1. トップ
  2. スキンケア
  3. 在宅ワークが増えた約6割が美容・健康に対する意識が向上

在宅ワークが増えた約6割が美容・健康に対する意識が向上

  • 2020.10.20
  • 1598 views

在宅ワークで美容・健康の意識に変化が⁉ オーラルケアも大切に

undefined
出典:シティリビングWeb

2020年は働き方が新しくなった年となりました。新型コロナウイルスの影響で在宅ワークとなった20~40代女性600人を対象に、「在宅ワークにおける女性のオーラルケア実態調査」をシルハが実施しました(2020年8月実施)。その内容を紹介します。

58%が在宅ワーク中に美容や健康に対する意識が上がった

「あなたは在宅ワーク期間中、美容や健康に対する意識は変化しましたか?」(n=600)の質問に、「とても意識が上がった(10.7%)」「やや意識が上がった(47.3%)」「やや意識が下がった(35.7%)」「とても意識が下がった(6.3%)」に。約6割が在宅中に美容・健康への意識が上がっています。

undefined
出典:シティリビングWeb

意識が上がった理由は「運動しなくなったから(55.2%)」がトップで、2位は「食生活が変化したから(38.2%)」、3位は「感染症予防のためにケアをしようと考えたから(34.2%)、次いで「鏡を見る機会が増えたから(21.0%)」「ビデオ会議で自分の顔を見る機会が増えたから(11.5%)」。

5人に2人が在宅ワークをきっかけにオーラルケアへの意識が向上!

「あなたは在宅ワーク期間中、オーラルケアに関する意識は高まりましたか?」(n=600)の問いには、「とても高くなった(9.8%)」「やや高くなった(30.8%)」「まったく変わらない(48.3%)」「やや低くなった(7.5%)」「とても低くなった(3.5%)」に。高くなった人は40.6%で、5人に2人が意識が上がっています。

その理由は、「食生活が変化したから」が20代は38.4%、30代は34.1%と1位だったのに対し、40代は「感染症予防のためにケアをしようと思ったから(56.2%)」が1位で、年代により違いが見られました。

意識が上がった理由は「運動しなくなったから(55.2%)」がトップで、2位は「食生活が変化したから(38.2%)」、3位は「感染症予防のためにケアをしようと考えたから(34.2%)次いで「鏡を見る機会が増えたから(21.0%)」「ビデオ会議で自分の顔を見る機会が増えたから(11.5%)」。

歯科医が教えるオーラルケアのポイント

オーラルケアはどのようにすればいいのか、銀座並木通りさゆみ矯正歯科デンタルクリニックの院長・坂本紗有見さんが教えてくれました。

在宅ワーク中のオーラルケアのポイント

「在宅ワークにより会話量が減り、それによって唾液の分泌量も減って、口内トラブルを引き起こしやすくなります。唾液は抗菌作用や免疫作用に優れているため、唾液の分泌を促すことが大切です。

例えば、食事をとるときはよく噛むように心がけたり、口を閉じて1回1分、ベロ周りを複数回行うだけの<殺菌ベロ回し>が効果的です。

いつでもどこでも空いた時間を使って、好きなときにできるのでぜひ試してみてください。」

口内環境を整えることがライフスタイルの充実にも

「口内環境は、その日の身体の状態と比例します。緊張・疲労など精神的な負担が口臭につながることや、ホルモンバランスの変化に気づきづらくなるため、日ごろから整えておくことが重要。

また、キレイな口内を保つことは、自信を持ったコミュニケーションにもつながり、お口だけでなく心のバランスも整えてくれます。働く女性は生活が不規則になりがちなため、意識的にケアしていくことが大切です。」

元記事で読む