1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. フローリングの正しい掃除機のかけ方とは?傷つけない掃除術とおすすめコードレス3選

フローリングの正しい掃除機のかけ方とは?傷つけない掃除術とおすすめコードレス3選

  • 2020.10.21
  • 4538 views

フローリングに掃除機をかけるとき力を入れていませんか?実は知らず知らずのうちに傷つけていることも。そこで、正しいフローリング掃除の手順と、フローリング掃除に適した掃除機3選を今回はご紹介します。正しい掃除機がけの知識をつければ掃除効果がアップ。さらに、フローリングの傷も防げるなどのメリットがいっぱいです。

正しいフローリング掃除の手順とは?

1. ワイパーやモップで全体のホコリを取る

空気中に浮遊していたホコリやチリは、夜間にフローリングに積もります。掃除機で一気に吸い取りたくなりますよね。でもそれはNG。掃除機の排気でまたホコリを舞い上げてしまっているだけです。

まずは、ワイパーやモップでフローリング全体のホコリを取りましょう。できれば朝一番に取るのがおすすめです。それは族が歩くことで空気が動き、軽いホコリはすぐに舞い上がってしまうから。しかし、何かと忙しい朝はまとまった掃除の時間が取れないのが現実。また、家族が寝ていると掃除機はかけにくいものです。ワイパーの後すぐに掃除機がけができない時には、ワイパー→朝食→洗濯機を回しながら掃除機がけなどでもOK。ライフスタイルに合わせてスキマ時間を上手く利用しましょう。

正しいワイパーのかけ方


こまめにヘッドを左右に動かす
奥から手前へホコリを寄せてくる軽く滑らすようにかける


ワイパーをかける際に「拭き掃除効果を狙って力を入れている」また、「上下にのみ動かす」という方も多いかと思います。それではフローリングに傷が付いてしまいますし、上手くホコリをキャッチできません。

2. こまかなゴミを掃除機で吸い取る

細かなゴミが入り込みやすいフローリングの目地に沿って、ゆっくりと掃除機をかけます。フローリングノズルを動かす範囲は「身長の半分ほど」にするのがコツ。範囲を狭くすることで、かけそびれることなく全体を網羅できます。
また、サッシや壁際のゴミはフローリングノズルでは吸い取りにくいですから、隙間用ノズルに付け替えましょう。

3.頑固な汚れを雑巾で水拭きする

ウェットシートを付けたワイパーで落ちない頑固な汚れは、固く絞った雑巾で水拭きしましょう。ただし、フローリングは水に弱いので、短時間で終わらせるのがコツ。 仕上げに乾拭きして水気を拭き取ります。雑巾がけが終わったら、窓を開けたり、サーキュレーターを稼働させるなどして、フローリングをしっかりと乾燥させましょう。
※水拭きできるフローリング素材か必ず確認してください

重労働の水拭きは範囲を狭くして負担を軽減!

昨今はフローリング主体の家が増え、一気に水拭きするのは範囲が広く大変。

部屋ごとにローテーションを組む
汚れやすいLDKや頻繁に往来する廊下を重点的に水拭き


など、少しでも負担を減らす工夫をしましょう。

4.半年に一度ワックスをかける

フローリングを美しく保つにはワックスは欠かせません。ワックスが効いているフローリングは、光沢感があり美しいですね。見た目だけでなく、傷や汚れ・水分から保護するという重要な役割もあります。半年に1度はワックスをかけてフローリングを守りましょう。 ワックスをかける際には、フローリングに汚れが無いかを念入りにチェックしてから取りかかります。汚れの上からワックスをかけてしまってはきれいに仕上がりません。
※ワックス不要のフローリングやワックス不可のフローリング素材もあります。必ずご確認の上、作業を行って下さい。

ワックスがけ3つのコツ


極端に暑い日(ワックスがすぐ乾いてしまう)や寒い日(なかなか乾かない)は避ける
作業中はカーテンと窓を閉める(直射日光でムラになったり、風でゴミが付かないようにする為)
ワックスが乾いたら窓を開け、しっかりと換気をする


ワックスは、扱いが難しい本格的なものから、初心者でも手軽にかけられるワックスシートなど、様々な商品があります。

5.手軽なワイパー掃除を習慣にする

「重労働の水拭きをできる限り避けたい!」ですよね。 手軽なワイパーで次の2つを習慣にすれば、面倒な水拭きを減らせます。
 

日頃からフローリングをきれいにしておく
汚れが気になったら、ウェットシートで早めに対処する

※ウェットシートを使えるフローリング素材かご確認ください。

フローリングに傷がつかない掃除機のかけ方

「湿気でフローリングに張り付いているゴミも取れるような気がする」「掃除機の吸引力が弱い」などの理由から、力を入れて掃除機をかけていませんか? それでは、フローリングに傷が付いてしまいます。
新築のフローリング、こだわった床材なのに、傷を付けてしまうのは避けたいですよね。またアパートの場合には、傷によっては修繕費を請求されてしまう場合もあるようです。これから、フローリングに傷を付けない掃除機のかけ方をご紹介します。

力を抜いて床をなでるようにかける

力を入れて掃除機をかけても、自分が疲れる&フローリングに傷が付くだけです。優しくゆっくりと、隅々まで丁寧にかけましょう。冒頭でもご紹介しましたが、掃除機はフローリングの目地に沿ってかけます。

お部屋の角や狭い隙間にはノズルを使う

壁際や隅のゴミは、フローリングノズルでは吸い取れません。掃除機に付属されている「隙間用ブラシ」や「隙間ノズル」を使えば細かい溝や隅もきれいになります。
ノズルの付け替えはちょっと面倒ですよね。でも、フローリングノズルで無理に吸い取ろうとしないこと!壁や床などにヘッドがぶつかり、掃除機だけでなく、フローリングや壁にも傷が付いてしまいます。面倒でも付け替えた方が、早くきれいになりますし、傷も防げます。

掃除機がけ終了後に換気

注意していただきたいのが、換気は掃除が終わった後です。従来は「換気をしながら掃除」するのが良いとされていました。
しかし掃除終了後に換気するのが新常識で、掃除中に換気をすると風でホコリが舞い上がってしまうから。 せっかく掃除しても、舞い上がったホコリがまたフローリングに落ちてしまっては意味がありません。ですから、掃除が全て終わってから窓を開けて換気をしましょう。

フローリング掃除にベストな掃除機3選

コードレスタイプの掃除機は便利ですよね。しかし、運転時間や吸引力などに不安を感じている方も多いのではないでしょうか?そんな不安や不満を解消する、高性能モデルをご紹介します!

【パナソニック】コードレス掃除機MC-BU500J

洗練されたデザインなので、リビングで充電しても違和感がありません。特に子どもがいると、「お菓子のカスを落とす」など掃除機が必要になることが多いので、リビングで堂々と充電できるのは嬉しいですね!

もちろん、お掃除機能も充実。手首を回転させるだけでノズルがT型からI型になる「くるっとパワーノズル」。だから、いちいち隙間用ノズルに付け替えなくても、家具の隙間や壁際のゴミを吸い取れて楽ちん♪  さらに、 横にもスライドできるローラーが付いているので、壁際にたまりやすい細かなゴミもきれいに吸い取ってくれますよ。  

アレルギーをお持ちのご家族がいる場合に重宝する、ハウスダスト発見センサーも付いています!目に見えない微細な花粉・ダニの死骸やフンまで見逃しません。

【シャープ】 RACTIVE Air(ラクティブ エア) EC-AR3SX-P

重量1.5kgと超軽量だから、エアコンや家具の上などホコリが気になる高い場所の掃除も楽にできそう♪ さらに、足で踏むだけでヘッドがすぐに外れるから、ノズルの付け替えも面倒がありませんよ。

バッテリーも長持ちの最長64分!さらに、着脱式のバッテリーが2個付属されています。掃除中に充電&交換ができるので、充電し忘れていても大丈夫。新採用された「大風量高圧3Dファンモーター」でコードレスでも強力な吸引力です。

【ダイソン】 V11Fluffy

フローリングの素材やゴミの大小に関わらず、ワンストロークでゴミをほぼ残さず吸い取ります。0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%も捕らえますよ。さすがはダイソン、吸引力がすごい! しかも、部屋の空気よりもきれいな空気を排出するというから驚きです。

手元に液晶ディスプレイも付いていて、秒単位のバッテリー残り時間や運転状況、さらにはメンテナンス通知をリアルタイムに確認することができます。

頑固な汚れは中性洗剤でスッキリ落とそう

フローリングの、油・皮脂のベタベタ汚れや黒ずみは、水拭きだけでは落とせないので厄介ですよね。落ちない汚れに困ったら、まずは「中性洗剤」を使ってみましょう。中性洗剤は、フローリング素材を痛めにくい割には効果大。お皿洗いに使う台所用中性洗剤でOKです。

必要なもの


雑巾2枚(水拭き用と乾拭き用)
台所用中性洗剤


必要に応じて


バケツ
ゴム手袋

掃除手順

①固く絞った雑巾に、中性洗剤を1~2滴垂らしよく揉み込む。 (バケツの水に垂らしてもOK)
②乾いた雑巾で水気をしっかりと拭き取る

これだけなので手軽!フローリングの汚れや黒ずみが気になったら、汚れの部分だけサッと拭いてしまいましょう。

まとめ

本記事では、

大切なフローリングに傷を付けない掃除法
スティックタイプでもメインにできる「高性能掃除機」3選
中性洗剤を使って雑巾がけする方法


をご紹介しました。

正しい掃除のやり方や手順を守れば、得られるメリットがたくさんあります。ぜひこの機会に、フローリングの掃除方法を見直してみましょう。

元記事で読む