1. トップ
  2. 恋愛
  3. 友達の恋愛相談をもう聞きたくないときには

友達の恋愛相談をもう聞きたくないときには

  • 2020.10.19
  • 504 views

自分の恋が上手くいっていないとき、どうしても友達の恋愛相談を聞きたくない瞬間ってありますよね。
そんなとき、無理して友達の相談を聞いてあげていませんか?


あなたが無理しているとは、友達は思っていないかもしれません。ちゃんとした意思表示がポイントです。

つまらなそうにする

友達に申し訳ない気持ちになりますが、自分が聞いていておもしろくないことをずっとおもしろそうに聞いているのもまたよくない行為です。
友達の恋愛相談が始まったら、ちょっとつまらなそうな態度をとってみましょう。


それだけで勘のいい人なら「この話は話さないほうがいいな」と察してくれます。
直接言ってしまってもいいのですが、角が立つと思うなら、態度でわかってもらうしかないですよね。


相手は気が付いていないだけかもしれませんし、少し態度に出すくらいいいのではないでしょうか。

話を切り替えてしまう

これも態度で気づいてもらおうという作戦です。自分が何か相談を受けたら「そういえば思い出したんだけど・・・・・・」とあからさまに話をすり替えてしまいましょう。
これも何度も繰り返すと、勘のいい人なら恋愛相談を次第にやめていきます。


気が付いてもらうためには、結構あからさまな話の切り替え方で大丈夫です。逆にあまりナチュラルな切り替え方だと気づいてもらえません。


しかし強引にやるとケンカになってしまいます。さじ加減が難しい方法です。

自分も相談する

これはふたりの関係をなるべく壊さず、恋愛相談を聞かなくする方法です。それは自分も恋愛相談してみること。
些細なことでもなんでも構わないので、自分が思いつく限りの相談を友達にしてみましょう。


人は自分が役に立っている実感が欲しいもの。相談に乗るということは、それだけで承認欲求が満たされて、気分がよくなります。


もちろん相談したら友達の意見を否定してはいけません。表面上だけでも受け入れましょう。しかしそんな意味のない時間を過ごすなら、正直に聞きたくないと言ってしまうほうがいいとは思います。

聞かれてもわからないと言う

恋愛相談を受けても、自分に恋愛経験がないと相談に乗ることもできない場合があります。これはウソではなく、本当の話なので、これは正直に言ってもいいと思います。


友達も本当に相談に乗って欲しい場合と、ただ話を聞いて欲しいだけの場合があります。
具体的にアドバイスすると怒ってしまうこともあるのでやっかいです。相談を持ちかけられたときは、これはどちらの場合なのか見極めることが必要ですね。

本当に嫌なら距離を取ってもいい

友達の恋愛相談を聞いて憂鬱な気持ちになったり、自分が駄目なような気がしたり、本当に苦痛に感じたら、無理する必要はありません。


友達はまた別の人に相談するだけかもしれませんし、あなたが我慢しなくてもいいのです。苦痛なら距離を取ってしまうのもいいでしょう。


(ハウコレ編集部)



元記事で読む