美容家・経絡整体師

東京・恵比寿にてプライベートサロン「気・Reika」主宰。

臨床検査業界を経て、アロマセラピーや東洋医学を学び、中国整体推拿(スイナ)療法の素晴らしさに目覚める。ゴッドハンド・カリスマと顧客やメディアから評されるテクニックが瞬く間にタレントや美容業界へ広まり予約の取れないサロンに。肩こり・腰痛等一般的な症状の改善は元より、美容面では“痩せるサロン”や“小顔サロン”等、実力派サロンとして数々のメディアで紹介されている。中でもバストを中心とした施術の的確さから「おっぱい番長」と称されるように。現在は施術以外にも、スクール、セミナー、メディア等で専門家としての講師業も行っている。著書に『おっぱい番長の乳トレ/2014年』(講談社)、『水毒を溜めない人は美しい』(大和書房/2015年)。

<文・取材/西村亜希子 取材協力/朝井麗華(気・Reika)>

★プレゼント情報★

“水毒”について詳しくわかる! 朝井麗華『水毒を溜めない人は美しい』(大和書房)を3人にプレゼント!

記事では紹介しきれなかった、デトックス美人になれる秘法が余すことなく書かれた珠玉の1冊です。

応募はコチラから:http://city.living.jp/present