1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『この恋あたためますか』第1話、高評価でスタート!反響続々「キュンが止まらない」

『この恋あたためますか』第1話、高評価でスタート!反響続々「キュンが止まらない」

  • 2020.10.21
  • 8818 views

20日、新・火曜ドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)第1話がスタート。に反響があがっている。

同作は、森七菜による連ドラ初主演作。中村倫也、仲野太賀といった豪華俳優陣が脇を固める。

第1話。業界シェア万年4位のコンビニチェーン「ココエブリィ」の改革を託されて出向してきた浅羽拓実(中村倫也)は、SNS上でコンビニスイーツの的確な批評をしているSNSアカウント「キキかじり」の存在を知る。

その“中の人”こそ井上樹木(森)。メジャーデビュー前に地下アイドルグループをクビになった彼女は夢破れたあと、「ココエブリィ」のバイトを無気力に続けていた。

だが、売り出し中のブリンの味が落ちたことを指摘する森に才能を見出した浅羽は、彼女をスイーツ開発のスタッフに迎え入れる。そして、新谷誠(仲野)とともに一番売れるシュークリームを作らせるのだった。

ところが、苦心の末作り上げたシュークリームを見た浅羽は口にもせず、「ひと目で目を引く魅力がなければ、客はその200円でいつもと同じサンドイッチを買うんだよ。見た目もおいしくなければ意味がない」と、作り直しを命じるのだった……。

テンポよく進んでいく展開とともに、劇中には胸キュンシーンが満載。イートインスペースに座る樹木に、浅羽が外の窓からコンコンと叩いたり、樹木を雨の中、家まで歩いて送るシーンでは、傘を彼女のほうにさりげなく傾けて自分の左肩は濡れてしまう場面も。

樹木がアイドル時代の自分と、売れ残っていくスイーツを重ね合わせながら語る場面では、新谷が思わず、「また俺が再起動してあげるから」と迫るなど、波乱の恋愛を予感させた。

社長とバイト店員によるラブコメディ、そこに立ちはだかる恋のライバル、少女漫画を思わせる甘いセリフに王道シーンと、すべてが完璧に揃ったクオリティにネットユーザーは大興奮。「キュンが止まらない1時間」「大ヒットの予感」「最高に面白かった」「2話も楽しみすぎる」など絶賛コメントが多く寄せられていた。

次回、「一番売れる」シュークリームのアイデアを提出して見事採用された樹木と新谷だったが、社内でもう一つの有力なアイデアが提出されたことを聞く。『この恋あたためますか』第2話は27日火曜夜10時放送。

元記事で読む