1. トップ
  2. ファッション
  3. これさえ押さえておけば間違いなし!服とトレンド柄の配色ルール

これさえ押さえておけば間違いなし!服とトレンド柄の配色ルール

  • 2015.5.18
  • 11810 views

夏になればコーデが一気に華やぐ柄モノを取り入れたい! でも、ちょっと大胆な柄だと、合わせる服が難しい……なんてこともありますよね。

そんなとき攻略のカギとなるのが、ずばり「配色」。主役の柄モノをより小粋に着るには、ベースの色さえマスターすればOKなんです。

発売中の『Domani』6月号を参考に、旬の柄とベストな配色コーディネートを考えてみましょう!

 

◆ベージュ×トライバル柄

インパクトの強いトライバル柄も、白・グレー・ネイビーの配色で、通勤にも使えるシックな印象に。さらにほかのアイテムをベージュの色調で統一すると、柄トップスがマイルドに格上げされます。チノパンの着こなしも、柄が加わるとぐっと小粋な表情になりますよね。

・トップス ¥39,000(ブランドニュース<シー ニューヨーク>)

 

◆ネイビー×NEW幾何学プリント

ランダムに放たれたラインなど、「もはや何柄?」と思わせるデザインが新感覚の幾何学柄。パンチの強いこんな柄も、デニムならしっかり受け止めてくれます。今季は、洗いのかかってない生デニムがトレンド。風合いがきれいめだから、ネイビーパンツ感覚で合わせられます。

・ブラウス ¥45,000 ※青山店・伊勢丹新宿店限定(アニエスベー<agnes b.>)

◆グレー×ポップ柄

一見ドットのようなパンツだけど、目を凝らすとレコードが並んでいる斬新なデザイン。いままでスエットにはデニム、が定番でしたが、今季は柄パンツにアップデート。ポップ柄の自由な雰囲気が、上級の休日スタイルを生み出します。

・パンツ ¥53,000(アクリスジャパン<アクリスプント>)

 

◆ベージュ×ボタニカル柄

今季は大胆で鮮やかな色使いのボタニカル柄が旬。柄自体に強さがあるから、合わせるベーシックカラーは優しい色がベストマッチ。ベージュのケーブルニットで、ボタニカル柄の主張を和らげて。

・スカート ¥8,900(GUESS コールセンター<ゲス>)

 

一枚で瞬時に華やぐ柄アイテムは、おしゃれの救世主! 合わせる配色を意識して、さらに着こなし上手になっちゃいましょう!(松本美保)

『Domani』2015年6月号(小学館)