1. トップ
  2. 恋愛
  3. 円満の秘訣はココにあり!「夫が○○をする」夫婦はラブラブ度が高いと判明!

円満の秘訣はココにあり!「夫が○○をする」夫婦はラブラブ度が高いと判明!

  • 2015.5.18
  • 8672 views

結婚しても、ず~っと仲良しの夫婦ってあこがれちゃいますよね❤ いったいどうすれば、いつまでもラブラブでいられるのでしょうか。今回、ヨシケイが共働き夫婦にアンケート調査をしたところ、ラブラブな夫婦にひとつの共通点を発見しました!

 

それはずばり……「夫が夕食をつくっている」ということ!

「え、そんなこと!?」と思うかもしれませんが、働く妻にとって夕食づくりは大きな負担。それを助け、自ら家事に参加してくれるダンナさま……。

これはかな~り、ありがたい存在です。そんな夫婦なら、もちろん円満度も高い! 実際、平日に夕食をつくる「平日クックパパ」、休日に夕食をつくる「休日クックパパ」、そしてまったく夕食をつくらない「ノンクックパパ」に分類しアンケートをとった結果、夫婦円満度に関して大きな差が出ました!

◆【夫回答】夫婦円満度は高いと感じる

 

◆【妻回答】夫婦円満度は高いと感じる

 

「とても思う」「まあまあ思う」を合わせると、【夫】平日クックパパ57%、休日クックパパ51.5%、ノンクックパパ45.5%。【妻】平日クックパパの妻59%、休日クックパパの妻57.5%、ノンクックパパの妻36%という結果に。一番「円満度が高い」のは、やっぱり平日クックパパの夫婦でした!

そして注目したいのは、ノンクックパパの妻。夫婦円満だと思っている人が36%しかいない=不満を抱いている人が多い! う~ん、たかが夕食づくり、されど夕食づくり。こういう日常の不満が夫婦仲に影響している可能性、おおいにありますね~。

それから、夫の夕食づくりは子どもの教育に影響する可能性も。こちらの質問をご覧あれ!

 

◆【妻回答】お子様は、同年代の子どもたちと比べて家のお手伝いをするほうだと思いますか?

「よく手伝うほうだと思う」「まあまあ手伝うほうだと思う」と回答したのは、平日クックパパの妻54%、休日クックパパの妻46%、ノンクックパパの妻31%。母を助ける父の姿を見ている子ほど、家のお手伝いをよくする傾向アリ! これは見逃せない結果です!

こうして見てみると、夫婦円満のためにも、子どもの教育のためにも、夫の家事協力って大事なんですね~。このデータを見せてダンナさんに料理をすすめてみるのもいいかもしれませんね❤ (えんどうまゆみ)

情報提供元:ヨシケイ