1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【セリアetc.】の便利な雑貨♡インスタグラマーのリアル購入アイテムが知りたい!

【セリアetc.】の便利な雑貨♡インスタグラマーのリアル購入アイテムが知りたい!

  • 2020.10.18
  • 5075 views

【100均雑貨】再販商品もあり!インスタグラマーのリアル購入品

今やわたしたちのライフスタイルに欠かせない100円ショップ。

今回は【便利な100均雑貨】特集として、インスタグラマーがリアル購入したアイテムから特にお勧めしたい商品をセレクト。その詳細から驚きの活用法までご紹介していきます。

【セリア】マストバイな便利雑貨

2WAYキャップのスパイスボトル
SNSで話題!

最初のご紹介は、見栄えよく収納しやすい人気のスパイスボトルです。開け口が2WAY仕様となっているのが特徴ですよ。

写真:左は同じくセリアで購入出来る、水キレの良さが特徴のクラウド型のスポンジです。

ラベルのカスタマイズが楽しめる

使い勝手の良さを誇るスパイスボトルについてご紹介。

付属のラベルは簡単に剥がす事が出来、ご覧のようなクリアな姿になりますよ。

ラベルプリンターやステッカーなどを利用して、オリジナルデザインのパッケージ作りが楽しめます。

底が外れて洗いやすい

キャップを取ると小さい穴と大きな穴の2段仕様になっています。

あらゆる種類のスパイスに適応、さらにキャップ以外に底も外す事が出来るので、お手入れしやすいのが特徴です。

ピンチハンガー
マスクや靴下のチョイ干しに便利

洗濯物をちょっと干したい時に便利なピンチ付きのハンガーです。

一日使用したマスクを手洗いして干す時なども、こんなハンガーがあると重宝しますね。

ストッパー付きフック
S字フックが進化した!

ちょっと触れただけでフックが落ちる…。

S字フックのそんな欠点を解消した進化形アイテムがこちら、ストッパー付きの外れにくいフックです。

90度違う向きにねじれる

耐荷重は1kgまで。

しかも90度違う向きにアイテムを掛けられるので、クローゼット内での使用時も、カザばらずに収納することが出来ますよ。

【ダイソー】おしゃれ雑貨がいっぱい

ブックスタンド三角型
オブジェのようなデザイン

発売と同時に大人気商品となったダイソーのトライアングル型のブックスタンド。

シックなブラックカラーとシンプルなワイヤー素材が人気のポイントとなっています。

重ねて収納出来る

複数購入しても使わない時は重ねて収納出来る優れたデザインも良いですね。

ディッシュラックとして利用

ブックスタンドとしてだけではなく、食器棚の中でディッシュラックとして利用する事が出来ますよ。

ペーパーナプキン立てとして利用

テーブルの上でペーパーナプキン立てとして魅せる収納を楽しむ事も可能です。

伸縮ランタンライト
伸ばすと光ります

一時は品切れ状態だった、伸ばすだけで光る伸縮ランタンライトも入荷しています。

これからの季節にぴったりな、ブラックやガンメタなどのシックなカラーが揃っています。

縮めた状態はこちら

ライトを使用してない時の縮めた状態のランタンはこんな雰囲気に。

ただ置いておくだけで、おしゃれなオブジェとして活躍します。

ライトを付けた状態はこちら

ランタンを伸ばしてライトを付けた状態はこちらです。

サイドに付いている取っ手の部分を使えば、フックに掛けて使用することも出来ますよ。

ネクタイ&ストール用アルミハンガー
シンプルなデザインがgood

この上なくシンプルなデザインがgoodなネクタイ&ストール用のハンガーです。

衣替え時のクローゼットの整理にぜひ役立ててみてください。

ピタッ!とキャニスター
粘着テープで簡単装着

ファイルボックスからインボックスまで、あらゆるケースやボックスを便利なキャスター仕様にしてくれるピタッ!とキャニスターも再販されています。

粘着テープが付属していますので、フラットな面なら簡単に取り付ける事が出来ますよ。

米びつにプラス

たとえば、プラスチック製の米びつにキャニスターをプラス。

シンク下などに収納したずっしりと重いケースも、キャニスター付きなら楽々引き出す事が出来ますね。

サーキュレーターにプラス

こちらはなかなか思いつかないグッズアイデア、サーキュレーターにキャニスターを取り付けて、フリーダムな場所移動を可能にしています。

便利な100均アイテムを使いこなそう

【便利な100均雑貨】のご紹介、いかがでしたでしょうか。

何かとストレスを抱え込んでしまう今日この頃、便利な100均アイテムを使いこなし、日々の生活をちょっと楽しく、ちょっと楽にしてみてはいかがでしょうか。

お買い物の際は3密を避け、ソーシャルディスタンスを保ちながら、安心安全にお出かけください。

元記事で読む
の記事をもっとみる