1. トップ
  2. 恋愛
  3. 元カレが忘れられない、女子会で満足…東村アキコが導く“恋休女子”のパターン別脱出方法【前編】

元カレが忘れられない、女子会で満足…東村アキコが導く“恋休女子”のパターン別脱出方法【前編】

  • 2015.5.18
  • 1918 views

昨年、発売されるやいなや「アラサー女子の現実がそこにある!」と大ヒットした東村アキコさんのマンガ『東京タラレバ娘』(1〜2巻以下続刊/講談社)。

アラサー女子3人がことあるごとに女子会(しかも場所は居酒屋)をくりかえした挙げ句、彼氏なし、結婚なんて夢のまた夢……な状態に。周りが結婚し、「気づいたときにはもう遅い! どうするよ私たち!」という厳しい現実に直面し、向き合っていく姿は本当に他人事ではありません!

そんな話題作『東京タラレバ娘』の作者、東村アキコさんが『AneCan』6月号にて、いま現在、彼氏はいないけど、次の恋愛も結婚もいつかは……という“恋休女子”を、パターン別に分析&アドバイス! いやー、とんでもなく染みます。自分はどのタイプか、いますぐチェックしてみてください。

パターン1 元彼の呪縛

当てはまる人はこんな人!


・元彼に浮気されていた
・20代前半から浮気で消耗
・結婚直前と思われた彼とお別れ
・次の出会いに慎重になっている
・新しい出会いがあっても、元彼と比べてしまう
・どこかで復縁できるのではと期待している

次の恋に踏み出せない理由としては最もプレーンなタイプ! なんだか聞いたことがあるエピソードばかり! というかひとつは当てはまる、なんて人多いんじゃないでしょうか。過去を引きずりがちな人へ、東村さんは……

■『めぞん一刻』の響子さんを見習うべし!


女の人って基本はあまり引きずらないと思いますが、それだけにこの呪縛にハマったときは痛々しい。SNSを追っかけて見ていたり、傷つき続けてしまうんですよね。自分にふさわしかった彼が忘れられない。と同時に「彼にとっても私がいちばんふさわしいはず」と思っていませんか。1年は365日しかない。時間には限りがあるという意識をもたないと、あっという間にいちばんきれいでいちばんいいときを逃してしまう。もしいまおばあさんなら、亡くなったおじいさんの思い出と共に生きていけばいいけれど、まだ若いんだから、1日でも早く次の恋をしたほうが建設的。引きずりながらでもいいんです。『めぞん一刻』の響子さんも、五代と付き合ったじゃないですか! 次の人が一生現れないなんてことはないし、前の人にかなわなかったとしてもガマンして付き合ってみるしかないですよ。まずは『めぞん一刻』読み直し!

恋にしろなんにしろ、立ち止まってるのは時間の無駄! 私の先輩も、合コンで出会った“そのなかで唯一嫌いじゃなかった男性”ととりあえずお付き合いしてみて、なんと1年弱で結婚! 3年たったいまでも幸せそうです。気持ちが盛り上がらなくても結果は後からついてくるってこと、ありますよね。

続いてはこちら。

パターン2 女子会で満足

当てはまるのはこんな人!


・毎月同じメンバーと飲んでいる
・女子会の内容だけがどんどんレベルアップしていく
・結婚した友人となんとなく疎遠になりつつある
・気になる男性がいても本人にアプローチするより女子会で友人にアドバイスを求め、自己完結してしまう。
・「やせたい」「旅行行こうよ!」でいつも盛り上がる

これ、私、全部です。全部! 気の合う女ともだちとはもはや「毎月」じゃなくて「毎週」会うレベルです。「彼氏がいなくても女友だちさえいれば……」と思っていたのですが、そんな女子会中毒者のみなさん、そろそろ目を覚ましたほうがいいかもしれません。

■もう女子じゃないぞ!


我々も先日ついにリムジンパーティをしてしまいました……気持ちはわかります。でも毎月同じメンバーと女子会して、じゃあ半年前になに話してたかって覚えてないですよね。店が儲かってるだけで金ばっかなくなってんだ! そのお金でなにができた? と考えると、そのへんでバイトしてる役者志望の若い男子を食べさせたほうがまだマシ。まだ楽しい思い出とか人生の喜びがあります。男性に貢ぐのは悪いことだと思い込まず、同じドブに捨てるならそういう使い方もあるということ。それに女子会での恋バナって自分をアゲてもらいたいために相手をアゲている。心の底からのアドバイスをもらえるわけじゃない。女子会をするなら、隣の席の男をひっかけて帰るくらいの意気込みで臨むべし! あとは、もう“女子”じゃないぞ、と。私の場合は子育てが少し落ち着いていま、2回目の青春。年とったら、みんなではとバスに乗って、タッパーで漬物のタッパー回しちゃうのもいい。結婚がすべてではないけれど、いましかできないなんてことはないし、一度自由を奪われてからの2回目はもっと楽しいですよ。

そう、女子会は楽しい。けど中身があるかというとそうでもない。でも彼氏がいない淋しさなんかは案外紛れちゃいますよね。それも恋をしないひとつの要因になっている気がします。女子会を封印して、あえて自分を孤独に追い込むというのもひとつの手かも!?

お次はこちら!

パターン3 非リア恋に夢中

当てはまるのはこんな人!


・アイドルやアニメのキャラクターしか愛せないと思う
・リアルな男性の残念なところばかり目についてしまう
・好きな人の活動や作品に触れていれば充実しているので、危機感がない
・デートのお誘いより、アイドル・アニメのイベントを優先してしまう

最近、増えつつある趣味を充実させるタイプ。時間とお金に余裕ができてきたアラサー女子ほど恐ろしいスピードでなにかにハマっていきます。が、その沼は思ったより深い! 「私も同じタイプ」という東村先生が体験談をもとに忠告!

■好きなアイドルやキャラをきっかけに!


私もカテゴリ的には完全にこのタイプ。文句は言えません。実際、非リア恋でも楽しいし、みんなきれいになるんですよ。ただ、私の場合は好きなアイドルに1か所でも似ていれば、現実世界の人を好きになれるんです。目だけ似てるとか、笑った雰囲気だけとか、肩のラインだけとか、はえぎわだけでもいい。昔からそうなんですけど。それで全員イケるクチで。こういうタイプの人は、そうやってなにかしら見つけて自分のストライクゾーンを広げていくしかないんですよね。だってそこそこ似ていて気が合えば、付き合えるでしょ? 好きなアイドルやキャラクターのどこが好きか分析して、それをもっている人を探す! 全部一緒なんてのは難しいですが、1か所なら選択肢はかなり広がります。あとはアイドルが辞めてしまったり、結婚してしまったりしたときに再起不能にならないように、自己防衛を。無防備にのたれ死んできた友だちをいっぱい見ています。2番手のお気に入りを見つけるとか、アルマゲドンがあったときの逃げ込み場所をつくってておきましょう。

盲点! たしかに1か所ならなんとかなりそうです。私の非リア恋の相手は手がとんでもなくきれいなので、これから出会う男性すべからく手に注目します! ちょっと出会うのが楽しみになってきました。

いやー、3パターンすべてそれぞれに心当たりがありすぎてダメージが大きい! ですが、まだまだあるんです。「周りにいい男がいない」「とにかく仕事が忙しいし、楽しい」「休みの日は家から出たくない」なんてことが当てはまる皆さんを、次回も鋭く分析! お楽しみに。(みつ子)

『AneCan』2015年6月号(小学館)