1. トップ
  2. ファッション
  3. 配色の天才がおすすめする、コーディネートが見違える3大カラーはネイビー、イエロー、そして○○!

配色の天才がおすすめする、コーディネートが見違える3大カラーはネイビー、イエロー、そして○○!

  • 2015.5.18
  • 10629 views

気温もぐんぐん上がり、初夏のおしゃれが楽しめる時期になってきました。

「コーディネートが変わり映えしなくて……」なんて悩んでいる人は、ワードローブの“色”を見直してみてはいかがでしょうか。

『Precious』6月号では、配色の天才と呼ばれるスタイリスト・大西真理子さんが、この夏マスターしたい色使いとその着こなしについて、詳しくレクチャーしてくれています。

スタイリスト・大西さんが、まず注目しているのはネイビー

カーディガン¥18,000・ニット¥13,000(スリードッツ青山店) スカート¥34,000(アクネストゥディオズ アオヤマ)

上品かつリッチに見える、Priecious世代の定番カラーでもあるネイビーですが、今季は色味や素材の幅がグンと増えているんです。本来ネイビーがもつ“クラス感”だけでなく、軽やかさや透け感のある素材を駆使して、“抜け感”も備えたネイビーが今年らしく見える秘訣だそう。

注目しているカラーのふたつめは、イエロー

パンツ¥76,000(トッズ・ジャパン)

ベーシックカラーの差し色としても人気の高いイエローは、グレーやベージュといったニュアンスカラーに合わせると、イエローの透明感が際立って優しくこなれた印象になります。

スタイリスト・大西さんいわく、「差し色は、ワードローブの中心カラーに合わせる形で加えていくことで、自分のスタイルに溶け込んでいく」んだとか。

ぜひマネしたいテクニックですよね!

ラストは、着るだけで程よくカジュアル感が生まれるカーキ

ストレッチウールのワンピース[インナー付き]¥133,000(マックスマーラ ジャパン<マックスマーラ>)

今季のトレンドでもあるカーキは、こなれて見える一方で、着こなしによってはラフなイメージになる心配も。大人が日常に着るなら、リッチ感のあるゴールドの艶めきをまとうのが正解です。カーキの格が高まり、より洗練され印象に導いてくれるんです。

この3色を味方に、今年らしい夏のコーディネートを完成させてくださいね! (和田美恵子)

『Precious』2015年6月号(小学館)