1. トップ
  2. ファッション
  3. ノワール ケイ ニノミヤ 2021年春夏コレクション - ポジティヴなエネルギーは幻想と交わり…

ノワール ケイ ニノミヤ 2021年春夏コレクション - ポジティヴなエネルギーは幻想と交わり…

  • 2020.10.19
  • 398 views

ノワール ケイ ニノミヤ 2021年春夏コレクション - ポジティヴなエネルギーは幻想と交わり…

ノワール ケイ ニノミヤ(noir kei ninomiya)の2021年春夏コレクションが、2020年10月19日(月)、東京・南青山にて発表された。

undefined
www.fashion-press.net

力強い“明るさ”へ──

暗闇に沈んだ空間に、ジャラ、ジャラ......と、無機的で軽快な音が響く。東京で発表された今季のノワール ケイ ニノミヤ、最初に登場したのは、漆黒のビーズが木の実よろしく数多と連なるドレスだ。身体はむしろ露わで、歩みに合わせて揺らめくビーズが、表皮から乖離した曖昧なシルエットを生み出す。また、拡大した布地さながらにチューブが波打つドレスもまた、その表情はどこか虚ろですらある。

漆黒のドレス

続くドレスは、黒を基調にフリルをあしらい、暗く沈んだゴシックの雰囲気を漂わせる。スカート部分には透け感のある繊細なテキスタイルを使用し、歩みに合わせて軽やかに揺らめくさまは優美。他方で、裾から垂れ下がるビーズのチェーンからは退廃が強く匂いたつ。また、レザー調素材で作られたトップスはどこかプリミティヴな表情で、マットな質感と相まって身体を抑え込んでいるようだ。

リボンを数多とあしらって

身体を抑え込む──、そのモチーフはリボンから構築されたウェアへと変奏される。なるほどリボンは甘く可憐な装飾モチーフであるが、きゅっと結びつけることで身体を抑え込むこともできる。スリーブ部分を消去し、腕を外に露わにすることも叶わぬドレスは、締め付けられたようなトップスから裾にかけて退廃的なAラインを描くとともに、豊かに咲き誇るリボンやラッフルでもって顔までも埋め尽くしている。

また、不穏なまでに拡大された網目状のニットは柔らかな表情を生み出すものの、どこか果物を包むネットのようにして身体を覆おうとしている。他方でふわりと風に揺れるようなオーガンザは淡いピンク色に染まり、気分は明るげだ。ピンク色や数多とあしらわれたリボンは確かに甘く明るい雰囲気を生み出すものの、身体への厳しいまなざしと相まって、その執拗さはほとんど祈りのそれに近くも感じられる。

幻想的な明るさ

この明るさ。今季のコレクションでは、パリと変わらない姿勢を貫きながらも、ポジティヴなエネルギーを表現したかったとデザイナーの二宮啓は語る。たっぷりのフリルやリボンが揺らめくピンクのジャケットやドレスは、そうした甘くも幻想的な明るさの表れだろう。

軽快に揺らめく透明なビーズ

また今季は、新素材を開発するというより、コットンやウールなどの身近にあるものを駆使することを意識したという。ことによると、軽快にきらめくビーズ素材もその一例なのかもしれない。クリスタルのように透明なビーズから構築したブルゾンやスカートは、花のようなモチーフをつなぎ合わせることで、独特の陰影を孕んで豊かな表情を生み出している。そして最後に登場したルックには、咲き乱れる花のようにビーズが揺らめき、まだまだ見る者を明るい幻想へと誘ってやまないのであった。

元記事で読む