1. トップ
  2. 【コロナ対策情報付き】渋谷スクランブルスクエアの楽しみ方を徹底レポート!とっておきの体験が満載

【コロナ対策情報付き】渋谷スクランブルスクエアの楽しみ方を徹底レポート!とっておきの体験が満載

  • 2020.10.20
  • 182 views

渋谷スクランブルスクエアの見どころからグルメまで、おでかけの前に知っておくと便利な情報を徹底レポート!(※記事内で紹介している展示やイベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。ご注意ください)

【写真】空の舞台から東京を見渡せる、一度は訪れたい「SHIBUYA SKY」

渋谷スクランブルスクエアってどんなところ?流行の最先端を行く渋谷の新しいランドマーク

渋谷エリアで最も高い約230メートル、地上47階建ての大規模複合施設 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
渋谷エリアで最も高い約230メートル、地上47階建ての大規模複合施設 写真提供:渋谷スクランブルスクエア

2019年11月1日に開業した同施設は、地下2階~14階の商業施設、14階・45階~屋上の展望施設「SHIBUYA SKY」、17階~45階のオフィス、15階の産業交流施設「SHIBUYA QWS」で構成されている。「混じり合い、生み出され、世界へ」をコンセプトに、渋谷の中心からムーブメントを発信し、新たな文化を生み出すステージとなることを目指しているという。世界最旬宣言を体現する場として、常に新しい発見や出会いが用意されている同施設の魅力を紹介しよう。

【見どころ1】213店舗が揃う充実のショップ&レストラン

地下2階から14階には、日常を彩り、豊かにしてくれるさまざまなテナントが集結。日本初上陸や新業態の店舗も多く、ここにしかない商品や体験がたくさん揃っている。

こちらは地下2階の様子 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
こちらは地下2階の様子 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
おいしそうなスイーツ店が並ぶ1階 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
おいしそうなスイーツ店が並ぶ1階 写真提供:渋谷スクランブルスクエア

地下2階~1階は食を中心としたフロア。特に、スイーツ店が多く集う1階には、渋谷スクランブルスクエア店限定の「カヌレ・エシレ」を販売している「エシレ・パティスリー オ ブール」や、日本初出店となる洋菓子店「MORI YOSHIDA PARIS」などの人気店が並ぶ。自分へのご褒美はもちろん、ちょっとした手土産にもぴったりな商品がたくさんあるので、ぜひ立ち寄ってみて。

3階には、多数のインターナショナルラグジュアリーブランドが 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
3階には、多数のインターナショナルラグジュアリーブランドが 写真提供:渋谷スクランブルスクエア

2階~11階、14階には、ファッションやビューティー、ライフスタイルグッズを扱うテナントが並ぶ。渋谷のライフスタイルに合わせた商品やサービスを展開する「NIKE」(2階)のコンセプトストアや、異素材を組み合わせるハイブリッドなデザインを得意とした、日本発のコレクションブランド「sacai」(3階)などたくさんの店舗があり、飽きずに楽しめる。

地下1階の「Gourmand Market KINOKUNIYA」にもカフェスペースが 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
地下1階の「Gourmand Market KINOKUNIYA」にもカフェスペースが 写真提供:渋谷スクランブルスクエア

ショップ巡りの合間に利用したいカフェにも注目だ。中でもおすすめなのが、10階にある「ocha room ashita ITOEN」。伊藤園こだわりの抹茶を使用したチーズティーやラテなどのドリンクをはじめ、お茶を使ったスイーツやフードメニューを楽しむことができる。また、11階には旅をテーマにしたBOOK&CafeとTSUTAYAが提供するシェアラウンジが。アプリから席の予約が可能なので、並ぶことなくスマートに利用できるのもうれしいポイント。渋谷を一望できる抜群の眺望と一緒に、おいしいドリンクやフードを楽しんで。

ランチやディナーを楽しむなら、12階・13階のレストランフロア「FOODIES SCRAMBLE」へ。日本初上陸となるスパニッシュレストラン「Jose Luis(ホセ・ルイス)」では、伝統的なスペイン料理と、日本の食材を融合させた新スタイルのスペイン料理を提供している。中でも、クラシックなスパニッシュを日本の料理技法で進化させた、日本限定の「スフレトルティージャ」はおすすめの一品。ほかにも、ジャンル問わずさまざまな飲食店が出店しているので、食べたいものや気になる店舗はぜひチェックしておこう。

【見どころ2】日本最大級の屋上展望空間「SHIBUYA SKY」

外のエスカレーターを上って屋上へ 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
外のエスカレーターを上って屋上へ 写真提供:渋谷スクランブルスクエア

SHIBUYA SKYは、14階~45階の移行空間「SKY GATE」、屋外展望空間「SKY STAGE」、46階の屋内展望回廊「SKY GALLERY」の3つのゾーンで構成されている。渋谷上空約230メートルから360度の絶景を見渡すことができ、渋谷をダイナミックに感じられるこちらの展望施設は、ぜひ訪れたいスポット。

【写真】空の舞台から東京を見渡せる、一度は訪れたい「SHIBUYA SKY」 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
【写真】空の舞台から東京を見渡せる、一度は訪れたい「SHIBUYA SKY」 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
とても気持ち良さそうなクラウドハンモック 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
とても気持ち良さそうなクラウドハンモック 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
夜になると、また違った景色が楽しめる 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
夜になると、また違った景色が楽しめる 写真提供:渋谷スクランブルスクエア

46階にはカフェ&バー「Paradise Lounge」があり、イギリス人デザイナーのトム・ディクソン氏率いるチームが手掛けたレトロモダンな空間で、ポテトやホットドッグ、ソフトクリームなどが楽しめる。さらに、45階・46階のスーベニアショップ「SHIBUYA SKY SOUVENIR SHOP」では、「中川政七商店」とのコラボ商品「渋谷ふきん/渋谷てぬぐい」などを販売している。ここだけの限定デザインなので、ぜひ手に取ってみて。

【イベント】渋谷最高峰のルーフトップバーが期間限定でオープン!

現在、SHIBUYA SKYでは、ルーフトップバー「THE ROOF SHIBUYA SKY(ザ・ルーフ 渋谷スカイ)」が2020年10月31日(土)までの期間限定でオープンしている。

期間限定のTHE-ROOF-SHIBUYA-SKY 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
期間限定のTHE-ROOF-SHIBUYA-SKY 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
上質な空間で、おいしいお酒を堪能して 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
上質な空間で、おいしいお酒を堪能して 写真提供:渋谷スクランブルスクエア

こちらは東京タワーや東京スカイツリー(R)のほか、東京を代表する高層ビル群を一望できる「SKY STAGE」で、カクテルやモクテル(ノンアルコールカクテル)などのボトルドリンク、スナックなどが楽しめるルーフトップバー。渋谷上空からの眺望や街の賑わいなど「今の東京」のダイナミズムを体感しながら、特別な時間を過ごすことができる。落ち着いた空間で夜景を楽しむことができるので、デートにも最適。入場は日付・時間指定のチケット制で、席数限定となっているので、気になっている人は早めにチェックを。

屋上に設置されたおしゃれなカウンター 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
屋上に設置されたおしゃれなカウンター 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
スタンディングエリアからの絶景 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
スタンディングエリアからの絶景 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
ソファ席では友達や家族とゆったり過ごせる 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
ソファ席では友達や家族とゆったり過ごせる 写真提供:渋谷スクランブルスクエア

●「THE ROOF SHIBUYA SKY(ザ・ルーフ 渋谷スカイ )」概要

営業期間:2020年7月17日(金)~10月31日(土)予定

営業時間:16:00~22:30(LO22:00)

座席数:30席

料金:THE ROOF SEAT&CHEERS SET(ザ・ルーフ シート&チアーズセット)税込4000円(入場チケット料・チャージ料(ソファ席)・セット飲食料込)

THE ROOF SEAT&CHAMPAGNE SET(ザ・ルーフシート&シャンパンセット)税込5000円(入場チケット料・チャージ料(ソファ席)・セット飲食料込)

【アクセス・混雑情報】多くの路線が集まっているので、初めて行く場合はあらかじめ確認を

電車を利用する場合、渋谷駅直結直上なので便利だが、改札によって行き方が異なるので、各路線・改札口からのアクセスをチェックしておこう。

【JR線】JR中央東改札もしくはJR南改札から東口方面へ。

【東急東横線・東京メトロ副都心線】渋谷ヒカリエ1改札からは右手に、渋谷ヒカリエ2改札からは左手に進もう。

【東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線】宮益坂中央改札を出て、左手に直進。

【東京メトロ銀座線】スクランブルスクエア方面改札を出て、左手に直進。

【京王井の頭線】京王井の頭線改札を出て、渋谷ヒカリエ方面へ。

車の場合、スクランブルスクエア専用の駐車場がないので、提携先である「渋谷ヒカリエ」、「渋谷フクラス」、「渋谷ストリーム」のいずれかの駐車場を利用しよう。

チケット制の「SHIBUYA SKY」なら、混雑を気にせず楽しめる 写真提供:渋谷スクランブルスクエア
チケット制の「SHIBUYA SKY」なら、混雑を気にせず楽しめる 写真提供:渋谷スクランブルスクエア

また、渋谷駅直結直上という便利な立地なので、夕方は混雑しやすいそう。特にショッピングフロアを利用する場合、仕事帰りの人が多く行き交う時間帯はご注意を。たくさんの店舗があるので、ゆっくりと買い物を楽しむなら午前中から行くのが良さそうだ。

【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】

・来館の際は、マスクの着用にご協力ください。

・館内では、他の方との一定の距離の確保をお願いします。

・入口での検温にご協力ください。

・従業員は勤務前に体温チェックを実施します。

・従業員へのマスク着用と手洗い・手指消毒・うがいの徹底を励行しております。

・出入口にはアルコール消毒液を設置します。

<施設情報>

住所:東京都渋谷区渋谷2-24-12

アクセス:【電車】JR渋谷駅東口直結、東京メトロ渋谷駅B6出口直結【車】首都高速渋谷ICより約5分

時間:物販・サービス(B2F~11F、14F) 10:00~21:00、レストランフロア「フーディーズ スクランブル」12F 11:00~23:00、13F 11:00~24:00、SHIBUYA SKY 9:00~23:00(最終入場22:00)※一部店舗により異なる

休み:不定休

駐車場:なし

SHIBUYA SKY入場料金:WEBチケット(事前予約) 大人(18歳以上)1800円、中・高校生1400円、小学生900円、幼児(3~5歳)500円、3歳未満無料。窓口チケット(当日券) 大人(18歳以上)2000円、中・高校生1600円、小学生1000円、幼児(3~5歳)600円、3歳未満無料。

※新型コロナウイルスの影響により、営業時間の変更や休館をしている場合がございます。最新の情報については、渋谷スクランブルスクエア公式サイトにてご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※2020年9月時点の情報です。

元記事で読む