1. トップ
  2. 中条あやみ、カヌーのポテンシャルは武井壮級?会場からどよめき

中条あやみ、カヌーのポテンシャルは武井壮級?会場からどよめき

  • 2020.10.22
  • 132 views
映画「水上のフライト」の完成報告イベントが10月21日に都内で開催
KADOKAWA

【写真を見る】清楚なブルーのワンピースを着た中条あやみ

中条あやみ主演の映画「水上のフライト」(11月13日[金]公開)の完成報告イベントが、10月21日に都内で開催。主演の中条をはじめ、杉野遥亮、小澤征悦、兼重淳監督の4人が出席した。

同作は、事故で歩けなくなった少女がカヌーに出会い、夢を実現していくサクセスストーリー。実在するパラカヌーの選手に着想を得たオリジナルストーリーとして実写化され、東京国際映画祭の特別招待作品にも選出されている。

中条あやみ
KADOKAWA

冒頭のあいさつで「今の中条あやみはこうですと胸を張れるような作品」と答えた中条は、役を通して「人生をポジティブに前向きに生きていきたい」と思いの丈を明かした。

初挑戦したカヌーについては「難しかったんですけど、『好きこそものの上手なれ』という言葉のように、うまくなるから好きになるのではなく、好きになるからうまくなるんだなと思いました」と口にすると、コーチ役の小澤から「本当にうまくなったよね」と絶賛が。

杉野からも「簡単そうにこいでいるけど、実際はすごく難しいんです」と明かされると、たった1日で競技用のカヌーに乗れるようになったのは、芸能界で他には武井壮だけとの情報が流れ、会場から驚きの声が上がった。

イベントの様子
KADOKAWA

そんな中条はすぐに乗りこなせた理由について「体幹は鍛えていました。ブレない人間になりたいなと思って」とコメント。それに対して乗りこなせなかったという小澤が「俺の人生はブレブレですからね」と自虐的に返すと、中条は「現場ではムードメーカーで子どもたちからも大人気。世界の小澤さんの息子さんはすごい」とおちゃめに返して会場を笑わせる一幕も。

その後、げん担ぎについて質問が投げ掛けられると、小澤は赤いパンツ一筋であることを明かし「20枚くらい持っていて良い芝居ができた時にはいていたものは、大事な時に身に着けるようにしています」と答え、このイベントにもはいてきたことを告白。

さらに、これからチャレンジしたいことについて「映画を撮ってみたい」と明かし、キャスト陣を驚かせた。

イベントの様子
KADOKAWA

最後に中条は「このみんなで『水上のフライト2』を撮りたい。次は海外で」と意気込むと、「キャスト・スタッフみんなの愛が詰まった作品です。最後まで心が温かくなる瞬間があるので、エンドロールまでぜひご覧になってください」と笑顔で締めくくった。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=永田正雄)

元記事で読む