1. トップ
  2. 木村拓哉、真剣過ぎるシミュレーションゴルフ対決後半戦! 果たしてプロゴルファーに勝てるのか…

木村拓哉、真剣過ぎるシミュレーションゴルフ対決後半戦! 果たしてプロゴルファーに勝てるのか…

  • 2020.10.19
  • 1166 views
今週もシミュレーションゴルフ対決をする木村
(C)Johnny&Associates

10月18日、TOKYO FMの「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」放送後、木村のネット番組「木村さ~~ん!」の#116が配信された。

【写真を見る】木村は果たしてプロゴルファーに勝てるのか…

プロゴルファーの金田久美子さんとシミュレーションゴルフ対決をした#115。3ホール勝負で負けた木村だが、番組ディレクタ―の蔵持総監督の「ドラコン勝負(ドライバーを使ってどれだけ遠くに飛ばすことができるかを競い、フェアウェイにのった記録のみ採用されるもの)いってみましょうか」という提案で、再び真剣勝負をすることに。

一打目は仲良くOBを出す2人だが、この勝負は木村が勝利し、ガッツポーズ! だが、飛距離は基本的に男性の方が出るため喜んでいる自分がおかしいと自省する木村。

悔しそうな金田だが、蔵持総監督の提案で「ニアピン勝負」をすることに。

カップまでの距離は153ヤードで、スタッフが「何打勝負にしますか?」と言うと金田は「2打」と即答。それに木村は「さすがプロ!」と驚愕。木村は「3打にします」と勝負はスタート。ナイスショットを繰り出す木村にスタッフも拍手と歓声を送る。勝利した木村に金田はさらに悔しそう。スタッフから「泣きの1回」を提案され、木村が「1ホール勝負かニアピン勝負、どっちがいい?」と聞くと「ニアピン勝負、1打」と強気の金田。

木村は「2打! 僕は2打!」と嬉しそう。

金田が勝利するも、まだ悔しそうな彼女に木村は「Par3やろう」とさらなる勝負を持ち掛ける。果たしてその結果は…。

最後に金田は「もうちょっと差をつけたかったのですが、木村さんが上手すぎて」と感想を。木村は、まだまだ外出が難しい時期であることも話しつつ「初心者の方もこういうところで疑似体験をすることで、自分のクラブを持って練習場に行くようなきっかけになると思う」とシミュレーションゴルフの良さを語った。さらに「ゴルフも波乗りも一緒にやる人次第」と言い「今日はすごく楽しかった」と感想を残した。

収録が終わっても、木村はシミュレーションゴルフを続け、金田にフォームのアドバイスをもらう一幕も。貴重な木村のゴルフ姿、ぜひチェックを。(ザテレビジョン)

元記事で読む