1. トップ
  2. ダイエット
  3. 筋トレよりラクなのに断然効果的?くびれのないポッコリお腹を解消する簡単ヨガメソッド

筋トレよりラクなのに断然効果的?くびれのないポッコリお腹を解消する簡単ヨガメソッド

  • 2020.10.19
  • 2581 views

硬いお腹をほぐそう

あなたのお腹は硬い?柔らかい?どちらの印象が強いですか?お腹が硬いと感じる場合は、筋トレより、お腹を柔らかくほぐすことが先です。お腹を柔らかくするだけでも、ポッコリお腹解消に繋がる嬉しい効果がありますよ!

便秘の解消

お腹が柔らかくなると腹式呼吸が楽にできるようになります。腹式呼吸はリラックスと共に、自律神経のバランスを整えたり、体の内側にも刺激を与えたり、多くの効果のある呼吸法です。胃腸の働きがよくなるので消化力UPに加え、便秘の悩みも解消される期待大!気になる下腹部がスッキリしますよ。

お腹のむくみ解消

むくみは、顔や手足だけではありません。自分では気づかないかもれませんが、お腹もむくんでいることがあります。お腹の硬さや冷たさを感じるのは、実はむくみのサインかもしれません。お腹をほぐすことで、体内の循環が整い、余分な水分やいらないものを排出しやすくなります。むくみが解消されるだけで、見た目もスッキリしますよ。

お腹を柔らかくするヒップサークル

お腹を柔らかくする効果のある簡単な方法を紹介します。お尻を回す動きなのに、お腹にもしっかり効かせることができるヒップサークル。お腹の張り、硬さや冷えを感じる時はもちろん、ヨガやトレーニングなど、体を動かす前のウォームアップとして、また、動いた後のクールダウンにもおすすめです。

ヒップサークル
お尻で大きな円を描くように
やり方

1.肩の下より少し前に手をついたよつばいの姿勢になる

2.手足で床を押しながら、吐く息でお尻を右から後ろ、吸う息で左から前へ、大きな円を描くようにお尻を回す

3.逆回りも同様に行う

お腹に効かせるポイント

手足の位置は、肩幅や腰幅に拘らず、動きにくい場合は広めにしてもOK。1回目より2回目、2回目より3回目と、徐々に大きな円を描くように動いてみましょう。後ろにきた時は、かかとの上にお尻を乗せたチャイルドポーズまで。前に来た時は背骨を伸ばし、お腹の前側のストレッチをするイメージで!横に来たときはお尻をしっかり突き出すように動くと、脇腹にアプローチできるのでくびれにも効果的です。血行やリンパの流れをよくする効果もあり、全身のむくみも解消されますよ!きつくないので、テレビを見ながら、○○しながらでもできるのが嬉しいところです。

気持ちよく動いてみよう

いかがでしたか?お腹の柔軟性は股関節やお尻周りの状態にも大きく関わっています。今回はお腹を柔らかくほぐす目的でしたが、ヒップサークルは名前の通り、お尻のストレッチ、更に体全体をほぐす効果に優れた動きです。きれいに動こうと思わなくても大丈夫!どこかで動きを止めてキープしたくなったら、そこにとどまるのもいいでしょう。その日の自分が動きたいように、気持ちよさを求めて自由に動いてみて!楽に気持ちよく動いているのに、気になるポッコリお腹の解消やくびれ作りができるなら、誰でも挫折せずにできそう!そう思いませんか?

ライター/須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心に活動中。スタジオだけでなく、オフィス出張、屋外など多くの場でレッスンを実施。陰ヨガ・リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。初心者が気軽に参加できるオンラインのクラスも開催中。ヨガと共にアロマの学びを深め、ヨガとアロマのある暮らしを提案する。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTT/リストラティブヨガTT/陰ヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

Instagram:@reiyoga.reikosudo

元記事で読む