1. トップ
  2. 映画ファン必見! 「国立映画アーカイブ」が35㎜フィルムで堪能するクリント・イーストウッド作品を特集。

映画ファン必見! 「国立映画アーカイブ」が35㎜フィルムで堪能するクリント・イーストウッド作品を特集。

  • 2020.10.18
  • 812 views

映画ファン必見! 「国立映画アーカイブ」が35㎜フィルムで堪能するクリント・イーストウッド作品を特集。

2020.10.18 10:00

「国立映画アーカイブ」にて、「35mmフィルムで見るクリント・イーストウッドの軌跡」を2020年10月29日(木)より開催。

『マディソン郡の橋』 © 1995 Warner Bros. All Rights Reserved.

【さらに写真を見る】映画ファン必見! 「国立映画アーカイブ」が35㎜フィルムで堪能するクリント・イーストウッド作品を特集。

 

俳優・映画監督として世界的に高い評価を受けるクリント・イーストウッド。「35mmフィルムで見るクリント・イーストウッドの軌跡」では、彼の数ある監督作品・主演作品の中から、自身最大の当たり役であるハリー・キャラハン刑事を演じた「ダーティハリー」、第65回アカデミー賞最優秀作品・監督賞受賞「許されざる者」、日本アカデミー賞最優秀外国作品賞受賞「硫黄島からの手紙」など、全13作品を公開当時と同じ35 ㎜フィルムで上映。また、「父親たちの星条旗」は、公開当時の日本語吹替版で特別に鑑賞することができる。

35㎜フィルムならではの光や色彩表現を堪能できる今回の企画、映画ファンなら見逃せない!

「35mmフィルムで見るクリント・イーストウッドの軌跡」

2020年10月29日(木)〜12月6日(日)
国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU[2階]小ホール[地下1 階]
※10月29日(木)~11月8日(日):長瀬記念ホール OZU[2階]
11月10日(火)~12月6日(日):小ホール[地下1階]
https://www.nfaj.go.jp/exhibition/eastwood202009/

元記事で読む