1. トップ
  2. スキンケア
  3. 若い頃と同じはNG!【美肌を作る】withマスク時代の【クレンジング】新常識

若い頃と同じはNG!【美肌を作る】withマスク時代の【クレンジング】新常識

  • 2020.10.22
  • 5599 views

メークをしたら必ずするのがクレンジング。毎日習慣的に行っていることこそ、美肌を決める分かれ道。そう、若い頃と同じではダメなんです。40代50代にあったクレンジング法を今すぐ見直してみて。

落とすことは最重要事項!丁寧に、落としすぎず、を心がけて
undefined

Q. 40代の今の洗顔の重要ポイントは? A. メークが軽くなり、石鹸で落とせるアイテムも多い時代。その日のメークに合ったクレンジングを選んで! 

「油汚れを落とすには、油と界面活性剤の力が不可欠に。ただ過剰な洗浄力は必要なし。オイルやミルクといった形状より、肌質やメークに合ったものを選んで」(慶田)

Q. ダブル洗顔って本当に不要なの? A. 不要と書かれているものは、洗顔料を使わなくてOK 

「W洗顔が必要な場合も、一瞬泡をのせてすぐ流す程度でも十分」(慶田)「W洗顔がデメリットになることも。落とすという目的が果たせていれば余分なことをしないほうが懸命」(大野)

Q. ポイントメークの専用クレンジングって必要? A. ウォータープルーフ以外は必要ナシ! 

「洗浄力が強いものが多く、流行りの軽いアイメークには不要です」(慶田)「アイメークもスルリと落ちるオイルクレンジングを選べば、摩擦による色素沈着も防げます」(大野)

undefined
NG

皮膚の薄い目元こそコットン使いは危険。それでしか落ちないなら、しっかり湿らせて優しく撫でてオフ。

undefined
OK

優しく乳化できるオイルやミルクが便利。アイラインやマスカラの残りは綿棒でサッと取り除いて。

Q. こするのはよくないというけど、ちゃんと落ちるの? A. こすらないと落ちないクレンジングは、そのメークと合っていません!こすらずにクルクル優しく撫でるだけで落ちるクレンジングを選んで。

「メークに合っていれば優しくクルクルすれば全部落ちます。こすらないと落ちないならクレンジングの力不足。こする刺激は大敵。角層が厚くなりメラニンが増える恐れも」(慶田)

undefined
NG

物理的に根こそぎ落とすシートタイプやコットンでのメークオフは角質が傷みます。緊急時だけに留めて。

undefined
OK

力をかけなくてもクルクルすればメークが馴染むクレンジングがベスト。生え際や顔まわりも忘れずにオフ。

Q. 実際、どんなクレンジングを選べばいい?A. メークに合わせて、クレンジングは3種用意しましょう。

「優しく馴染ませるだけでスルリと落ちるのが最適。落としすぎも落とさなすぎもNGです。洗浄力別に用意しメークに合わせて選んで。目に染みるものは洗い残しの原因に」(慶田)

①しっかりメークはオイルやバーム中心で洗浄力の強いもの
undefined

左上から、「メーク馴染み◎」(小西)アベイユ ロイヤルクレンジング オイル 150㎖¥7,400(ゲラン)、「バームの中でもよく落ちる」(小西)デュオザ クレンジングバーム ブラック 90g ¥3,600(プレミアムアンチエイジング)、「リラックス系の香り」(小西)ボタニック クレンジング オイル 450㎖ ¥11,500、「洗浄力と保湿が好バランス」(入江)アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル イン フォーム150㎖ ¥4,700(ともにシュウウエムラ)

②リモートメークならしっとりした洗い上がり重視
undefined

左上から、「メークとサッと馴染み指が吸いつく後肌に」(入江)タマヌクレンジングバーム90g ¥6,500(SHIRO)「マッサージで肌にハリと弾力が」(小西)B.A クレンジングクリーム130g ¥10,000〈10月2日発売〉(ポーラ)、「くすみをオフしてくれる」(小西)雪肌精 クリアウェルネスミルク クレンザー 140g ¥2,300※編集部調べ(コーセー)、「泡がクリームになり手軽」(小西)ビオレ泡クリームメイク落とし210㎖ ¥1,080※編集部調べ〈9月19日発売〉(花王)

③敏感になった時は目に入っても痛くない優しいアイテムで
undefined

左「 植物油中心の美容液クレンジングでしっとり」(小西)Natures for モイストクレンジングオイル 180㎖ ¥2,950(ネオナチュラル)、右 「なめらかなクリーム。マッサージにも」(小西)ピュア ナチュラル マッサージクレンジング 170g ¥750※編集部調べ(pdc)

\教えてくれたのはこの4人/

適切な診察に基づく丁寧な治療が人気。圧倒的な知識量と明快な解説を誇り多くのメディアも頼りにする美女医。「多くの人が見直すべきは洗顔。脂性肌はもちろん自称乾燥肌も皮脂を適切にオフするだけで、肌状態が良くなる場合も。さらに丁寧な保湿を心がければもっと良い状態になります。」

undefined
教えてくれたのは……銀座ケイスキンクリニック院長 慶田朋子先生

レチノール使用歴10年の美肌女医。クリニックでは美ST編集部で流行中の『ゼオスキンヘルス』の取り扱いも。「刺激を避け、正しい洗浄と保湿を心がければ角層が整います。バリア機能もターンオーバーも整えば色ムラもくすみもなく毛穴も引き締まり、キメが細かい美肌が手に入るんです。」

undefined
教えてくれたのは……新橋皮膚科クリニック 大野淳子先生

化粧品会社や出版社勤務後に独立して20年超。美容誌の執筆や編集等広く活動。スキンケアの明瞭な説明が人気。「年齢が上がるほど一発逆転はなくなるから日々のケアの積み重ねが大事。真皮ダメージに対処するケアはマストですが、飛び道具ケアだけでなく、ベーシックなお手入れも忘れずに。」

undefined
教えてくれたのは……美容ジャーナリスト 入江信子さん

東京農業大学客員准教授。一般社団法人日本化粧品検定協会代表理事。化粧品開発や評価に長年携わるリケジョ。「正しい知識があれば無駄なお手入れを省けて、時間もお金も節約でき美肌に。まずは最もベーシックな洗顔、保湿ケアアイテムについて肌悩みに合ったものを選びましょう!」

undefined
教えてくれたのは……コスメコンシェルジュ 小西さやかさん

2020年『美ST』10月号掲載 撮影/大瀬智和(人物)、五十嵐 洋(静物) モデル/吉村ミキ ヘア・メーク/後藤若菜〈ROI〉 スタイリスト/柿田たみか 取材/大山真理子 編集/漢那美由紀

元記事で読む